ダイエットで朝ごはんを食べるタイミング。理想の朝食メニューは?

ダイエット中は、食事のタイミングが区々になりがちです。そのため一食だけ欠食してしまったり、痩せるために努力しているつもりがあまり良い結果をもたらさない可能性があります。今回は朝食に的を絞って理想の朝食メニューを書いていきます。

ダイエットで朝ごはんを食べるタイミング

ダイエット中に食べる朝ご飯のタイミングとしてベストなのは、起床後2時間以内がベストだと言います。そのため自分が何時に起きれば一日の生活リズムが順調に回り始めるのかを一度考える必要が出てきます。

例えば9時に会社が始業する場合であれば、6時に起きて8時までに朝食を食べるのがベストなタイミングとなりますね。しかし、最近ではあまりに忙しくて会社の席で朝食を取る派と家で食事をする派に別れます。

sp1

そのため落ち着いた雰囲気の中で、ゆっくりと食事を取るなどと行ったイメージとはかけ離れている朝を過ごしている人が殆どだと考えられます。しかし、その様な生活の中でも気の使い方一つでダイエットをする事が出来ます。

ですから、結論として朝起きてから朝日を浴びる事で体内時計をリセットされるため、朝日を浴びるように心がけて下さい。そして2時間以内に朝食を取る事がベストなタイミングと言えます。

このようなタイミングをきっちり考える事で体が目覚め出す事とエネルギー補給のタイミングを合わせる事がとても大切である事が解りました。

理想の朝食メニューは?

point

では今度理想の朝食メニューとは何か?というところに入っていきます。和食を朝食で食べるとダイエットに効果的です。ごはん、味噌汁、魚、煮物これにプラス納豆です。このような食事は最近では旅行に出掛けた時ぐらいしか食べるチャンスは無いかもしれません。

しかし、この朝食メニューは全て理にかなっている物なのです。栄養バランスの良さが挙げられます。タンパク質や炭水化物、ビタミン類などが適度に含まれており一食食べるだけで理想的なダイエットが出来るメニューです。

学生時代に栄養面の話を栄養士さんから聞いた事があると思いますが、それは間違っていない事が証明された事になりますね。和食が苦手という人は洋食でも栄養素さえきっちり補給していればダイエット効果を得られます。

時間などの面から考えて、朝食はパンが中心だという人はパンを食べると良いでしょうしかし、パンだけではカロリーが高く、腹持ちも悪い物です。そのため補うための物が必要となります。

sp1

パンにプラスサラダやスープ、シリアルなども付けて栄養バランスの調整が必要です。

これでダイエットの効果が思っていた以上に高くなる可能性が増します。またこれにフルーツを入れると免疫効果が上がり肌の調子も良くなります。

和食洋食を考えないようにして、朝食で何を摂れば体にベストに働くのか?というと、

① 野菜を食べる

② タンパク質をとる

③ 主食を食べる

この3つの基本を抑えれば、ダイエットがたとえ時間が掛かっても成功する可能性が上がります。

まとめ

朝食を食べる食べない論争は、実はダイエットの効果が明らかになってきた現在でも言われるところです。どんなに忙しくても朝食だけはきっちり取るべきで朝を食べない人は朝からギアがあまり入らないのでは無いかと心配になります。

朝食を食べないとなると、食べなかった分どこかで食事を補わなければならず結果的食べ過ぎてしまい太ると行った結果になり、当初にもくろんでいた結果にはならないまま終ってしまうケースも考えられます。

最近では、コンビニでもダイエットをしている人をターゲットに朝食メニューも売られているので、その辺の商品の力を借りてダイエットに取り組んでいく事でも効果が現れます。心がけと思いで成功に導かれていきます。

そのためどんなに忙しくても朝食だけは摂るようにしましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です