1日だけでもOK!?酵素ファスティングのやり方は? 効果や注意点は?

ファスティングというとちょっとハードルが高いと思っている方も多いと思います。専用の施設などに通ってやらないといけないイメージが筆者にはありました。が、きちんとした注意点を守れば比較的簡単に実行可能です。今日はその中でも簡単な1日だけでも出来る酵素ファスティングのやり方について紹介します。

ファスティングとは?

専用の飲料と水で行う簡単な酵素断食です。 プチ断食とも言われています。確実なカロリーカットができるので、すぐに体重を落とす事ができるのが特徴です。また、消化機能を休ませる事で脂肪を燃焼させデトックス効果も期待できるのが嬉しい所。酵素ドリンクで豊富な酵素と栄養を補給しながら行うとより効果が高くなります。

ファスティングダイエットは、今すぐに痩せたい方の短期ダイエットとして使う方も多いですし、デトックス効果・便秘解消効果・脂肪燃焼効果・免疫力の向上・胃腸の活性化などの効果があるので、月に1回とか2回など期間を決めて定期的に行う方も多くいます。

sp1

ファスティングダイエット方法

このダイエット法には、以下のポイントを意識して取り組むことが必要です。

1.準備期間を作る

ファスティングダイエットには準備期間が必要です。短期間のプチ断食がファスティングダイエットとなるため、いきなり断食をしてしまうと胃に負担がかかってしまいます。まずはプチ断食に備える体作りが重要です。基本的にファスティングダイエットは1日~3日の断食を行います。よって準備期間も1日~3日間程度設けましょう。普通の食事ではなく、少し減らした6割~8割程度の食事を3日間し続けていきます。準備期間は非常に重要な期間となるため注意しましょう。

2.丸1日食事をとらない日は酵素ドリンクと水だけを飲んで過ごす。

準備期間が終わればいよいよファスティングダイエットの始まりです。基本的な1日間の方法をお伝えしましょう。ファスティングダイエットのやり方はとても簡単で、1日間水と酵素ドリンクのみで過ごすことになります。空腹に我慢ができない方はまず、ファスティングダイエットは1日のみ行っていくようにしましょう。3日間以上ファスティングダイエットをする際は、とても危険なので専門の医師の指示を仰ぎながら実践していかなければなりません。

sp1

3.復食期間を作る

1日間の断食が終われば準備期間と同様、重要な「復食期間」に入ります。復食期間とは断食状態でリセットされたからだを元の状態に戻していくことです。断食が終わってすぐ元通りの食生活に戻してしまうと、からだ中の臓器がびっくりしてしまいます。できるだけ固形物は控え、おかゆや味噌汁等の流動食から食べ始め、徐々に固形物にするといった形でゆっくりと戻していきましょう。

 

👉コンブチャ+酵素 720ml 酵素ドリンク 酵素 置き換えダイエット ファスティング 国産 アップル風味

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です