NHKアナウンサー押尾駿吾のプロフィール結婚している?大学は?性格やアナウンサーとしての評判は?

初任地の鹿児島放送局を経て、

平成31年春に和歌山放送局に赴任した

フレッシュな若手アナ、押尾駿吾。

sp1

和歌山局の夕方のニュース番組『ギュギュっと和歌山』の

メインキャスターに就任しました。

新コーナー「駿吾がおじゃまします」は

押尾アナ自ら「ビビット」来た和歌山県内の市町村を訪問し、

生中継で魅力を伝えています。

一体どんな人物なのか。

プロフィールから見ていきましょう。

NHKアナウンサー押尾駿吾のプロフィール

  • 名前:押尾駿吾(おしお・しゅんご)
  • 所属局:和歌山放送局
  • 入局:平成28年
  • 出身地(生育地):千葉県
  • 誕生日:
  • 好きな食べ物:和菓子
  • 趣味:野球、野球観戦、美術館巡り、旅行
  • 特技:整理整頓
  • 心身リフレッシュ術:熱いお風呂に浸かる。温泉巡り。
  • モットー:歩け。歩け。続けることの大切さ。
  • 経歴:鹿児島放送局を経て和歌山放送局へ。
  • 現在の担当番組:『ギュギュっと和歌山』メインキャスター(平日・午後6時30分)

身長は?

身長については公表されていませんでした。

推測してみましょう。

『旬感☆ゴトーチ』に出演した際のゲスト迫田孝也さんと

ほぼ同じくらいの身長でした。

迫田さんは、171センチですから、

170センチ台前半と推測できます。

結婚している?

結婚しているかどうかなどプライベートに関する

公式の情報はありませんでした。

ネット上にも詳細を見つけることができませんでした。

大学は?

学歴に関する公式な情報はありませんでしたが、

押尾駿吾アナウンサーと

同姓同名で、卒業年も一致する修士論文を見つけました。

『日本における外国人児童・生徒の不就学問題に関する研究.

~自治体調査を通じて~』というテーマで書かれています。

これが押尾アナのものだとすると、

東京大学大学院 新領域創成科学研究科 国際協力学専攻が

最終学歴のようです。

もしアナウンサーになっていなかったら

外交官になっていたかもしれないと公式プロフィールでも

明かしていますから、可能性は高いと思います。

性格やアナウンサーとしての評判は?

初任地・鹿児島での生活は、2年9ヶ月。

新人として来て右も左も分からず、

最初は不安に思う日もあったそうですがが

心の支えとなったのが、

温かく見守ってくれる鹿児島の視聴者の存在だったそうです。

「押尾くん、いつも見てるよ!」 と

街中で声をかけてくれる人も段々と多くなり、

力をもらっていたとブログで語っています。

取材先でもたくさんの出会いがあったようです。

3年弱の間で、離島を含め、たくさんの場所を訪れ、

行く先々で一つのことに打ち込む人たちの姿に触れた押尾アナ。

「経験を語り継ぎたい。」「自然、伝統を守りたい。」

「人や街を活気づけたい。」「苦しんでいる人を助けたい。」

という各地の人々の思いが

“エネルギーのシャワー”となって

sp1

仕事の活力になっていたといいます。

新人として多くのことを学んだことでしょう。

そして、地元の人たちにも

可愛がられるアナウンサーであったようです。

Twitterの声を見てみましょう。

“西郷どん放送直前トークショー

司会はNHK鹿児島の押尾駿吾アナ。

そこら辺の若手俳優も負けるんじゃないかってくらい

かわいいんですが…かわいいんです!!“

“西郷どんトークはすすみ、

押尾アナが

「西郷どんといえば鈴木さんですよね!

今日はこちらにきてらっしゃいます!!

みんなで呼んでみましょう!せーの鈴木さーん!!」

会場ざわつく(亮平さんこないよね?いやまさかー)

で、登場したのはドランクドラゴンの鈴木さんでしたw“

“NHK鹿児島の押尾アナ、高山をたかやま、と。

万世は読めたか?“

“押尾アナ👀 成長したなーって思う!

安定したニュース読み。ダメ雄は…相変わらず😒

#NHK鹿児島“

ユーモアがあるアドリブも得意のようですね。

新人ならではの失敗もあったようですが、

成長を見守る声が多数でした。

和歌山放送局に赴任した押尾アナを

和歌山の人たちも歓迎しています。

“押尾アナきた!

和歌山にイケメンくるぞー!

和歌山はみかん美味しいからぜひ食べて!

あと和歌山ラーメンとまりひめとグリーンソフト…

食べ物ばっかり!

白浜も来てね!

あとわからんことあったら安田アナとかの先輩アナに聞いてね!“

まとめ

新人として奮闘していた押尾アナも

現在は夕方のニュースの顔を務めるなど

だんだん任される仕事が増えてきました。

これからも多くのことを吸収して

早く全国放送でその勇姿を見てみたいですね。

今後の活躍に期待しましょう!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です