ガイアの夜明けで紹介!気仙椿ドレッシングとアカモクについて。

出典:資生堂パーラーHP

東日本大震災から4年経ってますが、産業活動でも色々な動きが出てきているようです。それは地域の特産品に目をつけ、全国に売り出すという取組で す。被災地に産業を生み出すことで、一過性の支援ではなく長期的な復興支援につなげようととのこと。今度のガイアの夜明けで気仙椿ドレッシングとアカモク の2品が取り上げられるということですが、どんな品物なのか興味が湧いてきましたので、調べてみました。

気仙椿ドレッシング

開発の背景

花椿をシンボルマークとする資生堂さんが復興支援の一環として、東北・気仙地域特産の「椿」をきっかけに様々な商品を開発しているようで、気仙椿ドレッシングもその取り組みのひとつだそうです。以下、資生堂さんのリリースから引用っさせていただきます。

sp1

資 生堂は、2011年の東日本大震災後から、化粧品セットをお届けする活動や、被災された方々にマッサージやメーキャップ、ハンドマッサージを行う “ビューティー支援活動”などの支援活動を継続して行っています。2013年度からは、それに加え、岩手県大船渡市・陸前高田市で新たな復興支援活動を始 めました。両市が当社のシンボルマークである「椿」を市の花としていることから、「椿」を軸とした街づくりの支援に取り組んでいます。商品化による地元の 「椿」のブランド化や、自治体やNPOなどと連携し、産業化と観光の活性化に向けた取り組みを進めています。

本業と支援活動の違和感がないですよね。

商品の特長

資生堂さんのプレスリリースによると特長は以下のようです。

焙煎した椿の種を搾油機を使い、人の手で丁寧に絞り作られている“気仙椿の椿油”は、蒸した種を圧縮する製法でなく、焙煎した種を使うからこそ、香り豊かで黄金色のきれいな椿油になるのが特長。

とても手の込んだ製法なんですね。

商品はどんな感じ?どこで買えるの?

出典:資生堂パーラーHP

資生堂パーラーさんのHPのよると価格とスペックは以下のようです。

<商品情報>
●気仙椿ドレッシング3本セット 3,240円(税込)
オニオン〈200ml〉 2本・粒マスタード〈200ml〉1本入り

オニオン:グリーンサラダやトマトサラダによく合う万能ドレッシング
粒マスタード:生ハムサラダ、豚シャブサラダなどお肉との相性が良いドレッシング

とのこと。

で、どこで買えるのかというと、資生堂パーラー銀座本店ショップのみです。しかも今は売りきれてしまってるようです。椿油がそれなりに手の込んだ製法なんで、なかなか量産できないんでしょうね。また、買える機会も出てくると思いますので、そのときを待ちましょう。

そのほかの取り組みは?

資生堂さんだけではなく、気仙椿を使った製品はハンドクリームなど様々な商品になっているようです。

気仙椿ドリームプロジェクトという名前で、地元の企業さんや賛同した会社さんが製品を発売していらっしゃるので、是非興味のある人はHPを覗いてみてはいかが?

気仙椿ドリームプロジェクトHP

sp1

アカモク

アカモクって何?

アカモクをwikiで調べると以下のようです。

褐藻綱ヒバマタ目ホンダワラ科に属する海藻である。北海道(東部を除く)から日本全土の漸深帯(浅海)に分布し、朝鮮半島、中国及びベトナム北部にまで分布する。1年生で、秋から冬に生長し、4-7mの長さに達する。雌雄異株である(まれに雌雄同株の個体がある)。

お姿は以下です。

出典:http://ashinasty.exblog.jp/12329008/

海では船のスクリューに絡んで厄介者らしいのですが、これを特産品として売り出そうということです。

意外に栄養盛りだくさん

こんなアカモクですが、食品として考えた場合に免疫力アップや脂肪燃焼に効果があることが、注目されました。おそらく分かっていたのでしょうが、スポットが当たってなかったんでしょうね。アカモクには以下の成分が含まれているそうです。

フコイダン

NPOフコイダン研究所(http://www.fucoidan-life.com/)によりますと、

「抗ガン作用」「コレステロール低下作用」「血圧低下作用」「抗ウイルス作用」などさまざまな生理機能が解明されております。

とのこと。これが免疫力アップの源ですね。

フコキサンチン

函館アカモク活用研究会(http://fucox.net/)によりますと、

抗酸化作用だけでなく、抗炎症作用、抗肥満作用、抗糖尿病作用についても研究が進められ、その多機能性は海外からも非常に注目されています。

とのこと。これが脂肪燃焼の源のようです。

どこで買えるの?

アカモクは色々な商品は出ていますが、東北復興の手助けになればという切り口では、三陸フィッシャーマンズプロジェクトさんより購入することをおススメします。

出典:三陸フィッシャーマンズプロジェクトHP

海藻なので、どんな料理にも合いますし、クセがなさそうですよね。

まとめ

一過性の支援も当然必要ですが、食を通じて、持続的に支援が出来る取り組みは、本当に求められていることだと思います。きちんと産業が出来て雇用が創出できる取組に期待しています!

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です