大泉洋との結婚式は?性格嫌い?マグロを買う?ものまねや歌が上手い!

出典:BARFOUT! 248 大泉洋 (Brown’s books)

大泉洋(おおいずみよう)、1973年4月3日生まれ、身長178cm、血液型B型、俳優、シンガーソングライター、お笑いタレント、 CREATIVE OFFICE CUE所属、アミューズ提携、演劇ユニットTEAM NACS、及び劇団イナダ組所属、北海学園大学経済学部卒業、北海道江別市出身となっております。

もともと、お父さんが北海道高等盲学校 などの校長先生をされていた教員でした。ですから、芸能界とは真逆といいますか学校の先生になるような家系で育ったわけです。そんなこともあり、札幌市立 真駒内中学校、北海道札幌藻岩高等学校を卒業後、2浪して1994年に北海学園大学経済学部経済学科に入学します。偏差値も45程度なのでそこまでレベル の高い大学ではないみたいですね。

sp1

ちなみにそのときに、演劇研究会に所属し、俳優、脚本家、演出家の森崎博之さんらと仲良しになり、その ときにつるんでいた5人で現在の劇団ユニットTEAM NACSを結成します。また、森崎さんの薦めで入団した劇団イナダ組の舞台が好評で、大学在学中の当時、鈴井貴之さんが主宰する劇団の団員に実力を認めら れ現在の事務所に所属する形となります。

その後、大学時代の1995年10月に鈴井さんの斡旋下で北海道の深夜番組『モザイクな夜V3』 へ出演し芸能活動をスタートします。翌年1996年10月には『水曜どうでしょう』に出演し北海道でタレント活動を本格的に開始します。その後、この『水 曜どうでしょう』は深夜枠にも限らず高視聴率(最高18.6%)をたたき出します。そんなこともあり、全国放送が開始され、これをきっかけに大泉さんお知 名度が急上昇。

以降、ドラマ、映画、で俳優として活動するほか、ジブリ映画やそのほかアニメーション映画で声優としても活躍されていま す。劇団員からタレントをやられていた方なので声もリラアクションもいいですし、なにより独特といいますかかなり個性的な方です。それ生かしているのがと ても伝わってきます。

大泉洋の嫁は中島久美子!結婚式とかは?

中 島久美子さんってあんまり聞いたことない名前ですが何をやられている方でしょう?はい、フジテレビジョン編成制作局ドラマ制作センター副部長を務めるテレ ビプロデューサーです。大泉さんと出会ったのは、自身がプロデュースした「救命病棟24時(第3シリーズ)」「おかしなふたり」「ロス:タイム:ライフ」 で3歳年下の大泉さんと関係を築き、2009年5月2日に結婚されます。

2011年5月には第一子を出産しております。姉さん女房。しか も、製作側では結構なお偉いさんではないでしょうか。家ではなんだか大泉さんに対して厳しそうな気もしますがどうなんでしょうかね。でも、お子さんが生ま れているし離婚の話も聞きませんのでとても仲がよさそうです。年上でしっかり者なのでしょうかね。ちなみに結婚式は北海道で極秘で上げていたらしいです。

大泉洋の性格は嫌い??

大 泉洋さんはテレビを見ている限りかなり上から目線で突っ込みが激しくなんだかんだうるさそうな人。そんなイメージが強いんですが、面白い。でも、あくまで もそれはキャラクターであり素は全然違うそうです。所属事務所の社長さんの話によれば、大泉さんはとてもモラルやしつけにとても厳しく、プロ意識が非常に 高いとか。

けれども、北海道民ということでのんびりしているのか、物事の期限を守らないといったところもあるらしいです。待ち合わせとか 遅刻してくるタイプでしょうか…田舎出身の人ってそういう人比較的多いですよね。また、演技においてはドラマも他種のキャラクターを演じることができ る点では非常に優れていると思います。

ドラマや映画に関してもシリアスなものからコミカルなものまで演じきることができます。そんな実力 派はなかなかいないと思います。上手い人でも大体特定のキャラクターになってしまうことが多いですからね。ちなみに、お笑い芸人で俳優の劇団ひとりさんは このようにコメントされています。

彼は「コミカルな演技ができる魅力」「笑いが取れる演技力」という2つの大きな武器があります。だからこそ、逆のベクトルである「シリアスな演技」がさらに光り輝く、そんな俳優だと思います。

し かし、大泉さん自身は自分はお笑い芸人だとは思っておらず、あくまでも俳優というポジションにいるとのことです。しかし、今では人気お笑いコンビでもある 「タカアンドトシ」さん、北海道では全然売れなかった時期があったのです。その理由は、「北海道には大泉洋という怪物がいたから」ということです。とある 放送作家の方は大泉さんをこのように分析されています。

sp1

大泉さんのスゴさは、やはり誰に対しても物怖じしないことですよね。普通、地方のローカルタレントといえば、全国区のタレントに対して、遠慮したり、卑屈な思いを抱いていたりするものですが、彼の場合はそんなことありません。いきなり全国放送に出て、何だか偉そうに喋っている彼を見て“この人だれ?”と違和感を抱いた視聴者も多いのではないでしょうか?それに加えて、見れば見るほど面白くなっていくのですから今の人気も納得です

た だ、このような大泉さんのキャラクターを嫌う人も当然います。ま、人はそれぞれ好き嫌いがございますから仕方のないことといえばそれまでなのでしょうが、 やはりあの上から目線の俺様的なところが嫌な人がいるみたいです。ただ、あればあくまでもキャラクターで本当はいい人なのです。個人的にも、大衆に好かれ ようといいたいこともいえないようなキャラクターよりあのようなちょっと上から目線のキャラクターは好きですね。

大泉洋がマグロを買った?

そ れは、「とんねるずのみなさんのおかげでした。」で築地市場に出かけた際に、とんねるずやスタッフ、伊藤利尋アナウンサーが大泉さんにATMからお金を下 ろさせたのです。「現金を下ろさないとテレビも大泉さんも損しますよ。」というようなことに対し、大泉さんは「俺は損しないよ!」とはっきり言いましたが 結果的に下せるだけ分割してATMからお金をおろしたのです。

動画をみるかぎりスタッフと共謀して脅しかけ金を下ろさせているようにしか おもませんでしたが…ま、大泉さんもドラマ「ラッキーセブン」の共演者のためにお金をおろしたのでしょうが、そして、貴さんが「逆切れしやがって!」 とか「160万円の差し入れする奴どこにいるんだよ!」と揉めてしまいました。

結果的に周囲の圧力に押し倒され「じゃあ、買いますよ。」 と渋々ながらも本マグロ、天然クエ、寒ブリ、アンコウ、を160万円で購入したのです。松嶋菜々子さんも「納得です。本当にありがとうございました。」と 喜んでいる様子でした。松島さんもなかなか買わない大泉さんに「小さい男だわ。」といったと貴さんがいうと「いやケチっていったんですよ。」すると大泉さ んに「同じだ。」と突っ込まれていました。

ドラマの共演者、スタッフ、大盛況でマグロを食べられることになりみなさん大喜びという形で終 了しましたが、後で番組から大泉さんへお金が支払われるのであれば良いかと思いますが、完全に大泉さんの自腹だったらこれはちょっとやり過ぎではないかと 思います。でも、ま、そこでお金を支払うってことは性格はそんなに悪い人ではないというのが良くわかります。

大泉洋はものまねも歌もうまい!

物まねがとてもお上手なのが良くわかりますね。バラエティーにキャラクターを演じられる大泉さんの得意技です。しかし、実はそれだけではなく歌も上手いのをご存知でしょうか。

すばらしいですね。これなら芸が多彩ですので芸能界でずっと生きていけそうです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です