川村元気のプロフィール。彼女はいる?結婚は?家族情報など。

出典:世界から猫が消えたなら [ 川村元気 ](楽天ブックス)

時代を彩ってきた感じがある川村元気さん。今後も沢山の作品をプロデュースして行きそうです。今回は川村元気さんを彫り下て行きます。

プロフィール

  • 氏名 川村元気
  • 生年月日1979年3月12日
  • 出身地 神奈川県 横浜市
  • 血液型?
  • カテゴリー 映画プロデューサー
  • 所属事務所 ?

プロフィール。彼女ははいる?結婚は?家族情報など。

sp1

川村元気さんの、肩書とはなんなんだろう?と考えることがあると思いますが、軸となる仕事は、映画プロデューサーです。映画プロデューサーの仕事を簡潔に言うと、映画になりそうなネタを探してきて、そのネタをお金が稼げるように仕上げる仕事です。

この場合は、デスクワークのような定型フォーマットがあって、完成させるような仕事ではなく、人脈や色々な手法を使って映画化にこぎ着ける仕事です。そのため常に新しいネタを探し日本、海外問わず飛び回っているかもしれません。

川村元気さんのキャリアのスタートは、映画会社東宝に2001年に入社した事からスタートします。入社した当初は大阪の劇場でチケットのもぎりを行っていたようですが、社内の企画応募案件に応募し、映画プロデューサーとして歩き始めました。

最初に手掛けた作品は、『電車男』。この作品は掲示板2ch上で起こった奇跡の恋愛ストーリーを映画化したものです。主演の電車男は山田孝之さん今ではCMや東京都北区赤羽等の作品で主演を貼り、役柄によって異なる表情を見せる役者となりました。お相手のエルメスは、中谷美紀さんが担当しました。この作品は映画のスクリーンだけでは収まらず、

フジテレビでもキャストを全く変えてドラマ化されて好評を博しました。

映画の興行収入は37億円で、200万人を動員しました。その後も『デトロイト・メタルシティ』、『告白』、『悪人』、『モテキ』、『バクマン』等のプロデュースを手掛け成功を収めました。まさに時代を先取りする感覚は素晴らしいものを感じます。その後作家としても活動を開始し、活躍のフィールドを広げています。

では、川村元気さんのプライベートに切り込んでいきます。彼女がいるのか?というところに興味が移って行きますが、基本的にサラリーマンであるため一般人なのでプライベートは公表されていません。

したがって結婚か?未婚か?というところも不明です。今後映画や書籍のプロモーション等で出演するたびに、プライベートがオープンになって行くものと感じます。今後の動向に注目したいもので家族情報についても不明です。

sp1

まとめ

クリエイティブな仕事は、出来ない人間から見るととても素晴らしいものです。例えば何かを作る人、番組制作や映画製作などどうやったら発想が出来るのか?常に何を考えているのかなどを考えてしまいますね。

その発想力をばらしてしまうと仕事が出来なくなってしまうかもしれませんが、少しぐらい手法をオープンにしてくれれば間接的にクリエイターを育てる事になる訳ですのでそれぜひそれを伝授してほしいものです。

やはりクリエイティブ脳を育てるには、ある程度型にはまった仕事をしていてはその領域を出る事は出来ないという事になります。しかし型にはまった仕事をしているとそこへ行く事は出来ないので基本ベースは頭が良い人という結論が出ます。

そういった人間が、所謂クリエイティブな仕事が出来る人材という事になるわけですが、これを勘違いして、非常識や無頼派を気取ってしまっては、単なる変人です。どうやったらクリエイティブな仕事として認められるか?

その答えはやはり、人と人の出会いで自分を引き上げてくれる人に出逢う事かもしれません。それが出来ればクリエイティブな仕事が出来るようになります。この自分の人生をコントロールする羅針盤的な人は意外と居ないので見つけるのは至難の業ですが、それが見つかった時には才能が開会するのではないでしょうか。

今後の川村さんに期待です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です