味噌汁の脂肪燃焼効果を活用したダイエット方法!【成功法・やり方】

味噌汁は朝と夜のどちらに飲むべきなのか?

子供のころや学生のころなど、実家暮らしの場合親御さんが毎朝ご飯のときに味噌汁を出してくれますよね。もちろん、場合によっては違うものを作ってくれるかもしれませんが、日本の文化では古くから味噌汁を食べてきました。しかし、一人暮らしをしていると毎朝味噌汁を作るのが難しいのではないでしょうか。

また、味噌汁は朝に食べると良いというイメージが強いくはないでしょうか。「味噌汁は朝の毒消し」なんていいますよね。もちろんそれはそれでしっかりと意味があり、ビタミンB群、アミノ酸などをはじめとした栄養成分が眠っている体を起こしてくれるのです。これから活動するという意味では朝に栄養価の高い味噌汁を飲むのは有効です。

sp1

しかし、夜飲むことで、ダイエット効果、動脈硬化、高血圧の予防、美肌効果、便秘の解消といった健康効果が期待できます。それに、具だくさん味噌汁であれば、野菜もたくさん食べることもできますので、良い栄養補給になるのです。ここではダイエットを中心とした脂肪燃焼効果を高める味噌汁の飲み方や作り方について解説します。

なぜ味噌汁はダイエット効果が高い食品なのか?

味噌汁ダイエットというものが登場するぐらい味噌汁には高い脂肪燃焼効果が期待できます。しかし、なぜそこまで高い脂肪燃焼効果が期待できるのでしょう?理由は味噌にあります。味噌はもともとと言えば大豆ですよね。

その大豆にはたくさんの健康成分が含まれています。例えば大豆サポニン。これはコレステロールや脂質の酸化を抑制してくれます。さらには代謝の促進効果も得られます。そして、ペプチドには腸内環境の調整効果があり、レシチンには摂取しすぎた余計なコレステロールを体外へ排出する効果がございます。

また、この大豆の主成分はタンパク質ですが、タンパク質を食べることで胃の中でアミノ酸へと消化分解されます。アミノ酸は摂取し筋肉に変えられることでも代謝を高めることができますが、BCAAなどそれだけで脂肪の燃焼を期待できるアミノ酸もございます。「BCAA「ダイエット系アミノ酸」の脂肪燃焼効果が凄い!」

この他にも、脂肪の代謝に必要なビタミンB群、ミネラル、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンなどダイエット成分だけではなくとにかく健康成分が豊富なのが大豆製品なのです。

味噌汁の発酵食品の効果で脂肪燃焼を!

発酵食品の多くはダイエット効果が高いということは周知されています。味噌も、日本を代表する発酵食品ですが、なぜ発酵食品はダイエット効果が高いと言えるのでしょうか?

発酵食品の中でも味噌には、エネルギーの代謝に重要なビタミンB群、脂肪の蓄積を抑えるアミノ酸や酵素がたくさん含まれています。これらの栄養素が働き代謝を促し、体外へ余分な脂肪を排出してくれる補助を行います。

具だくさん味噌汁がダイエットに効果的

味噌汁でダイエットを行うのであれば、簡単にできる即席みそ汁はあまりお勧めできません。理由としては添加物がたくさん含まれていますので、それではせっかくの酵素やアミノ酸をはじめとした味噌の栄養成分が活きてくれません。

味噌の栄養価を活かすにはやはり、味噌をゼロから作りましょうとはいいませんが、せめて添加物無添加のものを使用して作りましょう。できれば無農薬、天然塩を使用しているものをオススメします。

sp1

この質の高い味噌汁に、栄養価の高い野菜や海藻類を入れて食べると良いですね。例えば、ジャガイモ、サトイモ、ニンジン、ごぼう、玉ねぎ、大根、キャベツ、かぼちゃなど基本的に温野菜なら味噌汁に何でも合います。

それに、味噌汁という調理法はとても便利で、加熱しないと食べられない野菜や、たくさん野菜を食べたい場合に活用するのも良いですよね。ここに、豆腐、ワカメなどを追加することでダイエットだけではなく美容健康にも効果的です。

また、朝忙しくてご飯を食べる時間がないときや夜ごはんが遅くなりすぎてしまった場合は、一杯の具だくさん味噌汁を飲むだけで、朝ならしばらく満腹感を得られますし、夜であれば眠るまでの間の空腹を抑えられます。夜はあまり食べられないのでそういうときに味噌汁を活用すると良いでしょう。

ダイエットをするなら赤味噌を使用する!

一般的な味噌の種類は、赤味噌、淡色味噌、白味噌です。このほか、多種の味噌を混ぜた合わせ味噌というものもございますが、もし、ダイエットを行うのであれば、赤味噌が推奨されています。

赤味噌は他の味噌と比較して発酵の時間が長いため、メラノイジンとよばれる成分が一番多いのです。これは抗酸化力も高く、胃腸のバランスも整えますので、ダイエット以外にも美容や健康にもオススメです。

逆に、白味噌に含まれる麹の量は赤味噌の倍以上もあるといわれているのです。麹にはたくさんのGABAが含まれています。結果、血圧を下げ、空腹を抑えてくれます。その上、体重の増加を抑制する効果が期待できます。

このように、ダイエットといえば、赤味噌となっていますが、それはメラノイジンの影響です。しかし、結果的に白味噌にもGABAが含まれているのでダイエットに適しています。

ダイエット味噌汁を作るポイント

味噌汁の基本的な作り方は皆さんご存知かと思いますが、せっかくなら簡単に美味しく作りたいですよね。こだわって作るのも良いのですがそれを毎日やると大変かと思います。そこで簡単に美味しく作るポイントをお伝えします。

まず、はじめにダシをしっかりと取ること、そして、味噌を溶かす時はお玉に入れてゆっくりと溶かします。分量はお玉1/2~1/3程度です。このとき、火を止めることがポイントです。火をかけたままだとせっかくの味噌の香りが飛んでしまいます。

 

[amazon]ついた脂肪が即スッキリ! 医師が考案 おかずみそ汁ダイエット やせる栄養たっぷり、空腹感もないから、成功者続出!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です