鉄道写真家 中井精也のプロフィール。結婚してる?使用カメラや評判など。

出典:カメラは魔法の小箱です

鉄道を写真に撮ることこれを撮り鉄と呼ばれるぐらい認知度を、高い状態となりました。しかしプロとして鉄道を撮る鉄道写真家中井精也さんを今回は掘り下げて行きます。

プロフィール

  • 氏名 中井精也
  • 生年月日 1967年10月4日
  • 血液型 ?
  • 出身地 東京都
  • カテゴリー 鉄道写真家
  • 所属事務所 フォートナカイ

プロフィール。結婚してる?使用カメラや評判など

sp1

幼少期から、鉄道好きで鉄道関係に就職などするわけでは無く、大学は成蹊大学法学部に進学しましたが、鉄道に対する熱い思いが止まず大学卒業後に、東京写真専門学校へ進み、鉄道写真家真島満秀さんに弟子入りを果たします。

1996年に師匠から独立し、友人の山崎友也さんとオフィスレイルマンフォトオフィスを設立しました。しかし2014年に父親が副業でやっていたフォートナカイを引き継いで独立し現在に至ります。

中井精也さんのモットーは、1日1鉄そう一日一枚鉄道を撮る。その宣言通り日夜撮影する傍ら、『多摩川ゆる鉄写真室』、で講師を務めるほかワークショップなどもこなしています。

そのほか、NHKBSで月一回放送されている『てつたび』に出演し地道にファンを獲得しています。

写真集やカレンダーもリリースされ、注目が集まる一人です。また、2015年『中井精也写真集1日1鉄』が第46回講談社出版文化賞も受賞しています。個人的な趣味嗜好としては初音ミクが好きなようです。

好きというところを通り越してミク廃と自分を称しているようです。確かに初音ミクのクリエイターは、レベルが高いこともありますし、人間が歌う時のような制約がないのでハマるとすると抜けることは難しいという事は解りますね。

ここまで簡単に来歴を書いてきましたが、もう少しプライベートに切り込んで記事を書いていきます。気になるところは結婚しているのか?というところですね。実は結婚しており、子供も二人いるという話です。

奥さんの名前は、中井満紀子さんと言いフォートナカイの代表取締役を務めています。そのため中井精也さんは写真に専念、経営は奥さんが舵取りを行なっているという完全なる二人三脚という状態です。

子供については長男の名前が楽人(がくと)くんと言い現在高校1年生で小学生の頃は生き物への興味が強く、どうやらお父さんとは違う方向性へと進んでいく可能性が高そうです。

また、長女は現在小学生で名前をひなのさんと良いお父さんとの仲はとても良く二人で出掛けることもあり親子仲は良好です。では最後に中井精也さんがどんなカメラを使用しているかについて書いていきます。

sp1

使用しているメーカーは特に決めていないようで、オリンパスや富士フイルムなどいろいろなメーカーを使用しています。もっと詳しく知りたい場合は、(URL: http://ganref.jp/m/railman/equipment)を参照して下さい。

人間的にはあまりに写真に対し一生懸命になりすぎて、良い写真を撮るため私有地の枯れたススキを勝手に刈り撮影し、デジタルカメラマガジン社が謝罪文をサイトに掲載するちょっとした騒ぎを起こしてしまいました。

写真のことになると、目の目のことが見えなくなる危ないたちの人なのかもしれません。

まとめ

ある意味では需要はこれからも増えそうですし、鉄道写真家という職業自体があるのかと言うこともイマイチ解っていませんでした。というのも写真家を一括りとして見ていたからでした。

他人と差別化してどの様な鉄道写真を撮り続けるかが少し興味があります。またそれが出来ないと鉄道写真家として生き残ることは難しいでしょう。また今後も私有地の植物を切るなどのダメダメな行為を行なう可能性は否定出来ません。

また一日1鉄問うキャッチフレーズには、なんか俺はこれで生きていくぞと言う強ささえ感じることがありますね。今後の作品のアプローチがとても楽しみです。今度はタモリ倶楽部当りのサブカル番組に出演してほしいものです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です