独立行政法人の数は?役員報酬や職員の給与はどれくらい?求人や採用はどこでみる?

独立行政法人とよく聞きますが、果たしてどういうものなのでしょうか?概要ではありますが、今回は独立行政法人を取り上げます。

独立行政法人とは

政 府の事業の内、大学・博物館・病院・研究機関など、独立して運営した方が効率的な部門を分離独立させた法人のことを言います。国家公務員ではなくザックリ 言いますと民間と同じことです。現在約100の独立行政法人があります。身分も異なり人事制度も独自構築するところもあり、評価や待遇は様々となっていま す。

役員報酬や給与について

いろいろと調べてみての平均値をご紹介します。

sp1

  • 事務職・技術職・・・平均約630万円
  • 研究職員・・・・・・平均約810万円
  • 病院医師・・・・・・平均約1300万円
  • 病院看護師・・・・・平均約480万円

医師などは別格としても大体600万円前後というのが相場となっています。ちなみに役員報酬ですが、理事長クラスで多いところで2000万円強。産業技術総合研究所の理事長は2296万円。すごいですね。理事も官僚OBであれば普通に1500万は超えるそうです。

採用・試験について

独立行政法人というのも大小様々です。職員数が40~50名から5000名くらいの所まであります。自前で試験を行う所から国家公務員試験の合格者から採用する場合もあり本当にいろいろです。

試験対策としても各独立行政法人で異なります。国家公務員試験を受けるタイプ、地方公務員試験と同じタイプ、SPIや独立行政法人独自の試験問題などそれぞれです。

sp1

結局は特定独立行政法人と非特定とは全く違うもので、特定の方は国家公務員採用試験の合格者から面接をして採用者を決定し、非特定は独自に採用面接を行い採用者を決めることが多いと重複しているかも知れませんが、読み取って頂ければ幸いです。

ちなみにですが、特定の有名どころは造幣局(財務省)や国立印刷局(財務省)統計センター(総務省)、国立病院機構(厚生労働省)などが挙げられます。

こちらは官庁的雰囲気が強いです。イメージとしてそうでないのが独立行政法人と思うとわかりやすい!?でしょうか。

検索の方法

全体的に掲載されているサイトを探そうとしても中々ありません。ピントを合わせて各独立行政法人の名称で検索するのが一番の近道です。自前のHPを持つところが多いので、そこで募集掲載にて情報を得るようにしましょう。

例えばですが、求人サイトをご紹介します。宜しければご活用下さいませ。

indeed

Indeed 求人

独立行政法人で検索すると多くの求人が出てきます。

リクルートエージェント

独立行政法人で検索すると求人が多く出てきます。

こちらは転職支援サービスに申し込む(無料)ことから始まります。

まとめ

数も多くてその独立行政法人ごとに内容も採用方法も様々なので、ピンポイントでここを知りたいと思う所の独立行政法人HPを検索されることをオススメします。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です