わかめのEPAで花粉症予防!ビタミンとカルシウムで健康効果を期待。

わかめといえば、海草の中でも一番ポピュラーなものですよね。地方へいけば他の海草なんかも食べられますが、基本的にはわかめが多いですよね。そのわかめのイメージはやはり、カルシウムなどのミネラルをはじめ、ビタミン類が多いという意味の健康食品でしょうか。

もちろん、これらも豊富で、お肌へや内臓への健康効果を期待することもできるのですが、実を言いますとあまり知られていないのが、花粉症などのアレルギー対策にも有効とのこと。今回は、わかめの抗アレルギー効果についてお話ししたいと思います。

わかめにもEPAが豊富に含まれている

sp1

まず、脂肪酸ってご存知でしょうか?イメージの通りかもしれませんが、脂肪を作る上で必要なものになるのですが、これは大きく分けると二種類のタイプがございます。

それが、不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸です。EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)はご存知でしょう。この二つは、不飽和脂肪酸で体の中で合成できないため必ず外部から摂取しなくてはいけません。

その中でもこの二つは多価不飽和脂肪酸と呼ばれるもので、様々ま健康効果をもたらせてくれます。例えば、EPAは、悪玉コレステロールを減少、血液の凝固を防ぐため血栓を予防、中性脂肪を減らすため動脈硬化や高脂血症を予防してくれます。

また、最近ではアトピー性皮膚炎や花粉症などアレルギー体質の方へも有効な栄養素であることがわかっております。このEPAですが、一般的には青魚に多いイメージですが、実は、わかめにも沢山含まれているのです。青魚がどうしても苦手な方は、是非、わかめから摂取を心がけてみてはいかがでしょう。

なぜEPAが花粉症に有効なのか?

身体のプロスタグランジンという原因物質の量が増加することで、花粉症やアレルギーなどを起こすと考えられています。また、そのプロスタグランジンやロイコトリエンという瞼や鼻のかゆみの原因物質をEPAは減少させる効果があるのです。

その他わかめの健康効果とは?

このように、わかめのEPAは花粉症やアレルギーに有効であることがわかりました。もちろん、花粉症やアレルギーだけではなくその他の健康効果も大きいと考えられます。

sp1

例えば、カルシウム、カリウムなどのミネラルが豊富です。特にカリウムが多いため、どうして現代社会では塩分偏の食生活を行ってしまいがちです。そんなときに、わかめのカリウムを摂取すれば、余分な塩分を尿と一緒に排出してくれるのです。

さらに、カリウムには高血圧を予防するアルギン酸や細胞の新陳代謝を促進します。他には、先ほどのカルシウムが豊富なので、歯、骨などを強化してくれますし、ヨウ素も多いので、肌、髪の毛、爪を健康に保ってくれます。その上、食物繊維も豊富なので便通改善にもオススメです。

こうしてみると、わかめだけで、かなり健康効果を期待することができますので、是非、毎回食事には取り入れていただきたい食品ですね。

 

[amazon]国内産100% カットわかめ 乾燥 100g(チャック袋入)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です