朝食メニューでダイエットや健康効果に大きな差が開きます!

朝ご飯を食べることは重要です。

朝ごはんを食べることはダイエットを行う上で非常に重要といわれています。夕食から15時間も何も食べてない状態なので体は飢餓状態です。それなのに食べないということは、エネルギー不足に襲われます。脳のエネルギーとなる糖が摂取できていないので仕事にも支障が出たり、学業にも支障が出ます。

代謝も落ち、免疫機能も低下し不健康な状態へ陥ってしまいます。さらに、脳に与える糖がないということは、筋肉をアミノ酸へ分解しそこから糖質を作ることになりますので筋肉を細くさせる原因にもなります。ですから、朝食は食べるのが一番良いのです。

sp1

もちろん、断食するダイエット方法もございますが、基本的に長期間続けるものではありません。メインとなる毎日の食事であれば朝ごはんはしっかりと食べ、せめて1日1~2回ぐらいの食事を行う必要があります。食べ過ぎるのは逆にいけませんが、まったく食べないというのも影響を与えます。

さすがに1食は断食に近いものがありまして性格によってできる人できない人の差が大きいかと思います。ただ、3食はやはり食べ過ぎかと思いますので、2食生活を行えばよいかと思います。そのうち1食は朝ごはんに食べるわけですが…

勘違いしてはいけません。朝にご飯を食べれば良いというと何を食べても良いと思ってしまうのです。つまりは、甘い菓子パン、ドーナッツ、ケーキ、ジャンクフード、このようなものを食べてしまうのです。それであれば朝ごはんは、フルーツとプロテインだけにしたほうが良いです。

菓子パンを食べてはいけない理由

パンと牛乳は最近の子供たちの間では当たり前のような朝食ですがずいぶんとアメリカンですね。しかし、このパンがメロンパンやらチョコレートパンやしまいにはケーキなどに…そしてそれを1個では物足りないから、3個も4個も食べてしまえば、あっという間に1000kcalを超えてしまいます。

全粒粉のパンであればまだ良いのですが、コンビニの菓子パンは油を塗ったくって、砂糖をべとべとかけたて、しまいには添加物やらトランス脂肪酸という摂取すべきでない油まで使っていますのでダイエットどころか、食べることによって生活習慣病を招いてしまいます。

一人暮らしの方であれば、夜中にコンビニへ行って「明日の朝ごはんのために菓子パン買っておこう♪」なんてことをしてしまうかもしれませんが、絶対にやめていただきたい朝食です。

ケーキやお菓子

最近の若い方たちに多いのですが、食事というよりも朝にケーキやお菓子を食べてしまうのですね。これを主食とするのは最悪です。菓子パンと一緒で栄養価のないただの油と糖質を食べているだけです。ダイエットでいえば、朝ごはんは栄養を吸収しやすいため太りやすくなります。

さらに、怖い話をすると、砂糖を大量に使用しているためそれを消化するときにカルシウムを使ってしまうのです。結果骨がもろくなります。砂糖は中毒性が高いものですので、食べ過ぎるとなかなかやめられなくなるのも注意しましょう。

食べてはいけないシリアル

シリアルダイエットというものもあるぐらいで基本的にシリアルは健康に良いものです。フレーク菓子とはことなり、大麦、小麦、ナッツ、クルミ、アーモンド、などがブレンドされておりビタミン、ミネラル、食物繊維を効率的に摂取することができます。

ですから、豆乳や生フルーツと混ぜて食べると良いのです。ただ、残念なことに最近では、チョコレートでコーティングされているものや、砂糖で味付けされているようなものがあります。これではあまりダイエット効果は得られないと考えられますのでノンシュガーのシリアルを選びましょう。

sp1

加工食品

朝食に、ウインナー、ベーコン、ハムなどを食べるのは日常的ですよね。目玉焼きとベーコンのセットは朝食にとても多いです。しかし、これらの食品には添加物やトランス脂肪酸が含まれています。こういったものはがんをはじめとする生活習慣病の原因になるので健康的にダイエットを行うのであれば避けましょう。

結局、朝食にかかわらずすべての食事において食べてはいけないものというのは、加工食品や砂糖、油が多く含まれたジャンクフードです。ほぼ油と糖質の塊で栄養価がそれ以外にないのです。日本人が隠れ栄養失調といわれる理由が良くわかります。

朝食には何を食べればよいのか?

朝ごはんは1日のエネルギーといわれるだけありますので、しっかりと摂取しておくべきですが、上記4つのような食品は逆に食べると体を壊すことになります。脂質、糖質、カロリーが高いものや添加物が含まれているような食事は基本的に避けましょう。

朝食の理想的なカロリー摂取量は1日の1/3以下です。もちろん、糖質を摂らないことによってエネルギー不足になり日中の活動に支障が出たり、昼間にドカ食いしてしまい逆にダイエット効果を下げるリスクを背負うことにはなりますが、朝食は気を使ってください。

3種の果物、野菜、玄米、魚、大豆といった食品を食べることができるのであれば非常に理想的です。時間をかけることができるのであれば意識してください。ダイエット効果の高いといわれている早朝の運動とセットで料理を行うため早起きすると目標を掲げればやる気にもなりますね。

しかし、人によってはどうしても難しい…という場合があります。そういう場合はさすがにここまできっちりとする必要もありません。その代わり必ず栄養補助食品を利用しましょう。時間がないのであれば、シリアル、グラノーラに3種のフルーツを入れたもの、そしてプロテインとマルチビタミンを飲むことです。

これだけでも、朝食にお菓子を食べるのとは天地の差ほど栄養価が変わってきます。サプリメントやプロテインを誤解している人がいるかもしれませんが、良いものを取り入れると非常に良きサポーターになってくれます。

 

[Amazon限定ブランド] inバー プロテイン ベイクドビター (15本入×1箱) BODY SUPPORT W 甘さ控えめ しっとり焼きチョコバータイプ 高タンパク15g 糖質40%オフ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です