ニキビなど肌トラブルに3つの効果!ヨーグルトパックの作り方3つ。

ニキビなどの肌のトラブルにヨーグルトパックは大変効果があるとされています。今回は、ヨーグルトパックが肌にいい理由と、実際のヨーグルトパックのレシピを紹介します。

ヨーグルトパックの3つの効果

1.ピーリング効果

例えば、固い鶏肉や牛肉などをフリーザーパックに入れて、ヨーグルトを流し込み暫く冷蔵庫へ。これで肉が柔らかくなります。肉はタンパク質でできており、人の肌もタンパク質。つまり、古く硬くなった角質を柔らかくして取り去る、ピーリング効果がヨーグルトにはあるというわけです。だから肌が白くなったり、毛穴の黒ずみが綺麗になるのです。

2.アイチエイジング効果

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、肌を保湿する効果があり、亜鉛は、アクネ菌とたたかってくれるので、ニキビ対策に効果的。また、亜鉛には、ひきしめ作用もあり、肌の改善も期待できます。ヨーグルトパックに混ぜるものによって、効果が違ってくるので、自分の肌の状態によって、配合するものを変えてみてください。

sp1

3.ビタミンB郡がお肌の再生を促す

ヨーグルトにはビタミンB郡が豊富に含まれています。ビタミンBは肌の再生を助けるのに必要なので、肌の生まれ変わりを促進して綺麗になるというわけです。

ヨーグルトパック・レシピ3選

赤ニキビ対策

【材料】

  1. ヨーグルト 指先分
  2. コットン 1枚

ヨーグルトには、亜鉛が含まれており、アクネ菌と戦ってくれるため、ニキビの予防や改善に役立ちます。一日一回、ニキビに塗ってみてください。また、ヨーグルトパックには、自然のひきしめ効果があります。基本的には出来てしまったニキビは、さわらないことがいいのですが、ヨーグルトをそのままちょっと塗ってみましょう。水分が多過ぎてたれてきてしまう場合は、コットンにヨーグルトを染み込ませる方法があります。

角栓&黒ずみ対策

【材料】

  1. ヨーグルト
  2. 米粉 ペースト状になるまで

ニキビは古い角質が毛穴に詰まって出来てしまいます。角栓や黒ずみも放置しておくとニキビの原因になってしまいます。ヨーグルトに、米粉を混ぜて、ペースト状にしてください。それで肌の上を滑らせ少しおいてから洗い流します。細かなスクラブ効果で毛穴のよごれもスッキリ落とせます。

sp1

脂質肌対策

【材料】

  1. ヨーグルト
  2. ドライイースト

少し肌がベタつく方はニキビができないか心配になることもあるかと思います。ヨーグルトに、イースト菌を少し足して、皮脂が出てくるところを中心に塗ってみてください。15分~20分でぬるま湯で洗い流し、冷たい水で洗ってから乾かしてください。脂質肌に効果的です。イースト菌は、スーパーマーケットでは、製菓や強力粉が置いてある売り場に行くと見つけられます。

 

[amazon]進製作所 豆乳よーぐるとぱっく はいからさん 150g

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です