玉ねぎはダイエットに効果的で栄養価抜群!でも食べ過ぎはダメ?

玉ねぎは格安のダイエット食品


玉ねぎといえば、サラダでも食べられますし、煮込み料理、炒め物様々な調理法に使われます。実はそんな玉ねぎにダイエット効果があったのはご存知でしょうか?

玉ねぎを食べるだけでダイエットサポートになるのであればとてもうれしい話しです。なぜなら玉ねぎはものすごく安くて手軽に調理に導入できるからです。スーパーへ行ってご覧にいただくとわかりますが、地方であれば1個10円ほどで変えますし、東京でも1個30円~40円程度です。

ダイエット食品の中には効果が高くてもやはりお値段がそれなりにするものもたくさんございます。そういった意味では手軽に購入できてあらゆる料理に使用できる玉ねぎはダイエット食品としてはとてもオススメできます。

sp1

また、玉ねぎはダイエットではなく健康効果の高い食品としても有名です。食べることにより血液をサラサラにするとか、生活習慣病を予防するなどといわれています。そこで、こちらでは玉ねぎダイエットの実践方法、玉ねぎの栄養価、玉ねぎを食べるうえでの注意点などを解説していきたいと思います。

玉ねぎの栄養価がこんなに凄かった!


玉ねぎダイエットをオススメする理由は、格安で手軽にできるというところもございますが、やはり栄養価です。どうせなら健康的に痩せるのが一番でしょう。

特に、食事制限がエスカレートしてしまいますと栄養価が不足して肌が荒れるとか痩せても健康的に痩せられなかったりする場合も考えられます。また、肉食ダイエットなどを行うと肉ばかり摂取してしまい体を汚す危険性があります。
ですから、野菜なども一緒に食べるのが良いのです。置き換えダイエットなどで野菜不足になると血液がドロドロになる可能性が考えれます。そこで、玉ねぎという栄養価の優れた野菜に注目していただきたいのです。

ケルセチン

これは、玉ねぎに含まれるポリフェノールの一種で、「血液をサラサラにする効果が期待できる」とされているのです。それは、広島大学東幸仁教授とハウス食品の共同研究によって立証されたものです。

私たち人間は食事により血糖を高めたり血管を通して栄養を体中に循環させます。その結果、血管が疲労したり、負担がかかったりしますので一時的に血管内皮機能が低下します。玉ねぎには血管を保護する機能があるのでは?

もしそれが可能であれば血液をサラサラにすることができるだろう。と推測のうえ研究を進め濃縮玉ねぎエキスを投与し続けたところ血管内皮機能が改善されたのです。つまりは、血管内皮機能低下により血液の循環が滞るということが無くなりますので血液もサラサラにできるということになります。

特に、ダイエット中は運動、食事を上手く行えばよいのですが、それを失敗すると血液もドロドロになりやすくなります。そういった意味で玉ねぎは体の体循環を良くしてくれる健康的な食材です。

硫化アリル

ネギ、玉ねぎなど切ったときに目が痛くなり涙が出ますが、実はこれは硫化アリルが鼻から入り目を刺激するため涙が出るのです。一見すると目から刺激しているように思えるのですが鼻から刺激しています。

そのためマスクをしながら料理をしてみると目が刺激されません。この硫化アリルには様々な効果が期待できます。まずは血栓を溶かしたり、血液凝固を阻害するため循環器系の病気、糖尿病、動脈硬化、高血圧、心臓病などを予防してくれます。

そして、風邪をすぐにひいてしまったり、体調を崩しやすかったりする場合は玉ねぎを積極的に食べると良いです。硫化アリルには抗菌作用がありますので免疫力を高めてくれます。新陳代謝の促進、消火液の分泌を促進しますので体調が悪い時に食べるのもオススメです。

さらに、脂肪燃焼を促すビタミンB1と結合し、アリチアミンとよばれる化合物になると、そのビタミンB1の吸収を効率化してくれます。ですからダイエットはもちろんのこと、最近疲れている、食欲がない、眠れない、などといったときに活力を与える役割を果たしてくれます。

カリウム

玉ねぎにはダイエットには欠かせないカリウムが含まれています。ナトリウムの排泄はもちろんのこと、水分を体中に循環させ尿として排泄しますのでこれと同時に水分を摂取することで代謝も上がりますし、むくみの改善につながります。

玉ねぎダイエットの効果的な方法!


以上のように健康成分とダイエット成分が含まれているのが玉ねぎです。これを活用して是非健康的にダイエットを成功させましょう。そこで、玉ねぎダイエットの実践方法をまとめてみましたのでご覧ください。

sp1

玉ねぎダイエットの基本ルール

このように玉ねぎをいっぱい食べれば食べるほどよいと思われがちですが、食べ過ぎはダメなので、1日50gまでというルールがございます。1個およそ200gなので1/4程度までにしておきます。
ケルセチンを活用する

血液をサラサラにするケルセチンでございますが、実はその他にも脂肪の吸収を抑えたり、活性酸素の産生を防止したりもします。そのため玉ねぎダイエットを行うならケルセチンを摂取すべきです。実際、可食部よりも皮の部分に27倍のケルセチンが含有されていますので皮をしてないで調理に使いましょう。

ダイエット向けの調理法

ダイエットにオススメなやり方としてはまずケルセチンをたくさん摂取することなので1個分の皮を使って調理を行います。コレであれば、過剰に摂取することもありません。その上で玉ねぎの皮を使った調理法を紹介します。

たまねぎ茶

1 玉ねぎの皮を乾燥させてミキサーで砕く
2 急須の網に袋で包んだ玉ねぎの皮を入れます
3 お湯を入れて煎じます。

玉ねぎジュース

1 玉ねぎの皮を剥ぎ適当な大きさに切ります。
2 鍋に200CCの水と適当に切った玉ねぎを入れます。
3 玉ねぎが透き通るまで煮込みます。
4 りんごを四つに切ります。
5 ミキサーに500CCの水と玉ねぎ、りんごをミキサーにかけます。

玉ねぎスープ

1 玉ねぎの皮を剥ぎ適当な大きさに切ります。
2 ニンジン、キャベツも同様に切ります。
3 豚肉を煮込みます。
4 ニンジン、キャベツ、玉ねぎを鍋に投入します。
5 いい具合になりましたら麺つゆで味付けします。

玉ねぎサラダ

1 玉ねぎの皮を剥ぎ適当な大きさに切ります。
2 玉ねぎを薄切りにします。
3 キャベツ、ワカメ、玉ねぎを増せてポン酢で味付けします。
このように、玉ねぎの皮、実を使ってレシピを作れば栄養を余すことなく使うことができます。皮にはケルセチンが含まれていますし、実にはカリウム、硫化アリルがございます。
硫化アリルも加熱すると糖度の高いプロピルメルカプタンという別なものに変わります。プロピルメルカプタンは胃の粘膜を保護して血液を促すので胃が弱っているときにはオススメです。そして、生で食べれば硫化アリルの新陳代謝の促進や生活習慣病の予防が期待できます。

玉ねぎを食べ過ぎるといけない理由…


さて、玉ねぎダイエットでもオススメな1日の食べる量は50gとされています。健康に良さそうなのでもう少し食べてもそこまで問題は無さそうな気もしますがどうしてなのでしょうか?

実は、玉ねぎを食べ過ぎると硫化アリルが原因で体臭が酷くなります。また、玉ねぎには食欲増進作用がありますので食べ過ぎるともしかすると過食に走るかもしれません。

食欲が減退しているときは増進を行うべきですがダイエット中にはこれは邪魔なのでやはり食べ過ぎるのはオススメできません。それによって他のものをバクバクと食べてしまったらあまり意味がありませんからね。

また、生で食べる場合は特に気をつけていただきたいのですが、食べ過ぎると人によっては胸やけ、嘔吐など気分が悪くなったりします。硫化アリルの刺激はかなり強いですから特にサラダにする場合は50gという1日の摂取量は必ず守りましょう。実際にケセルチンの入ったサプリを飲んでみたレビューもありますので、チェックしてみてください。

〔レビュー〕タマネギの力の効果と口コミを実際に検証してみた。

参考文献)

食品成分データベース

長時間炒めたタマネギの味, 香り, 遊離糖, 色の変化

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です