NHKアナウンサー法性亮太のプロフィール。 結婚している?大学は?性格やアナウンサーとしての評判は?

金沢放送局アナウンサーの法性亮太アナウンサー。
若手のスポーツアナウンサーです。
小学校から野球一筋。
甲子園はまさに夢の場所だったこともあり
夏の高校野球の取材には力が入ります。
どんなアナウンサーなのか。
まずはプロフィールから見ていきましょう。

NHKアナウンサー法性亮太のプロフィール

  • 名前:法性亮太(ほっしょう・りょうた)
  • 所属局:金沢放送局
  • 出身地(生育地):東京都
  • 好きな食べ物:甘いもの、お肉、寿司
  • 趣味:漫才、ランニング、食べ歩き
  • 特技:野球、書道
  • 心身リフレッシュ術:爆睡
  • モットー:もし明日死んでも後悔しない1日を過ごすこと
  • 経歴:金沢放送局が初任地。
  • 現在の担当番組:「ニュース」「じわもんラジオ」など(石川県域)

出身高校・大学は?

法性アナウンサーは、
慶應義塾高校から内部進学し、
慶應義塾大学法学部を卒業しています。

小学校の頃から野球を続けていて、
大学時代も野球部に所属。
外野手を務めていました。
中学からの先輩である中林伸陽投手に憧れて、
慶應義塾高校に入学し、甲子園を目指そうと思ったといいます。
惜しくも甲子園出場は叶いませんでしたが、
このままの思いでは野球をやめられないという思いで
大学野球にチャレンジすることを決めました。

しかし、高校時代に右肩を痛め、
充分に投球ができなくなっていました。
そんなとき1冊の漫画『MAJOR』(少年サンデー連載)と出会います。
主人公は、右投げから左投げへ転向するという
ドラマチックな展開の作品。
この漫画を読んで“右投右打”から、“左投左打”への転向を決意。
右肩がダメでも左肩があると考え、
利き腕を変え、今では左投げ右打ちの選手として
大学野球で活躍したのです。

大学時代、毎日通ったグラウンドで仲間とした本気の練習が
辛すぎたけど最高の思い出だったそうです。
アナウンサーになっていなかったら
なれるものならプロ野球選手になりたかったということから
本格的に打ち込んでいたのでしょう
人の何倍も努力をして野球を続けたエピソードです。

sp1

性格やアナウンサーとしての評判は?

夏はおそらく高校野球の取材で
日焼けした法性アナウンサーをよく見ます。
熱心に取材をしているようで真面目さが伝わってきますね。
中学生の頃から野球で頭角を現していた法性アナウンサーですから
甲子園は夢の舞台。
形は違うかも知れませんが甲子園で仕事ができることは
本人にとってやりがいを感じていることでしょう。
Twitterの声を見ていきましょう。

“ラジオにも法性アナが登場!
夏の甲子園ではテレビ出まくりだったもんなぁ“

“リポーターの法性亮太、いかにも慶應の体育会出身って感じ。”

“中学野球のスター選手が
10年後にアルプスリポートやってんのエモいよなぁ…。“

“甲子園見てたら出てきた法性アナ、
見覚え聞き覚えあると思ってググったら慶應野球部だった“

“慶應OBの法性さんが、
マンガのメジャーについて語っているんだが、わりとすごい。
それに慶應が勝ってたら
アルプスの実況法性さんだったんだね。#radiru“

また、普段は金沢放送局に勤務している法性アナウンサー。
日々のニュースや中継などに登場しています。
野球で鍛え抜いた肉体美。
金沢の夕方のニュース番組「かがのとイブニング」内で
筋肉体操を披露したこともあったそうです。

“NHK金沢の法性アナ素晴らしい。
マッスルのコーナー続けてほしい。“

まとめ

積み重ねてきた野球の経験を武器に飛躍が期待される
法性亮太アナウンサー。
夏の甲子園中継で生き生きと仕事をしている姿を
見られるかも知れません。
ゆくゆくはNHKを代表する
スポーツアナウンサーになることでしょう。
活躍がたのしみですね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です