すごい威力だ!アメリカ海軍がレーザー砲・レールガン等の兵器を準備!

アニメやSF映画、ゲームの世界ではレーザー光線を使って怪獣を倒したり、敵の戦闘機を破壊したりするシーンはよくみられますよね。しかし、これが 現実に見ることはほぼないというか、今までありませんでした。だってそんなもん人間が想像の中のものであり現実のものではありませんからね。ところが、近 代科学の発達により、そのレーザー光線を放つ、レーザー砲をアメリカ軍は開発しました。さらに、レーザー光線だけではなくレールガンも。

rerugan

レールガンってこんな感じですかね。ホント漫画の世界が現実化しすつつあるわけですが、これらは実は人間の空想のものではなく、アメリカ軍が極秘に長年研究し続けようやく開発に至った近代兵器なのです。外国からのスパイなど、空中を飛行する無人偵察機、海面を疾走するスピードボードといったものは領海へ侵入したらすぐに撃破する必要があります。

sp1

これまでの弾丸、ミサイル等でもそれは可能でありましたが、レーザーやレールガンなどの強烈な武器の方が効率的と考えられます。そんなすごい威力を持つレーザー砲を2014年後半に駆逐艦に装備する計画であると、APニュースは報道しています。

ア メリカ海軍のエネルギー・電子兵器システム部門のプログラムマネージャーを担当しているマイク・シヴ大佐によりますと、レーザー砲を導入することで、「戦 闘方法が基本的に変わる」とコメント。それはどういうことなのか?このレーザー砲は素晴らしいもので、わずか1人の海兵でも操作し敵を迎撃することが可能 なのです。もしこれが戦争でも導入できるレベルまで研究が進めば、米海軍全員レーザー砲を使う?これってもう最強としか言えないのでは?

sp1

と ころが、このレーザー砲がSF映画、アニメ、漫画、ゲームと異なる点は、人間の目で見ることができないのです。では、食らったかわからないけど食らってい るという感じなのでしょうか。それもそれで恐ろしいですが…ま、レーザーですので一瞬の攻撃、いずれにしても食らう瞬間なんてわかりません。ただ、ご 想像通り破壊力は恐ろしいものとのこと。

次 に、レールガンですがこちらの開発も現在かなり順調でバージニア州で行われた実験によりますと音速の6~7倍のスピードで砲撃するというのですから凄いで すね。こちらも2年以内に海上実験を行うとのこと。しかし、これらは破壊力は高くても当然欠点はあります。レーザー砲に関してですが、弾丸を入れずとも発 動できる秀逸なものだと思えますが、天候によって左右されてしまいます。雨、ほこり、大気の乱れがあると威力が一気に激減してしまいます。

逆 にレールガンは、発動する場合大量の電気エネルギーが必要で、どうやってこれを海上で行うかが課題になります。けれども、アメリカ軍が所有するステルス性 の新型艦隊Zumwaltならガスターピンが備わっているため海上でも最高78メガワットの電力を生成することができますので、海上でのレールガン発動は 一応可能とのこと。

うん、なんか神羅カンパニーの魔晄砲みたいですね。それぞれ、利点、欠点がありますが、二つ使うことでそれらを補うこ とができそうです。それに、一発あたりのコストは現在の兵器と比較すれば随分コスト削減できるというのですから驚きです。アメリカ軍が一生懸命開発するの も不思議ではありません。ま、これで僕らは安心して眠れそうです。

参考記事:http://gigazine.net/news/20140302-us-navy-laser-weapon/

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です