秋の肌トラブルを防ぐには?肌の状態やお手入れの方法など。

夏も終わりに近づき、肌寒く感じることが多くなったこの季節。気候の変化により体調を崩される方も多いでしょうが、女性で最も悩まれているのがお肌のトラブルでしょう。

1)秋の肌トラブル

秋の肌状態は・・・

sp1

  1. 夏の紫外線による後遺症
  2. 季節の変わり目で肌が敏感・デリケートになり過ぎる
  3. 皮脂は減少傾向&空気は乾燥傾向

秋は三つの悪条件が揃ってしまう季節なのです。

1.夏の紫外線による後遺症

秋の肌トラブルの一つは、夏の紫外線の影響によるメラニン生成の活発化、そしてそれに伴うシミ・ソバカスなどの色素沈着です。肌が健康的な状態であれば、紫外線が少なくなるにつれ、メラニン生成量は元の状態に戻り、生成されたメラニンも新陳代謝とともに排出されていきます。ただし、肌の状態が適正でないと、生成されたメラニンがそのまま肌内部に残存し、シミ・ソバカスなどの原因になってしまいます。

2.季節の変わり目で肌が敏感・デリケートになり過ぎる

秋は、夏から冬へと季節が変わっていく中、体が外部環境の変化に対応しようとします。これは、体調が一種の緊張状態となっていて、外界の刺激に対して反応しやすくなっている状態です。肌も、秋になるとカユミやカブレなどのトラブルが発生しやすくなります。化粧品を変えたわけでもないのに、何故か肌の調子が悪くなることも多々あります。これは、体調の変化に伴い、肌が外界からの刺激に対して敏感な状態になっているためです。

3.皮脂は減少傾向&空気は乾燥傾向

秋になると皮脂の量が減少し、外界からの刺激に対する防御力が弱まり、肌は乾燥しやすい状態となります。また、発汗量も減少しますし、空気は冬に向けてどんどん乾燥していきますから、肌は慢性的に乾燥状態となり、外的な刺激に対してさらに敏感な状態となってしまいます。

2)肌のお手入れ方法

ポイント1:クレンジング・洗顔

まず重要なのは、日々のクレンジングや洗顔です。クレンジングや洗顔によって、皮膚表面に付着した様々刺激物をきれいに取り除くことが必要です。刺激物というのは、古い皮脂や汗、空気中のチリ・ホコリ、雑菌、ある種のアレルギーを発生させる物質、排気ガス、メイクアップ料など、実に様々です。こういった皮膚に付着する物質・成分を取り除き、皮膚に与える刺激を極力少なくすることが大切です。

sp1

ポイント2:保湿対策

保湿対策は、「水分補給」「油分塗布」「水分保持」の3ステップで保湿対策を心がけましょう。

・水分補給

洗顔後は皮脂や肌の潤い成分が不足しています。 化粧水などでたっぷりと水分や保湿成分を補給しましょう。

・油分塗布

油分を含んだ化粧品(乳液やクリームなど)により、潤いのベールを作り、水分の蒸散を防ぎましょう。乳液やクリームは、油分・保湿成分・水分を含み、皮脂膜と同様に肌を守ってくれます。

・水分保持

美容液などを利用し、肌の水分を保持し、乾燥から肌を守ることも大切です。美容液の使用によって、角質層の保水効果を高め、空気が乾燥しても角質層から水分を逃がしにくくしてくれます。

 

[amazon]ハトムギ美粒 ビタミンサプリメント 【秋のトラブル肌対策に!】 栄養機能食品 ハトムギエキス末600mg ビタミンC75mg 1瓶90粒入り なめらか美白に!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です