ベビーベッドの疑問。そもそも必要? 選び方は?いつまで使う?

赤ちゃん誕生に喜びの中で、今はベビーベッドを買う派、買わない派、レンタル派と分かれるようです。今回はこのベビーベッド問題を取り挙げます。

ベビーベッドは必要か?メリット・デメリットなど。

昔を考えれば、赤ちゃんとの生活も変わりましたよね。何といってもおむつ、布から紙へ。それからベビーカーの進化。そしてベビーベッドの在り方。添い寝が基本だった頃はベビーベッドのある家庭の方が少なかったですが、今はほとんどベビーベッドがありますよね。

メリットとデメリットとして、良い点はやはりどうしてもママは忙しいので、目を離す時って一瞬を含めて頻繁にあるものです。そんな時にはベビーベッドに入れて柵をして置くことが出来るので安心です。オムツ替えも楽に出来ることもあります。

悪 い点というと、広いお宅ならば問題ないでしょうが部屋が狭くなるのは否めないですね。はっきり言うと邪魔であるということ。また、赤ちゃんの時だけしか要 らないということ。他には赤ちゃん用品でお金がかかるので、布団に寝せておけばいいと思う方にはお金の無駄というご意見も。

選び方は?

どんなベビーベッドを選んだらいいのか迷うところですよね。先ずサイズは、通常120×70cmでこちらは生後2年くらいが目安です。ミニサイズもあって90×60cmで3か月くらいまでです。ミニの場合はやはり短過ぎて活用しにくいという欠点があります。

機能では、高さはオムツ替えがやりやすい高さがベストです。さて、大きくなっていく過程で柵を乗り越えて落ちたりしないかという心配が出てきますが、高さ調節の出来るものがオススメです。

添い寝が出来るように横開きのタイプもあります。通常よりもやや高めになっています。難点はより広いスペースが必要なので、狭い部屋には置けませんね。

他には下の部分が収納になっているのが多いようですから、如何に使い勝手が良いかを検討しましょう。

いつまで使う?

sp1

で はベビーベッドはいつまで使うものなのでしょうか?一人で寝ることを習慣づけるという役割もあるベビーベッド。途中までベビーベッドで後は添い寝という方 は、レンタルの方が賢い選択となるでしょう。つかまり立ちの出来るようになる生後7か月~9か月頃までが目安となります。

ちなみにですが、レンタルされる方へご参考に気付きを少しご紹介します。

お 店かネットかでは、配送の在り方の違いですね。お店では自分で持って帰ることも出来るし配送もお願い出来ますが、ネットは配送中心です。お店に行く時間が ない方にはネットが便利ですね。有料、無料のサービスもそれぞれですから、自分のスタイルにあっていかに安く出来るかを焦点に探しましょう。

あとがき

結論的に申しますと、知り合いを多くしといて使わなくなったベビーベッドを借りたりもらったりするとか、期間が短いですからレンタルで済ますとか、今はネットオークションが主流なので格安で購入する、ということでしょうか。

子どもの成長は早く、赤ちゃんグッズの在り方もどんどんと変わっていきますよね。企業も色々考えて企業努力が目覚ましいです。ご家庭であーだこーだ話し合うというのも絆になりますから、子育て生活をお楽しみ下さいませ。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です