関口知宏の現在。結婚してる?性格は?ヨーロッパ鉄道の旅でリュックのブランドは?

出典:関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 秋の旅 決定版 4枚組BOX [DVD]

関口知宏と言っても、知名度があまりないかもしれません。しかし、役者であり司会者の関口宏さんの息子さんで役者としても活躍している2世俳優でもあります。今回は色々と掘り下げて行きます。

sp1

プロフィール

  • 氏名 関口知宏 (本名関口智宏)
  • 生年月日 1972年7月1日
  • 血液型 A型
  • 出身地 東京都
  • 所属事務所 三桂
  • カテゴリー タレント 俳優

現在。結婚してる?性格は?ヨーロッパ鉄道の旅でリュックのブランドは?

関口知宏さんの現在は独身で結婚はしていません。年齢も44歳となった事から結婚を意識する人がいても良いはずですが、その辺の話は殆ど聞こえてこないのが少し残念ではありますね。

伊豆で暮しているという話もあります。実はこのマンション大橋巨泉が別荘的な扱いで所有していたマンションです。大橋巨泉が伊豆でゴルフをし、当時、友好関係にあったビートたけしや石坂浩二と3人でお金を出して購入したマンションです。

このマンションは大橋巨泉が「芸能界をリタイアした時に、ゆっくり暮らせる場所として使用しないか」と提案し、同意して共同購入となりましたが90年代初頭に大橋巨泉さんから売却案が出て共同購入者が同意して売却した物件として有名な物です。

その後父親である関口宏さんが購入して現在は息子関口知宏さんが住んでいるのかもしれません。また、仕事も俳優としての仕事はここのところして折らず、タレントとしての仕事が主です。

そんな中でも人気があるシリーズが、NHKBSプレミアムで放送されている世界鉄道の旅シリーズです。当初は日本国内の鉄道に乗り旅をしていましたが、現在ではそのたびは海外へと発展しました。

今まで旅をした国は、イギリス、スペイン、ギリシャ・トルコ、スイス、中国、現在はヨーロッパを旅しています。基本的には旅番組で景色を見せる事が目的ですから旅人も大切ですが景色を見せる事も大切な一つです。

関口知宏さんは、その番組の中で旅人つまり案内人をしているので、いちいち案内しないといけないはずですが、本人はとても楽しんでいるように見えるのが不思議なほどです。

さて、この番組の中で関口知宏さんが使っているリュックサックのブランドが気になります。そこで調べて見ました。ブランドはココシエルのISER ECO YARN金額は37800円の高級品です。人間工学に基づいて、忙しく働く人たちに合わせて作られたリュックサックのようです。

imgrc0067537191

〔楽天市場〕Cote&Ciel (コート エ シェル) リス エコヤーン バックパック <ブラック> メッセンジャーバッグ 鞄 バッグ バック ショルダーバッグ 日本限定 グレー ブラック 黒 メランジ デザイン

sp1

〔amazon〕Cote&Ciel [コートエシエル] RISS ECO YARN [JAPAN LIMITED] -Black-(メッセンジャーバッグ ショルダー バック ) フリーサイズ(ワンサイズ) ブラック

恐らく関口知宏さん本人の私物では無いかと思います。やはりお金持ちには良いアイテムが自然と集まってくるそんな印象を持ちました。

最後に性格ですが、基本的には内向的で5年間引きこもってしまったようです。俳優デビューしてすぐ、東京が嫌になって俳優として仕事が回らなくなってしまったと言うのです。俳優を辞めることも考えた時期もあったようです。

まとめ

性格的には内向的なので、父親である関口宏さんが社長を務める三桂に席を置いているのかもしれません。三桂はフリーアナウンサーやサンデーモーニングに出演している学者やアシスタントをしているアナウンサーを抱えている事務所です。

父親が社長なら少しぐらいのわがままも通りやすいので、そのため置いているのかもしれませんね。今後もこのスタンスで仕事を行なっていく可能性があります。また、彼女は居たと言う噂もありました。

その彼女というのが報道ステーションでアシスタントを務める小川彩佳さん。この話はインターネット発で証拠となる物が何もない話なんです。そのためあくまで作り話のレベルなんです。

これ以外の彼女の存在はありません。もしかすると今現在彼女が居るかもしれませんがそういった報道は出てきません。今後も出てこないケースも考えられます。確かにお金があって自由なら特にいなくても困らないかもしれません。

今後もどういった形でも構わないので活躍のフィールドを広げてほしいものです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です