パーティードレスの自宅保管・収納方法。キレイに長持ちさせるコツ5選

パーティードレスは普段は着ないので、次の機会まで自宅で保管しておくことになります。「クリーニングに出せばキレイでしょ?」と考える人も多いと思いますが、保管方法を間違うとクリーニングに出してもシミやカビの原因になったりするんです…。今回はパーティードレスの自宅の保管方法、キレイに長持ちさせるコツをご紹介します。

パーティードレスは自分で洗えるの?

パーティードレスをキレイに長持ちさせたいときは、保管や収納する前に、まずはキレイにすることが大前提です!

sp1

1度着ただけだし…、そんなに汗をかいてないし…、短時間しか着ていないし…という理由で、消臭スプレーのみで済まし保管するのは絶対にやめましょう。

結婚式は食事などもしますし、人もたくさんいる場所です。

見た目はキレイに見えても、見えない汚れはたくさんついています。

パーティードレスは基本的にクリーニングにと考える人も多いですが、結婚式ラッシュのときなど何度もクリーニングに出すのは出費ですよね…。

実はパーティードレスには洗える素材もあるんです!

(高級なドレスはクリーニングに出すことをおすすめしますが…。)

まず服のタグをチェックしてみてください。

タグに洗濯機マークや手洗いの表示があれば自分で洗うことができます。

また素材によっては洗濯できるものもあります。

一般的に綿・ポリエステル・毛・アクリル・ナイロンは洗濯できます。

気をつけた方がいい素材は、絹・レーヨン・キュプラなど!

キュプラは高級な服の裏地に使われていることが多い素材で、水につけると縮んでしまいます。

またシワ加工やプリーツ加工など特殊加工がされているものはクリーニングをおすすめします。

素材やタグで洗えると確認して自分で洗うときは事前にコサージュやブローチなどの外せる装飾品はすべて外します。

また、汚れやシミがついていないか確認し、ついていた場合はタオルなどであらかじめ落としておきましょう。

洗濯機で洗うときは、パーティードレスはレースがついていたり、繊細なデザインが多いため、必ず洗濯ネットに入れましょう。

可能であれば他の洗濯物とは別に単体で洗う方が色移りなどのトラブルが少なく安心です。

高温に弱いので、ぬるま湯または水で洗いましょう。

普通に洗うのは傷めてしまう可能性があるため、ソフト洗いやおしゃれ着洗い、手洗いなどのコースを選択しましょう。

洗濯洗剤もおしゃれ着洗い用のものを選ぶと安心ですね。

手洗いの場合も高温を避け、ぬるま湯または水に洗剤を溶かし押し洗いします。

干すときは陰干しで!

乾いたらアイロンをかけましょう。

デリケートな素材なため、アイロンも高温はダメですよ!

低温であて布をしましょう。

パーティードレスを正しく保管!キレイに長持ちさせるコツ

クリーニングに出した、しっかり洗ったから大丈夫!と思っても正しく保管しないとシミやカビの原因になってしまいます。

キレイに長持ちさせるコツを5つご紹介します。

・定期的に陰干し

自宅で洗ったときには陰干しして乾いたらしまいますが、クリーニングに出したドレスもビニールを取って、1日陰干ししてからタンスに収納しましょう。

また、洗ったらタンスやクローゼットにしまいっぱなしではダメです!

定期的にタンスから出して陰干ししましょう。

カビやシミ、虫食いを抑えることができます。

sp1

・不織布のカバーをかける

クリーニングに出してビニールをそのままにしておくと、カビやシミの原因になります。

不織布のカバーは通気性も良く防臭効果もあるので便利です。

市販で買う場合はドレスの長さにあったカバーを選びましょう。

カバーをかけても、余裕がなく服が押し込んである状態だと通気性が良くありません。

余裕をもってかけられるようにしましょう。

・桐の箱に保管

通気性があり、防虫効果もある桐箱。

もともとドレスに付属の場合はぜひ利用しましょう!

・防虫剤を使用する

ドレスの虫食いを防ぐために防虫剤を使用しましょう。

ハンガーにかけるものや置き型タイプ、タンス用などいろいろな種類があります。

・ハンガーにしっかりかける


ハンガーにかけるときに雑にかけてはいけません。

せっかくキレイに洗っても型崩れしてしまったら悲しいですよね。

しっかりと肩のラインにあわせましょう。

またハンガーの形や太さもドレスに合ったものにしましょう。

補助紐といって着るときには使用しませんが、ハンガーにかけるときにひっかける紐がついているドレスもあります。

形を保つためについているものですので、しっかりとハンガーにひっかけるようにしましょう。

ひと手間かけるだけでパーティードレスは長持ち♪

パーティードレスの洗い方や保管方法をご紹介しました。

ていねいに洗うことまではしても、保管までは考えていなかったという人も多いのではないでしょうか?

いざ着ようとしたときに、カビやシミ、シワだらけなんてことは避けたいものです。

大事にパーティードレスを収納しましょう!

こちらもおすすめ!>>ドレスや喪服など、冠婚葬祭の服装のすべてが分かる!礼服喪服スーツレンタル.jp  冠婚葬祭マナーコラム

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です