寝る前はちみつダイエットの効果的な方法と仕組みを解説!

ダイエット期間は本当に辛い毎日。


ある程度の食事制限、あるていどの運動、これを毎日継続的に行っていればダイエットの成果は少なからず出るものです。ですが、ダイエット初心者がいきなり話題のダイエットに挑戦したところで上手く行かないことが多かったりします。
運動もほとんどしたことがないような方がいきなり運動系のダイエットをはじめたところで、翌日体中が筋肉痛になってしまったり…食べることが大好きな方がダイエットに挑戦してみたら糖質を制限しなければいけない…
これでダイエットが続くわけがないんです。人間は慣れないことをするとすぐに辞めてしまいたくなるものです。ですから、いつも話題のダイエット方法を追い求めてしまうのです。
「前回の○○ダイエットはきつすぎる…」「よし!今回のこのダイエット法は自分に合ってるかも。」「いや、やっぱり駄目だった…」このようにぐるぐると回ってしまうんですね。
それは仕方のないことですし、別に悪いことではないと思います。やはり、ダイエット方法は人の性格、環境と同じ数だけあると思います。その中から自分に合っている方法を見つけるのが一番の近道かもしれません。

甘いもの好きには必見!寝る前はちみつダイエットとは?


特に、ダイエット挑戦者で挫折が多いのは、「甘いものを制限されてしまう。」というところも大きいかと思います。甘いもの好きな人が突然無理して甘いものを辞めることになったらどうなると思いますか?
もちろん、ダイエットのためだと一時的には頑張ります。ところが、あるときちょっとした拍子に甘いものを食べてしまい、それがきっかけで一気に度か食いしてしまうのです。これがリバウンドというものなのですが…
そのような状態に陥るので、甘いもの好きな人は特に気をつけていただきたいのが、急激に甘いものを断つというのは避けた方が良いです。しかし、甘いケーキなんかはダイエットの天敵です。
そこで、開発されたのが寝る前はちみつダイエットというものです。方法もいたって簡単で、夜眠る1時間ほど前にスプーン大さじ1杯のはちみつをお湯に溶かして飲むだけです。
確かにがっつりと甘いものを食べれるわけではありませんが、毎日のご褒美感覚で寝る前にあまいはちみつ湯を飲めるのです。甘いもの好きなダイエッターにはまさにおすすめな方法と言えるでしょう。ただ、条件がございますので簡単にご説明いたします。

1 純粋蜂蜜を使用する
はちみつというと手軽に購入できるイメージですが、安いものの大半は「純粋はちみつ」と書かれてありましても、砂糖で薄められているものがほとんどです。なので必ず本当の純粋はちみつを使用しましょう。それでないと、砂糖を摂取することになりますのでダイエット効果が生きません。

sp1

2 眠る1時間前に飲む
眠る直前ではなく目安としてはその1時間ほど前にはちみつ湯を飲みましょう。はちみつ湯はお好みに合わせて濃度を調整すると良いかと思います。甘いものが吸くなのであれば湯の量を少なくすると良いです。

3 良質な睡眠をとる
はちみつダイエットとは睡眠中の脂肪燃焼効果を高めるものです。ですから、その睡眠の量も大切ですが睡眠の質がとても重要になってきます。睡眠不足は食欲を増進するグリセリンというホルモンがたくさん分泌されますので太りやすい体質を作ることになります。これでははちみつダイエット以前の問題になりますから常に寝室環境を良くして良い睡眠がとれる状態にしておきましょう。

睡眠中に分泌される成長ホルモンが脂肪燃焼のカギ?


普通に考えると眠っているときは太りやすいのではないか?と思われるかもしれませんが、実は逆で、眠っている間は代謝が行われているため筋肉が作られ、脂肪が燃焼している状態なのです。
しかし、そこに関係しているのは成長ホルモンです。この成長ホルモンがたくさん分泌されることで代謝も良くなります。また、基本的な部分ですが成長ホルモンの量を増やすためには寝る時間が重要になります。

sp1

そして、良い睡眠と同時にはちみつを摂取することでなぜ良いかというと、糖質の摂取で肝臓の働きを活性化してくれるのです。特にダイエット中は糖質の制限を行うことも多いため、肝臓の働きが弱くなることがあるのです。つまり、良質な睡眠と適度な糖質によって成長ホルモンの分泌が円滑になると言えるのです。

はちみつには美容と健康に良い成分ばかり


糖質を摂取するという意味であれば、別にはちみつでなくとも良いわけです。ところが、寝る前はちみつダイエットということで、しっかりとはちみつを摂取すべき意味があるのです。
白砂糖は糖質しかなくその他に期待できる栄養成分はございません。しかし、はちみつには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、抗酸化物質、ポリフェノールなどが含まれています。
同じ糖質といえどもその栄養価の差は大きいです。特に代謝を行う上で、アミノ酸、ミネラル、ビタミンは必要です。さらに、都合の良いことにはちみつには、代謝に重要なビタミンB群、亜鉛が含まれています。肝臓のエネルギーとなる糖質の摂取と同時に、エネルギーを燃やすうえで重要な栄養素も同時に摂取できてしまうのです。

はちみつだけに頼るのはダメ!


寝る前にはちみつ湯を飲んでいるからといって確実に痩せることができるかというとまたそれは違う話しです。普段の食事バランスもととのえないといけません。
ご飯を何杯も食べていてダイエットとは程遠い状態ではちみつだけで効果を得られるかといったら得られません。白米も食べ方によっては太りませんので白米ダイエットと併用してみるのは良いかと思います。
そして、睡眠が重要なこのダイエットを成功させるには、「日中外に出る」「軽い運動を行う」ことをオススメします。日光を浴びることで体内時計をリセットさせて夜眠りやすくさせることができます。その上、軽い運動をとりいれればダイエット効果はもちろんのこと、眠気効果を促せます。
このように、はちみつだけに頼るのではなく、他のダイエット方法や深い眠りを促すための習慣化が重要になります。ただ、そこまでハードなダイエットを行わずとも実践できるのでオススメです。とりあえず一週間実践してみて効果がみられるか確認してみましょう。

👉【amazon】はちみつの売れ筋ランキングはこちら。

👉【楽天市場】はちみつ売れ筋ランキングはこちら。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です