ブロッコリースプラウトの効能と効果!がん予防にオススメ。

ブロッコリースプラウトってご存知ですよね?一時期テレビでもその健康効果について話題になりました。特に、抗がん性が強く、食べることでがんを予防することができると。では、そのブロッコリースプラウトはどうしてがんに効果的なのか?その他健康効果についても注目してみたいと思います

そもそもスプラウトとは何?

スプラウトとは身近な言葉で表現しますと、「かいわれ」です。ブロッコリーのほかには一般的に栽培されているのはかいわれ大根、もやしなんかがありますね。スーパーなどではあまり見かけませんが、ひまわり、そば、レッドキャベツのスプラウトもあります。

sp1

しかし、どうしてスプラウトにして食べるのでしょう?成長させた方が面積も大きくなるし、食べ応えがあって良いかとも思われますが…実は種は生命を維持するため栄養が無くてはいけません。ところが、発芽することで凝縮された栄養が芽となりますので、スプラウトの状態が一番栄養価が高いわけです。

成長するについて大きくはなりますが、栄養価は少し薄れていきます。ですので、あえて発芽したものをそのまま食べるのは栄養摂取に有効なのです。ちなみに、スプラウトとは、新芽のことをさしまして、根っこまで食べることができますし、機能性野菜としても注目されています。

ブロッコリースプラウトはがんに効果的?

ブロッコリースプラウトは1990年代にがんの研究を行っているアメリカのジョンズ・ホプキンス大学のポール・タラレー博士によって開発されました。もともと、ブロッコリーにはスルフォラファンというフィトケミカルの一種が含まれています。効能としては、主に、体内の解毒酵素や抗酸化酵素の効力を高めるといいます。

日常生活を行っていますと、煙草を吸ったり、自動車の排ガスなど化学物質を吸い込んだり、お酒を飲んだり、発がん性のある食べ物を知らず知らずに摂取していたりもします。

これらの食品や化学物質には発がん物質が入っています。これが体内に入ることで活性酸素を生み、それが遺伝子を傷つけ細胞が突然変異を起こし、ガンとなると考えられています。

しかし、スルフォラファンは、解毒酵素、抗酸化酵素の力を高める性質がありますので、普段から摂取しているビタミン類などの力を強くしがんに対抗することもできますし、スルフォラファン自体も、有毒な発がん物質を無毒化して体の外へ排出する力を持っています。

もともとブロッコリーにもこのスルフォラファンは含まれているのですが、スプラウトにすることで20~50倍まで濃縮化されますのでスルフォラファンを摂取するならブロッコリースプラウトを摂取した方がお得なのです。

sp1

また、酵素を摂取するという意味でもやはり生で食べるのが一番効果的ですが、ブロッコリーを生で食べるとなると大変なので、スプラウトをサラダの食材の一つにしてそのまま食べるのが一番です。

ブロッコリースプラウトは他にもこのような効果がある

このように、一般的にはブロッコリースプラウトといえば、がんに効果的というイメージかもしれません。しかし、胃潰瘍、胃炎を予防したり改善することもできます。また、花粉症の症状も緩和できることもわかっています。それだけ栄養価の高い食品であるブロッコリースプラウトは是非食卓に並べてほしいものですが、現在は、比較的お手頃な値段で簡単に仕入れることができますし、大体どこのスーパーへ行っても売られています。お近くのスーパーへ行ってみたら探してみてください。サラダに入れてドレッシングをかけて食べるとおいしくいただくことができますよ。

 

[amazon]ブロッコリー スプラウト 260㎎高配合 サプリ スルフォラファン モリンガ 90粒/30日純国産

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です