NHKアナウンサー丹沢研二のプロフィール結婚してる?大学は?性格やアナウンサーとしての評判は?

 

◆NHKアナウンサー丹沢研二のプロフィール◆

  • 名前:丹沢研二(たんざわ・けんじ)
  • 入局:平成16年
  • 所属局:東京アナウンス
  • 出身地(生育地):埼玉県春日部市
  • 誕生日:昭和56年4月11日生まれの38歳
  • 好きな食べ物:ほかほかご飯と明太子
  • 趣味・特技:読書、朗読、お絵かき、観光案内
  • 心身リフレッシュ術:子どもと遊ぶこと
  • モットー:三方よし(視聴者にとって面白く、取材相手の正しい姿を伝え、自分自身も納得できる番組を作ること)
  • 経歴:仙台局、福島局、佐賀局、京都局を経て東京アナウンス室へ。

現在の担当番組:

『首都圏ネットワーク』メインキャスター(平日・午後6時10分)

◆結婚している?◆

公式プロフィールやブログなどで

子どもがいることを公表していることから

sp1

結婚して幸せな家庭を築いているようです。

リフレッシュ術に子どもと遊ぶことを挙げています。

趣味の朗読やおえかきなども

お子さんが喜びそうですね。

家庭では、理想的なイクメンなのかもしれません。

◆大学は?◆

丹沢アナは、早稲田大学を卒業しています。

ただ、どのような学生生活を過ごしていたのかなど

これ以上の詳しいプライベートの情報は

公式には発表されておらず

ネット上にも上がっていませんでした。

今後、ブログなどで発表してくれることを祈りましょう。

 

◆性格やアナウンサーとしての評判は?◆

丹沢アナの人となりを探っていきましょう。

丹沢アナが大切にしている言葉は

「ありがとうございました」だと言います。

京都局で担当していた夕方のニュース番組

「京いちにち」の終わりには毎日欠かさず

「ありがとうございました」と言うことにしていたそうです。

 

この言葉を使うようになったのは、

佐賀局での経験なんだそう。

取材先などでお世話になった人たちの顔が浮かんできて、

「番組を観て下さる方に出来る限りお礼が言いたい」

という気持ちになったといいます。

 

番組を見てくださる方や

取材に協力してくださった方に

いつも持っている感謝の気持ち。

sp1

丹沢アナは

人として、伝え手として大切なことを

心に留めているアナウンサーなのですね。

また、ライフワークで朗読に取り組んでいるようです。

ラジオ番組の朗読を時折担当しているほか、

前任地の京都では、

夕方のニュース番組のメインキャスターを務める傍ら、

時間があれば朗読会を開いていたそうです。

朗読会を聴きに行った方からはこんな声が上がっています。

 

“丹沢さん、お疲れ様でした🎵読書会楽しかったです🎵”

“【京の朗読会】司会進行とトリを務められたのが、

丹沢研二アナウンサー。

司馬文学にも日本史にも精通されているようで、

「燃えよ剣」という作品の根底には

「滅びの美学」が描かれているとして、

新撰組が京を去る前夜の場面を、情感たっぷりに語られていました。“

 

“京の朗読会、四者四様で、とても楽しめました。

丹沢アナはいつもあんなドラマチックな読みなのですか。

ちょっとホレてしまいました  (*´∀`*)“

ローカル局のニュース番組を担当することが多かった丹沢アナ。

安定感があるようです。

“丹沢さんはいつ台風中継から解放されるんだ…。

丹沢アナのアナウンスなら安心して見てられるのは確かだが。

#NHK #NHK京都 #丹沢アナ #丹沢研二“

 

さらに、

佐賀では自転車で県内を一周したり、

京都ではミニドラマで九条ねぎ役に挑んだりと

各局では記憶に残る企画に挑戦していたようです。

 

“丹沢アナは佐賀放送局時代に

ガチで自転車で佐賀県一周した素敵アナです。

好きじゃーあなたはもっとメジャーになるべきやー“

 

“京いちにちに丹沢さんがいない!

ネギ役やってたホンマに優しさあふれる丹沢アナウンサー(;_;)

東京で丹沢さん見てる人がうらやましいです。“

まとめ

Twitterの反応をまとめると、

今まで積み重ねた仕事を高評価する声が多数でした。

38歳にして東京進出を果たした丹沢アナ。

全国放送で見られる日が楽しみです。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。