NHK プロフェッショナル仕事の流儀 カフェ・バッハ 田口護。こだわりと店舗情報など。

街角のきらりと光る名店の焦点をあてる「プロフェッショナル 仕事の流儀」でカフェバッハの田口さんが紹介されるそうなので、どんな方か調べてみました。

プロフィール

taguchi_mamoru1

1938 年、北海道札幌生まれ。1968年、東京都台東区日本堤(旧・山谷)で「カフェ・バッハ」を開業。1980年、後進指導のため柴田書店(現・柴田書店イー タリンク)主催で「コーヒー自家焙煎セミナー」をスタートし現在も継続中。技術と原料の互助のためバッハコーヒーグループを組織。2012年、「田口護の スペシャルティコーヒー大全」(NHK出版刊)で第3回・辻静雄食文化賞受賞。現在、カフェ・バッハ店主。(株)バッハコーヒー代表。2012年から日本 スペシャルティコーヒー協会会長。

sp1

出典:http://www.amazon.co.jp/%E7%94%B0%E5%8F%A3-%E8%AD%B7/e/B004L49YY4

高校は北海高校で、大学は國學院大学出身だそうです。

そのこだわりは?

数十年来世界を飛び回って豆を知り、ばい煎を極め、海外でも“レジェンド”と評される存在だそうです。カフェ・バッハのホームページにはこだわりポイントが掲載されていました。

cafe_bach1

1.ハンドピッキング

それぞれの豆の特徴を最大限に引き出せるように、手作業で良い豆を一粒一粒選び抜いています。

2.正しい焙煎

オリジナルの焙煎機を駆使し、芯まで火がとおった、煎りムラのないコーヒーです。だから味も香りも豊かです。

3.新鮮

毎日使う分だけ焙煎しています。だからいつも新鮮なコーヒーをお楽しみ頂けます。

出典:http://www.bach-kaffee.co.jp/about.html

どれも専門家の方からすると当たり前のことなんでしょうけど、手をかけてつくっている感じですよね。コーヒーはご主人が担当し、お菓子とパンは妻の文子さんが担当しているようです。

店舗情報は?

店舗情報は以下です。

カフェ バッハ
〒 111-0021 東京都台東区日本堤1-23-9 [ch0]

sp1

LinkIconmap

tel :03-3875-2669 fax:03-3876-7588

【営業時間】8:30~20:00
【定休日】毎週金曜日

山谷に近いですが、特に治安が悪いとかそういうのは大丈夫だそうです。

通販は?

cafe_bach2

出典:http://www.bach-kaffee.co.jp/pg134.html

コーヒー豆と器具、焼き菓子とブレッドは通販で注文が出来るそうです。

TEL:03-3875-2669
FAX:03-3876-7588

お店の評判は?

場所が東京スカイツリーから比較的近いということもあり、観光名所となっているようですね。味は当然ですが、雰囲気もいいようです。東京の名店の御三家として数えられているとのことです。

やっと東京下町にあるあこがれの「カフェバッハ」へ。
懐かしい雰囲気と焼き立ての珈琲の香りいっぱいの店内、カウンター席、テーブル席とも常連客でいっぱい。
カウンタでは物思いにふけながらコーヒーを楽しむ人、テーブルではオシャベリに夢中なカップルなど。皆香ばしく、苦みの効いたコーヒーを楽しむために来ているようです。
早速、ブレンドのカフェシュヴァンルツア注文して、ゆっくると味わってきました。旨い!!香りが良い、香ばしい、苦みに甘さを感じ、すっきりした味。
香りを嗅ぎながら少しずつ口に運び、苦みを味わう。
落ち着いた雰囲気で飲むコーヒーは最高ですね。

出典:http://www.hotpepper.jp/strJ000233263/report/detail_om0000020114_rn20071201A00001/

まとめ

田口さんは著作も多く、いいコーヒー文化を広めています。ブルーボトルコーヒーが参考にした喫茶店文化を体現したいようなお店なんでしょうね。筆者も是非一度行ってみたいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です