荻上直子の結婚した夫情報。性格や評判は?メガネのメーカーはどこ?

出典:バーバー吉野 スペシャル・エディション [DVD]

今回は映画監督の、荻上直子さんを様々な角度から掘り下げて行きます。

プロフィール

  • 氏名 荻上直子
  • 生年月日 1972年2月15日
  • 血液型 ?
  • 出身地 千葉県
  • カテゴリー 映画監督

結婚した夫情報。性格や評判は?メガネのメーカーはどこ?

 

荻上直子 画像

sp1

荻上直子監督の結婚した夫の情報ですが、正式に籍が入っているわけではなく事実婚のようです。今は、ライフスタイルも多種多様に変化を起こし、男女が付き合ったら婚姻届けという書類一枚で縛られるのが嫌だと言う考え方を持つ人もいます。

これについては、人の人生なので何も言えませんが一つの手段と言えるかもしれません。

 

また、子供もいるようで2012年に双子の女の子を出産しているようです。また、夫が一般人故詳細情報はありませんでした。

性格的には、映画を見ると解りますが基本的に、淡々とした人なのかなそんな事を思ってしまいます。と言うのも荻上直子さんが監督した作品『めがね』を鑑賞したことがあるのですが、淡々と始まって終わる

そんな印象を抱いてしまいました。あまりエキセントリックな作品や劇的にストーリー展開が変わるなどの作品は撮らないようです。また、彼女の性格を探るために経歴に触れて行きます。

卒業した大学が、千葉大学工学部画像工学科を卒業しました。元々一眼レフカメラで風景を撮影するのが、好きだったようです。写真関係に進んで行くのかと思いきや、『周りに上手い人が沢山いた』と言う理由で写真関係には進みませんでした。この選択を考えると性格的にあっさりしていると言うべきか?それとも見切りが速いというと言うべきか凄いなと思います。

一般的な考えなら写真の世界にしがみついてその中で糸口を探るのかも知れませんが、新たな路を探り動き出していきます。それは大学の友達とパラパラ漫画を制作したとき、彼女の中で新たな感情が生れたようです。

それは『人を動かすのって面白い』これをきっかけに映画の方へと気持が動いて行きます。その後大学を卒業し、南カリフォルニア大学大学院映画学科に進んで映画の勉強を開始していきます。

2000年に帰国すると、短編映画を制作しました。タイトルを『星ノ君・夢ノ君』と言い、2001年のぴあフィルムフェスティバル音楽賞を受賞しました。やはりスタートの時点から何か光っていたんだと感じました。

性格についてまとめてみると、これは駄目だと感じたらさっさと撤退する。行けると決めたら猪突猛進に進んで行くという性格では無いかと思いました。続いては評判についてネット上の声を拾っていきます。

(ツイッターから引用)

さしこ ⌂↟さし工房 �‏ @sasisuseso912  2時間2時間前

その他

sp1

映画なら、ファンタジー系(ホビット、ロードオブザリング、ファンタビ、ハリポタ)、個性的な邦画(園子温監督とか)やナチュラル系邦画(荻上直子監督とか)が好物です(//ω//)

海外ドラマは、ファンタジー系(ゲームオブスローンズとか)か推理系(ボーンズ)が好きですね(*´ω`*)

あやか‏ @ringo1995jy  3月26日

その他

観てきた。雨×ひとり×映画。最高☺️

すっごいよかった。荻上直子さんの作品っていつも綺麗、、

池田 佳代‏ @hakutolz  3月25日

その他

彼らが本気で編むときは、の監督荻上直子さんだったのか。元々見に行きたい映画だけど荻上さん監督と聞いてさらに行かねば。でもまだやってるかな

1件の返信 0件のリツイート 0 いいね

返信  1   リツイート

いいね

む ぴ こ‏ @greenbirdfinger  3月24日

その他

彼らが本気で編むときは、なんで観るの躊躇したんだろうって考えてみたら監督荻上直子じゃん。レンタネコの人じゃん。雰囲気オシャレ映画の人だという偏見があったわすまんな…

0件の返信 0件のリツイート 0 いいね

返信    リツイート

いいね

cat_tkn‏ @cat_tkn  3月24日

その他

荻上直子監督の「めがね」を観ました

ちょっと黄昏ましょ

(引用終了)

評判が良いですし、荻上直子監督の映画は見た後それぞれの心の中に、色々な景色が残るのかも知れませんね。

続いては使用しているメガネについて書いて行きます。調べて見ましたがメーカーなどの詳細情報はありませんでした。めがねという作品が有名で監督自身が使っているメガネについて注目するインタビュー記事はありませんでした。ちょっと気になったんですけどね。

まとめ

映画監督によって本当に撮る作品は様々で、こんな映画ありなの?と言う作品から正当派の物までいろいろな作品がありますが、荻上直子さんの作品は、これという条件提示や提言はせず、見た人の心の中に何かを残す独自なやり方を示している様な気がしますね。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です