トマトダイエットの効果的な方法と正しいやり方とは?

トマトにダイエット効果がある理由とは?

これまで様々なダイエット法がありました。朝バナナダイエットやらリンゴダイエットやら、その中で今回注目していきたいのはトマトダイエットというものです。

リンゴやバナナであれば、食物繊維が豊富ということからもダイエットに効果的であるというイメージがなんとなく湧いてきますが、トマトは確かに健康には良さそうです。

しかし、痩せる効果があるとなるとちょっとイメージが湧きにくいかもしれませんね。これは、京都大学の河田照雄教授らの研究チームによるマウス実験の結果なのですが、肥満から糖尿病となったマウスにトマトを与えたところ、血中の脂肪増加を抑制するという実験結果が報告されました。それは、トマトに含まれている「13-オキソ-9,11-オクタデカジエン酸」が作用しているということです。

sp1

つまり、マウスの実験結果ではありますが、トマトはダイエット効果が高い食べ物であるということがわかったのです。そこで、肥満症、糖尿病、脂肪肝をトマトで改善することができるのではないだろうか?と考案されたのがトマトダイエットです。

1日のトマトの摂取量はどれぐらい?

マウス実験で与えたトマトの量を人間の比率で考えると、トマトジュースを1杯もしくは、毎食トマトを2つ食べることがトマトダイエット成功のポイントです。しかし、市販のトマトジュースの場合、塩分や食品添加物を入れていたり、過熱しているためオススメできません。

できれば、生のトマトを2つ食べるか、それをジューサーにして食べるなどをしましょう。そうすることにより酵素も働きダイエットだけではなく肌の調子や身体の調子もよくなります。

トマトのあの酸っぱさが苦手だという方や、なんか味気ないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。一番良いのは、その味をしっかりと美味しくいただけるようにトマトを食べ続けることなのですが、

なかなかそれも難しい方もいます。そこで、4つに切ったトマト2個に黒砂糖おおさじ一杯をかけてあげるとスイーツのようで美味しくなります。黒砂糖は少し苦味がありますが、ミネラルがたっぷりと入っているため、健康的に甘さを加えるにはよい調味料なのです。

トマトを食べるだけで本当に痩せるのか?

トマトダイエットの効果は研究結果の通り、血中にある脂肪の増加を抑制するものです。しかし、だからといって過剰に脂質の高いものを摂取していたり、甘いものをたくさん摂取していてはダイエット効果を活かすことはできません。

そのためトマトで脂肪燃焼をサポートしながら、バランスの良い生活を送り、適度な運動を行っていくことが必要になります。あくまでも、ダイエットサポーターの一つとして考えましょう。

トマトダイエットにオススメなレシピは?

sp1

生のトマトを食べ続けるのは一番良いことですが、そればかりずっと食べ続けていくのは難しいかと思います。どうしても飽きてしまい、なかなかトマトを食べられなくなってしまうかもしれません。それではトマトダイエットは成功できません。そこで、レシピを変えて食べることをオススメします。

トマトの黒砂糖あえ

トマトを食べやすい大きさに切って、黒砂糖をかけるだけです。甘くておいしくいただくことができます。

生トマト

生のトマトをそのまま食べてもよいですし、切って食べてもよいです。ナチュラルな甘さと酸っぱさがおいしいです。

トマトジュース

生のトマトをジューサーで潰し、ジュースにします。ここにはちみつや黒砂糖を加えても美味しいですね。

トマトスープ

生のトマトだけですと飽きてしまうかもしれません。そこで、加熱調理もとりいれてみましょう。トマトを細かく刻んでコンソメスープなどと一緒に煮込むだけです。非常に簡単で美味しく作れますのでオススメです。

トマトダイエットが生きるのも、低カロリーなためです。とくに、油をつかったイタリアンにしてしまうと、カロリーが非常に高くなってしまいます。できるだけ低カロリーで食べられる料理がトマトダイエット成功のコツです。

 

[amazon]トマトダイエット実践BOOK―保存版! (ぶんか社ムック)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です