赤ちゃんウォーターサーバーに必要?メリット・デメリットとおすすめをまとめてみました。

これから産まれる赤ちゃんのために、ウォーターサーバーが欲しい!

親としては、安全でキレイな水でミルクを作ってあげたいものです。しかし、本当に赤ちゃんにウォーターサーバーは必要なのでしょうか。

水道水とウォーターサーバーの水の違いとは・・・?

sp1

また、ウォーターサーバーを購入するとしても、どのメーカーがいいのか悩んでしまいます。メーカーによって何が違うのか、実際のところよく分からないですよね。

そこで、赤ちゃんのためのウォーターサーバーについてまとめてみました!まずは、赤ちゃんのミルクにはどのような水が適しているのか見ていきましょう!

赤ちゃんにおすすめの水とは?

赤ちゃんのミルクを作る場合、水道水よりも純水がおすすめです!水道水に含まれている塩素は水を消毒する効果があり、安全性を高めるためには必要不可欠です。

しかし、水道水の塩素はクロロホルムという発ガン性物質を発生させてしまうことが分かっており、まだ抵抗力の弱い赤ちゃんのミルクに使うのはちょっと心配です。

また、粉ミルクの中には赤ちゃんの成長に欠かせないミネラルが含まれています。ミネラルは水道水にも含まれているため、水道水で作ったミルクは必要以上にミネラルを摂ってしまいがち。赤ちゃんはミネラルを摂り過ぎてしまうと、お腹の調子が悪くなってしまうことがあります。

そこでおすすめなのが純水で、塩素不使用でミネラルもほとんど含まれていません。純水はウォーターサーバー以外にペットボトルでも販売されています。

なぜ、ペットボトルではなく、ウォーターサーバーがいいのか?

続いて、ウォーターサーバーのメリットとデメリットについて説明していきます。

ウォーターサーバーのメリットとデメリット

赤ちゃんにウォーターサーバーは必要なのか、まずはメリットから見ていきましょう。

ウォーターサーバーのメリット

  1. キレイで安全な水がすぐ飲める
  2. お湯がすぐ出るので、赤ちゃんのミルクを作るのに最適
  3. わざわざ買いに行かなくて済む

ペットボトルだと、冷蔵庫から出してキャップを開けて・・・という作業が必要になりますが、ウォーターサーバーはボタンひとつですぐ飲むことが可能です。

また、赤ちゃんのミルクを作る時も、ボタンひとつでお湯がすぐ出てきます。お腹が空いている赤ちゃんに最短でミルクをあげることが出来るのはいいですよね!

赤ちゃんのミルク用に純水をペットボトルで買うのは、結構大変です。赤ちゃんを連れてペットボトルを何本も購入するのは、かなりの重労働になります。ウォーターサーバーを設置すると、純水を自宅まで配送してくれるので、とっても楽チンです。

このようなことから、赤ちゃんにウォーターサーバーは必要だと思います。

しかし、ウォーターサーバーはメリットばかりではありません!

ウォーターサーバーのデメリット

  1. 場所を取るので、狭い部屋だとちょっと邪魔
  2. 予備の水を置く場所が必要

とても便利なウォーターサーバーですが、設置するのに結構場所を取ってしまいます。

ウォーターサーバーを設置する場所は十分に検討することをおすすめします。

サーバーの大きさは、もちろんメーカーやサイズによって異なりますが、大体これ位のものが多いです。

  • 幅・・・・270mm~360mm
  • 奥行・・・300mm~460mm
  • 高さ・・・460mm~1190mm ※水を設置していない状態

また、ウォーターサーバーの水は毎回1個ずつ配送するとは限りません。まとめて配送することで配送料が無料のメーカーも多いため、予備の水を置く場所が必要になります。予備の水を置く場所の確保も、忘れないようにしましょう。

デメリットといっても、それほど大きなものではありません。可愛いわが子のためにも、ぜひウォーターサーバーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバーを購入する際のポイント

ウォーターサーバーを購入する際には、いくつかポイントがあります。

①赤ちゃんのミルクに合った水かどうか

赤ちゃんの粉ミルクには必要な栄養素がしっかりと含まれています。そのため、赤ちゃんのミルクにはほとんど何も混じっていない純水がおすすめです!

ウォーターサーバーの水はさまざまな種類が販売されているので、純水かどうかしっかりチェックするようにしましょう。

②チャイルドロック機能があるもの

赤ちゃんは興味があるものは何でも触ってしまいますよね。赤ちゃんがウォーターサーバーを触ってお湯を出してしまい、火傷をしたケースもたくさんあります。

そのようなことを防ぐためにも、チャイルドロック機能があるものがおすすめです!簡単に水やお湯が出ない仕組みになっているので、安心して設置が出来ますよ。

③衛生面はしっかりしているのか

水を取り付ける際などに、ウォーターサーバーや水が空気に触れてしまうと、細菌が増殖してしまいます。塩素の使われていない水は細菌が増えやすく、場合によってはキレイで安全な水では無くなってしまいます。

sp1

そのため、衛生面の対策をメーカーがどのようにしているのか、しっかりチェックしましょう。

ウォーターサーバーのメンテナンスを、定期的に行っているメーカーがおすすめです!

ウォーターサーバーにかかる金額

これは家計にも関わってくる部分なので、非常に大切なポイントです!

ウォーターサーバーにかかる金額はこのようなものが考えられるので、購入する前にちゃんと確認しておきましょう。

  • 水代・・・・・・・・・・・・・・1000円~3000円前後
  • サーバーの電気代・・・・・・・・500円~1500円前後
  • サーバーのレンタル料金・・・・・無料と有料の場合がある(有料の場合600円~1000円前後)
  • サーバーのメンテナンス料金・・・無料と有料の場合がる(有料の場合5000円前後)

このようなポイントをふまえた上で、実際にどのメーカのウォーターサーバーが良いのか見ていきましょう。

赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバー

赤ちゃんにおすすめの、純水のウォーターサーバーをまとめてみました!

①ピュア純水(TOKAI)



不純物の少ない北アルプスの天然水を使用した、体にやさしい水です。水に粉ミルクが溶けやすく、赤ちゃんのミルクを作るのにおすすめです!

  • 水代・・・・・・・・・・・・・・・12リットル 1124円(税込)
  • スタンドサーバーのレンタル料・・・月923円(税込)
  • 配送料・・・・・・・・・・・・・・12リットルのボトル3本~無料

北アルプスの恵み「ピュア純水」

②アルピナウォーター(TOELL)




こちらも北アルプスの天然水を使用しており、「矢沢水源」という湧き水が原水になっています。最新の設備である逆浸透膜(RO)フィルタで不純物を除去しているため、純度99.9%のとても安全な水です。

  • 水代・・・・・・・・・・・・・・・・12リットル 948円(税別)
  • ウォーターサーバーのレンタル料・・・月572円(税別)
  • 配送料・・・・・・・・・・・・・・・12リットルのボトル3本~無料(初回のみ4本注文)

北アルプスのピュアウォーターをご家庭まで!!
【アルピナウォーター】

②ハワイウォーター(TOELL)




ハワイにあるオアフ島で、25年かけてゆっくり地下にろ過された水を使用しています。ハワイウォーターは逆浸透膜(RO)フィルタで、不純物だけではなくウイルスも除去しています。ちょっと金額は高めですが、安全面で選ぶならハワイウォーターがおすすめです。

  • 水代・・・・・・・・・・・・・・・・18.9リットル 2280円(税別)
  • ウォーターサーバーのレンタル料・・・月572円(税別) ※2年に1度無料メンテナンス付き!
  • 配送料・・・・・・・・・・・・・・・18.9リットルのボトル3本~無料
ウォーターサーバースタイル、ハワイのおいしい水の宅配 ハワイウォーター

まとめ

  • 赤ちゃんには、ほとんどミネラルが含まれていない純水がおすすめ
  • ウォーターサーバーは自宅まで水を配送してくれるので便利
  • ウォーターサーバーの水や仕様はメーカーによって違うので要チェック!

赤ちゃんのミルクを作るのにおすすめの純水ですが・・・ちょっと料理にも使ってみてはいかがでしょうか。

純水は不純物が混ざっていないので、食材本来の味をしっかり引き出してくれます。

お米はよりふっくらした炊き上がりになり、料理も少しの調味料でしっかり味付けすることが出来ますよ!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です