キトサンの効果効能が凄い!ダイエットにうれしい飲み方も解説!

 

キトサンは人工的な栄養素

そもそもキトサンとは?もともと、自然界には存在しない栄養素です。そんなことをいいますと、石油由来な調味料みたいで体に悪影響を及ぼすものに聞こえるかもれませんがそういうものではありませんのでご安心ください。
カニ、エビの甲羅のアスタキサンチン(色素)やたんぱく質を取り除いたキチンというものがございます。これをさらに、抽出精製を行い、アセチル基を外したものをキトサンといいます。
つまり、自然にある栄養素を分解して作った人工的な栄養素といえますね。このキトサンは、食物繊維の一種で腸内環境を良好にします。その他コレステロール値、血圧を正常値に保ち、自律神経の安定、免疫力の向上といった様々な健康効果が期待できます。
これらの栄養素の歴史は非常に古く、1823年にキチン、1859年にキトサンが発見されています。しかし、これらの成分が本格的に研究されるようになったのは、
1970年代で、それが1980年代になると、血圧の上昇を抑制したり、肥満の予防になるということで、生活習慣病の改善の有効成分であると注目されるようになりました。ということは、やはり、ダイエットにも有効なわけです。

キトサンはダイエットにオススメ

ダイエット成分といえば、アミノ酸のように摂取することで直接代謝を良くして、脂肪燃焼効果が期待できるとおいうイメージかと思いますが、キトサンの場合は、その食物繊維がダイエットに効果的とされています。
キトサンの食物繊維は特殊で、油っこい食事と一緒に摂取することで、その脂分を体に吸収せずに、便と一緒に体外に排出する効果がございます。胃に脂肪をとりこむと、
それを消化するために胆汁が分泌されます。その胆汁と摂取した脂肪が結合するとマイナスの電気を帯びた油の塊となります。当然そのままの状態だと体に吸収されるのですが、
キトサンはプラスの電極です。マイナスの電極である脂と胆汁の周りに吸着します。結果、食物繊維が脂を包み込み、便と一緒に体外へ排泄するということになります。ですので、食事に合わせてキトサンを水で飲むことでダイエット効果を期待できるとされています。

sp1

脂肪を燃焼しやすい体作りに

脂肪が燃焼しにくい体というのはやはり代謝が低い体です。便秘になると代謝を下げてしまいます。そのため、便秘気味の人には冷え症が多くなります。腸内環境を整え、腸のぜんどう運動が正常に回っている状態にできれば、代謝もアップしますので、脂肪が燃えやすい体を作ることができます。
そのために、有効とされているのが食物繊維です。食物繊維を摂取することで、腸内にいる、善玉菌を増やし、活動を促してくれますので、便通もよくなります。そういう意味では、間接的に、キトサンは、直接的にも間接的にもダイエットに有効といえますね。

sp1

キトサン効果的な飲み方とは?

そんな、キトサンのサプリメントですが、ダイエット効果を期待するにはどのような飲み方が一番有効と言えるのでしょうか?食物繊維が効いてくれますので基本的にはどんな飲み方でもOKなのですが、一番有効といえる方法はキトサンのサプリメントを食事の前に飲むことです。
粉末のもの、錠剤のものがご自在ますがいずれも食前に飲みましょう。理由としては、食事後だと脂が多少なりとも吸収されてしまう可能性がございます。プラスの電極を持つ脂を迎え入れるため、マイナスの電極を持つキトサンを胃の中に準備しておくのです。
こうすることで、食べた脂がキトサンに吸着され、便と一緒に効率的に排泄されます。ちなみに、摂取量の目安としては、1日300~500mg程度です。食物繊維なので、副作用はないだろうと考えられていますし、これまでにそのような報告はございませんでしたが、やはり人工的に作った栄養素なのでいつなん時何が起こるかわかりません。必ず摂取量を守りましょう。

 

[amazon]キトサン アフターダイエット ( お徳用 72袋入り) 20%増量版 60袋+12袋 分包タイプ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です