ボイセンベリーの効果効能!エラグ酸がお肌の美白に効く?

さて、ボイセンベリーというものをご存知でしょうか?●●ベリーというとなんだか健康に良いイメージですが、ブルーベリー、ビルベリーなどはサプリメントのコマーシャルで何度も聞いたことはあるかと思います。

しかし、ボイセンベリーというのはあまり耳にしませんよね。実は、このボイセンベリーというものはビタミンやミネラルが非常に豊富で、その中でも注目いすべき栄養素は、エラグ酸というもの。これが美白に非常に効果を発揮するのです。そこで、今回はこのボイセンベリーに焦点を当ててみたいと思います。

そもそもボイセンベリーとは?

sp1

ブラックベリーとラズベリー、、ローガンベリーのかけ合わせによって生まれた、味は甘酸っぱく、濃厚な紫色が特徴の果実です。原産国はアメリカ西海岸で今から約100年前の1920年代に誕生いたしました。しかも、本当に偶々これら3種類のベリーが配合され農場で見つかったというのですから奇跡ん発見だったわけです。

その後、1930年代にニュージーランドへ輸出され、以降、世界でのほとんどの生産はニュージーランドで行われております。しかし、ボイセンベリーの弱点はアサイーに似ており、収穫するとすぐに傷んでしまいます。

そのため、現地ですぐに食べるか、加工したものを食べるかしか方法が無いのです。当然ながら世界中に出回っているものは、ジャムやジュースなどの加工食品です。

では、実際どんな栄養素が豊富に含まれているのか簡単にまとめてみました。

抗酸化物質のアントシアニン

これは、ブルーベリーやビルベリーにも沢山含まれていますよね。ご存知の通り、目の疲れ、目のかすみ、視力回復、維持に効果的です。

美肌に効果的なビタミンA、C

ビタミンA、Cも豊富です。ビタミンAは皮膚の粘膜を強化しますし、ビタミンCは美白効果が期待できます。

鉄、葉酸で貧血防止!

鉄や葉酸が沢山含まれているので貧血防止効果も期待できます。女性やとくに妊娠中の方は鉄を消費しやすくなりますので是非とも取り入れていただきたい食品です。

カルシウムで骨の強化

激しい運動を行ったり、ストレスをためるとカルシウムを消費してしまいます。そのため、日常生活に置いて消費しがちなミネラルといえますね。これが少なくなってしまうと骨が弱くなります。特に女性は、妊娠時やPMSになるとカルシウムも失います。加齢とともに骨も弱くなりますので、カルシウム補給で骨の強化としてもオススメです。

エラグ酸の効能が美白に効く!

sp1

そして、ボイセンベリーといえば、絶対に忘れてはならないのが、エラグ酸という抗酸化物質です。抗酸化効果が非常に高いといわれている、ブルーベリーの300倍の強さを誇るというのですから驚きです。

エラグ酸の抗酸化効果で活性酸素のコントロールはもちろんですが、特に効果が大きいとされるのが、メラニンの生成を行う酵素があります。これは髪の毛を作る上でも重要なんのですが、肌にシミやそばかすも作ってしまいます。

そのチロシナーゼがお肌にシミ、そばかすなどの着色を行わないように抑制します。つまりは、このエラグ酸という抗酸化物質は美白効果がずば抜けて高いといえます。実際、そのようなこともあり、薬用化粧品の原料としても使用されています。

また、もちろん、美白には有効なのですが、それだけではなく、この抗酸化作用は風邪、ウィルスなどの外敵からも身を守ってくれるので二度おいしいのです。

ボイセンベリーは100%ジュースや酵素ジュース、その他ジャムとしても販売されています。ジャムなどをトーストに塗ってみたり、アイスクリームと混ぜてみたり色々な調理に使えますよね。是非、ボイセンベリーを食卓の中にとりいれて高い抗酸化効果を得てみてはいかがでしょう。

 

[amazon]ボイセンベリージュレ スティック状 新潟産 15g×31包装 無添加 無着色

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です