エアコン冷房で1ヶ月の電気代を計算!13個の節約術についても!

エアコンは冷房のほうが暖房よりも安い理由

夏の暑い季節になるとどのお宅でも冷房をつけるのではないでしょうか?もちろん、健康のことを考えて、冷房を使わずに、網戸、扇風機で過ごすという方もい らっしゃるかと思います。しかし、東京都心などコンクリート、アスファルトで固められた地域で生活しているとさすがにエアコンがないと少し厳しいかもしれ ません。

田舎であれば、土や草木が茂っているため網戸と扇風機で十分暮らせます。夜なんて網戸にするだけで都心でクーラーをかけるよりも涼しいのではないかと思え るほどです。そんなエアコンに関してですが、やっぱりつけっぱなしにして家の中で眠るのが気持ちいなんて思っていませんか。

内臓を冷やすのであまりおススメはできませんが、意外にエアコンって電気代が安いのはご存知でしょうか?ガンガン使っている人であればご存知かと思いますが、そんなに高くはありません。相当使っても5,000円以内にはおさまるかと思います。

sp1

逆に、暖房の場合は、ちょっと使うだけでかなりかかります。それこそ、油断して使いすぎると、軽く10,000円越えてしまいます。冷やすか温めるかの違いです。そんなに大きな差が生まれるものなのでしょうか?

zu2

実は、エアコンでは冷房と暖房で運転方法が全く異なるため電気代に差が開くようです。エアコンは気化熱を使って部屋の空気をコントロールします。冷房の場 合は、室外機から冷媒が室内機へと送られることで、冷媒が気体へ変化し、気化熱により部屋から熱を奪い冷たい空気を流し部屋を冷やすことができます。

暖房の場合はどうかといえば、冷媒の流れる向きが冷房とは逆になり、一度部屋の空気から熱を奪った冷媒をさらに圧縮機で高温高圧にして空気を暖めて部屋に放出するのです。まずは、暖房の場合二回の工程を行うというところが冷房と異なる点です。

たとえば、室内の適温を25度にするとなると、冷房の場合は基本的に夏になりますよね。夏は暑いといっても、30度ぐらいが普通でしょう。ですから、25度にする場合5度下げれば良い話です。それには、5度程度の風を部屋に送り込めば十分達成できる温度とのこと。

ところが、冬は、0度とかマイナスになりますので、25度にするには夏よりもたくさんのエネルギーを使わないとできません。実際に、50~60度の熱風を発生させないことには部屋の温度を暖めることが不可能になります。つまりは、エアコンと暖房では使うエネルギーの量が全く異なるためそれだけ電気代も変わってくるということです。

エアコン(冷房・暖房)1ヶ月あたりの電気代を計算!

dentaku

エアコンの計算式

消費電力(W = ワット) × 使用時間(時間) × 1時間当たりの電気代 = 電気代

この計算に当てはめると、エアコンの電気代を算出することができます。しかし、問題なのは消費電力というのが、各種メーカーや製品によって大きく異なりま す。良いものであれば消費電力は低く抑えられますし、掃除を怠ることでまた消費電力が上がります。ただ、一般的にはこのようになっております。

6畳用エアコン:消費電力 約500W/冷房能力 2.2kW
8畳用エアコン:消費電力 約580W/冷房能力 2.5kW
12畳用エアコン:消費電力 約1.3kW/冷房能力 3.6kW

1時間当たりの電気代は一般的に、25円91銭ですので、1wにすると0.02591となります。これを当てはめて計算すればおよそのエアコンの電気代を算出することができます。

6畳用エアコン:約310.9円
8畳用エアコン:約360.7円
12畳用エアコン:約808.4円

となりますね。

だけど、これも、メーカーや機種によって異なるのと同じ話で、たとえば、夏でもパソコンを使っていればそこから熱が発生します。それを冷やすわけですから さらに電気代は食いやすくなります。冬もカーテンを閉めないでと閉めるとでは保温性が大きく異なります。そういった意味でこれはおよその計算として頭の中 に入れておきましょう。

エアコン(冷房)の電気代を節約するには?

okane

1 テレビとパソコンを消す

これでそこまで電気代を節約できるのか?と思われるかもしれませんが、かなり効果的です。理由はテレビやパソコンは熱を放出するため部屋を暖めてしまうのですね。しかし、それらを消しておけば余計に温度を冷やす必要もなくなるため電気代節約になるのです。

2 扇風機を併用する

エ アコンをつけながら扇風機を使うと相当涼しいです。これを普通にやってしまうと扇風機の電気代がプラスアルファされますのでよろしくないのですが、普段 20度に設定するなら、エアコンの温度を28度にして扇風機を使うだけでも涼しくなりますし省エネになります。このとき、冷房の向きを上にするとさらに部 屋は冷えます。

sp1

3 設定温度は27~29度

23度ぐらいすれば確かに部屋はキンキンに冷えるので、気持ちは良くなりますが、体のため環境のためを考えれば28度がベストなのです。ちなみに設定温度を1度上げるだけで10%の節電効果がございますので、50%も節電できます。

4 つけっぱなしにする

つ けっぱなしにしたら電気代は食うのではないか?と思うかもしれませんね。実は違いまして、エアコンをつけてからはじめの1時間でおよそ20円かかります。 その後の1時間は5~10円になりますので、1時間おきに消していたら毎回20円取られます。しかし、つけっぱなしであればそれははじめだけで、あとは 5~10円程度になります。

5 カーテンを閉める

窓になにもかかっていない状態にすると、日光や熱が入ってくるためカーテンやブラインドで遮断します。これにより外からの熱が入りにくくなるため効率よく部屋を冷たくすることができるのです。

6 冷房の近くにものを置かない

たとえば冷房の直下に家具を置いてしまうと冷気がそこから遮断されますので、効率よく部屋を冷たくすることができなくなります。ですから部屋の配置をしっかりと行いましょう。

7 オフシーズンはコンセントを抜く

コンセントを刺しているだけで待機電力を使ってしまいますので、エアコンを全く必要としない時期はコンセントを抜いておきましょう。本当にごくわずかではありますが、年間300円の電気代を節約することができます。

8 室外機にシートを乗せる

室外機に銀のシートやすだれを使って日陰を作るだでも節電ができます。ポイントは吹き出し口をふさがないように上の部分だけにかけるようにします。これだけで、5~10%の節電が可能になります。

9 壁から室外機を離す

壁に室外機を密着させずに、斜め15度離すことで通気性が良くなりこれだけで稼働効率が20%もアップします。これは暖房の場合も使える方法なのでぜひやってみてください。

10 フィルターを掃除する

フィルターに汚れがたまっていれば当然稼働効率が悪くなります。何年も掃除をしない人がいますが、最低2週間に1度は掃除を行うようにしましょう。それにより、稼働効率が5~10%も上がります。

11 扇風機だけで過ごす

体育会系の方法ですが、慣れると楽にできます。網戸をしっかりと空けて、扇風機を回すだけ。夏は暑いものと逆に夏の暑さを楽しみながら過ごすのも良いかもしれません。これができるようになればエアコン代は一切かかりません。

12 外の空気を部屋に入れる

網戸にしたら扇風機を回し部屋の空気を外に出します。そして逆側の窓を開けて網戸にしておくことでそこから空気が入ってきます。自然の冷たい風が入ってくるので気持ち良いです。

13 できるだけ動かない

動くことでエネルギーを使いますので体が温かくなります。ですから動かずにじっとしながら扇風機を浴びるのもクーラーを使わずに済みます。

節電母さん

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です