MISIAの本名は?結婚してる?出身高校や大学など調べてみました。

出典:SOUL QUEST(初回生産限定盤)

ブラックミュージックをベースに、ハイトーンの声が武器の多彩な才能を持った人ですが、メディア露出は少し少なめで本来のMISIAを知ることは難しい部分もあります。2015年の紅白歌合戦にも出演し、元気な姿を見せてくれました。今回はMISIAさんを掘り下げます。

プロフィール

  • アーティスト名 MISIA
  • 生年月日 1978年7月7日
  • 血液型 ?
  • 出身地 長崎県 対馬市
  • 所属事務所 リズメディア
  • 所属レコード会社 アリオラジャパン

MISIAの本名は?結婚してる?出身高校や大学など調べてみました。

sp1

MISIAさんの本名は、伊藤美咲さんと言います。女優の伊東美咲さんと勘違いしそうですが、別人で既にMISIA という名前が世間に浸透しているので聞いてもピンとこない部分があります。

アーティストネームのMISIAについてはオーディションのデモテープにMisiaと書かれていたのでそれがアーティストネームの由来となっています。

また出身地についても、長崎県や福岡県という事が言われていますが、どれも事実です。

その理由は、中学生時代に転校をしており最初に在校していたのが長崎県の対馬市にある厳原中学でしたが、そこから福岡県の吉塚中学へ転校したためです。

家族構成にも少し触れておくと、父親は医師で今現在は福岡県東区であおばクリニックを開業しています。しかしMISIAさんが学生時代にはまだ、長崎県の長崎医療センターなどで勤務した後地域医療を志して動き始めます。

母親も医師で、今現在旦那さんと一緒にあおばクリニックで小児科医として勤務されているようです。またお兄さんも居られて今現在あおばクリニックで医院長として活躍されているようです。

結婚については今現在していないようです。しかし過去には世界的指揮者の小沢征爾の息子、小沢征悦さんと交際していたことがあるようです。しかし結婚まで至っていません。その後の恋愛の噂は世間に公表されていないので今後の動向が注目です。

sp1

高校や大学については、福岡県の香住ヶ丘高校に進学しました。偏差値は65現在では英語コースが併設されて、国際化に力を入れている高校のようです。その後西南学院大学に入学しました。

幼少期から、音楽に囲まれた中で生活をしており高校在学時から黒人のボイストレーナーにボイストレーニングを受けて今現在5オクターブの音域をもっており、高いところから低いところまで歌いこなせるスキルを持っています。

1998年努力の甲斐があり、『つつみ込むように』でデビューを飾りました。まだ8センチCDの形態でリリースされイントロで流れる、コーラスがMISIA自身で入れたものと後から解り驚いたことを覚えています。

その後、2000年フジテレビのドラマ『やまとなでしこ』の主題歌にEverythingが起用され発売から15年が経った今現在でも結婚式で使われるほどの名曲となりました。またカバーされることも多い楽曲です。

また歌以外のクリエイティブの仕事にも、才能を発揮しておりMISIAがデザインしたメロンパンダが可愛いと話題になり、ぬいぐるみになって発売されたこともあります。また新たな何かを生み出す可能性があります。

まとめ

身体はとても小さいのですが、何処からそんなパワーが出てくるのかと思うほど声量に驚かされます。どれだけ喉に気を使っているのかと思う程ですね。また交遊関係も広く、ものまねタレントの清水ミチコさんとも交遊があるようです。

先日も、MISIAのオールナイトニッポンゴールドに出演したほどです。最近では紅白以外の歌番組には出演するケースが、少なくラジオ番組への出演が多いようです。歌番組では時間の制約があるので自由に歌えないので出演を嫌がっているかもしれません。

2016年もニューアルバムがリリースされ、全国を精力的に動いて行きそうな勢いを感じます。

また、女性アーティスト特にソロボーカリストで売れている人が少ないのでMISIAさんには頑張ってほしいそう感じました。日本だけではなく海外などにライブを行うように仕掛けて行っても面白いと感じました。

スポンサーリンク

関連記事

2 件のコメント

  • 先月熊本の復興でバンクバンドのフェスにゲストとしてMISIAが出ました。その歌声は圧巻で南阿蘇中に響き渡る程でした。それ以来夫婦でMISIAのすっかり虜です。

  • 昨夜鹿児島のMISIA Candle Night に行き、Live の MISIA に初めて接する事が出来ました。
    その歌声、トークの愛らしさ・奥深さ! ただ、ただ 感激にひたった一夜でした。
    限りない才能と溢れ出る優しさと。 あまりの感激に、しばらくボーッとして過ごしそう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です