ゼロカロリーコーラでダイエットしても太る可能性がある。

コカコーラ・ゼロをはじめとして、現在の日本の食文化はダイエットブームということもあり、巷ではゼロカロリー食品があふれかえっています。コーラ以外にも、最近ではアクエリアスの中にも、カロリーゼロと表記されているものもあるぐらいです。

こ の、ゼロカロリー飲料に当然カロリー0と表記されているものですから太ることを気にして、コーラを飲むならゼロカロリーと決めている人もいるぐらいですよ ね。しかし、果たしてこのゼロカロリー飲料というものは本当にカロリーがないのでしょうか?何故、そのように疑いたくなるかといいますと、飲むととりあえ ず甘いんです!通常のコーラと比較するとさすがに、甘さが少ないのが分かるのですがそれでも十分なほどの甘さです。ゼロカロリーという割には甘すぎやしないか?と思われても仕方がないような気もします。

正 直な話し、甘いのは事実ですし、本当のゼロカロリーなら絶対にあれほど甘いわけがないんです。はい。砂糖が入っていて、本当のゼロカロリーではないので す。えええ!っと思いました?では、ゼロカロリー飲料を販売している業者は全て詐欺行為を行っているのか?コカコーラカンパニーが販売を行っている、コカ コーラゼロは販売から既に7年目に突入しています。CM、ネット、あらゆるところで露出しているものでそれが詐欺だとすればとっくに事件になっているは ず。なら、本当にゼロカロリーなのではないでしょうか?

sp1

いいえ、いいえ、実は、「栄養基準表示制度」という決まりに従っていれば、カロ リーがゼロではなくても、ゼロと表記しなくても違法にはならないのです。100ミリリットル中に含まれる糖分が0.5グラム以下に抑えていればタイトル や、広告文、栄養成分の欄に、ノン、レス、ゼロ、無、などとあたかも糖分が入っていないような表記を行ってもいいとのこと。ちなみに、栄養成分0にしても 問題ないというのですから驚きです。

ちなみに、ゼロカロリー食品と似ている、カロリー控えめ、低カロリー、などの食品の場合、食品なら100グラム中5.0グラム未満、飲料の場合は2.5グラムなら許可されいているのです。つまりは、ゼロコーラだからといってカロリーは0だと判断するのは大間違いということを頭の中に入れておくべきでしょう。

sp1

更 に、ゼロカロリー飲料や食品の大半は通常のもの同様、果糖、ブドウ糖、白糖というポピュラーな砂糖はほとんど使用されておらず、人工甘味料という特殊な砂 糖を使用しているケースが多いのです。そのためカロリーゼロだから、普通のコーラを飲むよりも太らないだろうと安心して、水のようにがぶがぶ飲む人がいま すが、下痢を起こしたり、疲労感、依存症、味覚を狂わせる、喉が渇く、糖尿病になりやすくなる、体内に脂肪を蓄える、など、意外と恐ろしい副作用があるの です。そのように考えると決してがぶ飲みできるものでもないですね。さらに、副作用にもあるように、糖尿病のリスクがあります。

通常の糖 の場合、摂取することで脳が「甘い」と判断しインスリンの分泌を行います。すると、体内のブドウ糖が代謝され、胃の中に蓄積された食物から血糖値が上昇し すぎないようにコントロールを行います。しかし、人工甘味料の場合言わば、疑似砂糖なわけで、舌では「甘い」と認識することができますので、当然、脳でイ ンスリンの分泌を行い血糖値の上昇をコントロールしようとします。

けれども、食べたものが胃に達しても吸収する糖分がないため、次々に食 物摂取を行い、食欲が抑えられなくなるんですね。そう考えると、ダイエットには逆効果なのではないかとしている見解もあります。ですので、ゼロコーラだか らと痩せると謳ってはいないとは思いますが、砂糖がないから痩せるという勝手な認識をしてしまいます。だけど、カロリー自体は法律にのっとってゼロにして いるだけ、

しかも、含まれている砂糖は、通常の砂糖とは異なる、恐ろしい甘味料というもの。その甘味料は、ダイエットに効果を与えるもの ではなく、逆効果なのだということも、頭の隅にでも入れておいていただきたいです。もしくは、その副作用を認識したうえで、ゼロカロリーを飲む。でもそれ なら通常のコカコーラを飲んだ方がまだマシなような気もしますが…まあ、そんな甘い話しはないということでしょうね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です