顔痩せダイエットの方法!ガムやマッサージで即効に小顔を作る?

即効性の高い顔痩せダイエットとは?

一生懸命ダイエットを行っても、なんとか体は痩せることができても顔が全然痩せなかった…なんていう経験はございませんか。もちろん、運動系のダイエットでも顔が痩せたという方もいらっしゃるかと思います。しかし、たまーに見ますよね。体がすっごい痩せているのに顔がふっくらしている方…失礼かもしれませんが、ギャグ漫画に出てくるキャラクターのような体型をされています。

それでは、せっかく、「美しい!」「かっこいい!」ボディーを手に入れたとしても少し残念ですよね。そこで、今回はどうやれば顔が痩せることができるのか?顔痩せに効果的なマッサージについて触れてみたいと思います。

sp1

顔のリンパマッサージで簡単に小顔を作る!

まずは、蓄積された老廃物を流すリンパ節が耳たぶの周辺にございますのでここをマッサージしてあげることでそれらを流すことができます。そのためむくんだ顔からスッキリとした顔へ変わります。

1 顎の先から耳の後ろへ流す

まず、喉仏よりも3センチほど上、丁度顎の下真ん中の平べったい部分です。太ると二重あごが気になる方も多いかと思いますが、この辺りを、オトガイ下リンパ節というのですが、ここをスタートにします。親指、小指、薬指も閉じます。そして、人差し指、中指の第二関節を閉じると他の指よりも関節一つほど出っ張っていますよね。この出っ張っている指の背中を利用してスタートから少し突き刺す感じで刺激を与えながら、耳の裏にあるリンパ節まで顎のフェイスラインを走らせます。最後に耳の裏に到達したらぐっと刺激するように押しつけます。これを5~10回程度行います。

2 たるみ・むくみやすいほっぺを持ちあげる

合掌するように両掌を合わせ、左右に開きます。口角よりも少し下あたりから始まり、鼻の高さまで持ち上げるようにします。これを5~6回程度行います。するとなんだかほっぺたがスッキリとします。

3 ほっぺ全体の老廃物を流す

鼻の横をスタートにし、2と同様に親指の腹を使い、頬骨(ほっぺの出っ張っている骨)を通り、こめかみ周辺まで流します。これを5~6回程度行います。

4 眉頭から眉尻まで

1と同様に、人差し指と中指の第二関節を曲げて突き出すようにします。そして今度は眉毛を挟むようなイメージで眉頭から眉尻まで刺激をしながら走らせます。眉毛の周辺は眼精疲労をはじめとし、疲れ、頭痛、むくみなどを改善するつぼが集中しております。ここを5~6回程度マッサージを行います。

首からデコルテのリンパマッサージ!

次に、もう一つ重要になるのは首からデコルテ周辺です。実はこの部分というのは、老廃物が経由する場所で放置しておくとむくみやくすみの原因になりますのでしっかりとマッサージを行いましょう。

1 鎖骨の上下をマッサージする

手のひらで鎖骨を触り、人差し指と中指で鎖骨の上下を挟みます。そして、中心から外側へ向って指の腹で刺激をしながら走らせます。すると蓄積された老廃物や余分な脂肪を流すことができます。これを左右5~6回程度行います。

2 鎖骨から顎の裏をマッサージする

拳を作り、親指を外側に向けます。4本指の第二関節を使い、鎖骨から顎にかけて持ち上げるイメージでマッサージを行います。これは緩んだフェイスラインを引き締める効果が期待できます。5~10回程度行います。

3 耳の裏から首筋のマッサージする

sp1

右手の手のひらの指先を耳の裏に置きます。そのまま耳の裏から首筋を沿って肩の裏まで刺激をしながらマッサージします。もし、首や肩にコリを感じているのであれば、軽くほぐしながら行います。ただ、あまり強く行うと痛めますのであくまでも気持ち良い程度にしましょう。5~10回程度行います。

4 顎のフェイスラインの緩みをとる

親指を顎の中央に置きます。そして、他の指はこめかみを中心にして顔の置きます。そして親指で顎の中心を刺激しながら耳の裏までリンパを流すようにマッサージを行っていきます。オトガイ下リンパ節を刺激できますので、老廃物を流すことができます。これを5~10程度行います。

ガムを噛むことで小顔エクササイズに!?

ガムは誰でも知っているあのお菓子です。好きな人はあれをずっと噛み続けていても飽きないぐらいなのですが、実はガムを噛むことで美肌作りや小顔エクササイズになるのはご存知ですか?

まず、ガムを良く噛むことで、唾液に含まれるパロチンという美容成分が分泌されます。これにより皮膚の新陳代謝が良くなり、美肌を作りを促してくれます。

そして、顔のエクササイズは様々なものがありますが、ガムであれば噛めば良いので手軽にそして簡単にできて良いかと思います。顔の筋肉は衰えると、シワ、たるみの原因になります。

同じぐらいの年齢でも法令線が深い人、薄い人、この違いは潤い成分も関係してはいますが、顔の筋肉も重要な部分でもあります。筋肉をつけると肥大するというイメージが強いため、大顔になるのでは?

と思われるかもしれませんが、実は大顔の原因は顔のゆがみ、そして先ほど説明したむくみです。むくむことによって顔が膨れるためリンパマッサージが必要になりますし、ゆがみを矯正するためのエクササイズも必要になります。

そこで、ガムは顔の筋肉を鍛えるため、しみ、しわ、たるみを改善できますし、歪みも矯正できるのでオススメな方法なのです。ただ、噛み方を間違えると逆に歪みますので注意しましょう。

人の癖によってなのですが、片方の奥歯だけでずっと噛み続けてしまう…そうなると当然ゆがみますし、筋肉も片方だけ鍛えられて良くありませんよね。ですから、バランス良く噛みましょう。右奥歯で20回噛んだら、必ず左奥歯も20回、前歯も20回と行います。そうすることでバランス良く筋肉が鍛えられますので、顔痩せ、歪みの解消にもつながるのです。

 

[amazon]魔法の顔ほぐし – 小顔が止まらない! – (美人開花シリーズ)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です