ダイエット中にお菓子を食べるのはOK?痩せた方法を解説します!

お菓子はダイエットの天敵としか思えないのですが…

糖質がたくさん含まれている甘いお菓子を食べることは理論的に考えると血糖値が急上昇し太る原因になります。それをダイエット中にたべることはいかがなものか?と思うのが普通でしょう。

実際に、「おやつ抜きダイエット」というものがございます。その名の通り、ご飯の他に間食となるお菓子を一切食べないというダイエット方法です。これを実践することで、普段お菓子を食べている人ならその分のカロリーを大幅にカットできますのでダイエット効果が期待できるというもの。

sp1

しかし、甘いもの好きで毎日のようにお菓子を食べているのような人が急激にお菓子をやめることができるのでしょうか?もちろんやめることができるのであればそれは一番良いことです。

ところが、なかなか難しいのが現実です。習慣化してしまっている人が突然お菓子を辞めるとストレスにつながり、そこからリバウンドやら暴食に発展する場合もありますので逆効果ともいえます。

特に、女性の場合月経サイクルが乱れがちで甘いものをどうしても食べたくなることがあります。それで我慢するのは辛い話しです。そこで、今回のテーマですがダイエット中にお菓子を食べてもOKということで、その具体的な方法についてお話ししていきたいと思います。

食事のカロリーコントロールを行う

チョコレートなど甘いものをついつい食べ過ぎてしまった…ということもあるでしょう。だからといって痩せられないと諦めるのではなく、そういう場合はその日のカロリーコントロールを行うのです。

間食は1日200kcalまでに抑えておくことが理想です。けれども、それをオーバーしてしまった場合、200kcalを超えた分のカロリーをご飯から差し引くことでコントロールができます。

例えば、メーカーにもよって異なりますが、ポテトチップス1袋は500kcal超えてしまいます。脂が多いですからね。板チョコも1枚300kcalを超えてしまいます。

それを考えるとお菓子でお腹を満たそうとするとやはり200kcalでは効かなくなるのではないでしょうか。ポテトチップスなんてお菓子好きにとっては1袋食べないと満足できないでしょう。

ですから、仮に1袋のポテトチップスを500kcalと計算すると、300kcalもオーバーしているわけですからこの分のカロリーを食事から引くわけです。mた、その場合食事に関しても工夫が必要になります。

油分が多い、糖質が多い、お菓子を食べているわけです。ですから、食事も油分、糖質を減らしたようなヘルシーなものにします。野菜サラダを中心に、ご飯の量を減らし、魚や豆腐でタンパク質を補いバランスの良い食事を行うことで栄養もカロリーもコントロールできます。1日のカロリー摂取量も成人であれば1800kcal~2200kcal程度ですのでそれをオーバーしないように気をつけましょう。

就寝の6時間前は食事を行わない

「就寝6時間前プチ断食」なんていわれていますが、寝る6時間前はご飯を食べないというシンプルな断食方法で、有名人の間でも一時期流行ったダイエット方法です。

もし仮に、お菓子をどか食いしてしまい、食事を減らしたり置き換えを行うだけでは、1日のカロリー摂取量の2200kcalを下回ることができないのであれば、「就寝6時間前プチ断食」を行いましょう。

就寝の6時間前になったら一切ご飯を食べずに、水で腹を持たせます。断食に置いて野菜ジュースを摂取することは有効ですがカロリーのチューニングという意味ではあまりオススメはできません。

sp1

お茶に関してもカフェインが入っているため最悪眠れなくなることも考えられます。その上水よりも負担が大きいためオススメはできません。あくまでも水で眠るまで体を持たせましょう。

これを行うことで、空腹になりますので基礎代謝が上がります。カロリーを摂取しないうえ、代謝が上がりますので脂肪燃焼という意味でもこれは有効な手段なのです。

起床してからの食事

空腹の状態で体を維持し続け就寝に入り起床するわけですが、約12~14時間程度食事を行っていないことになりますね。ここでの食事が重要になります。いきなりお菓子を食べるのは胃に負担をかける行為にもなりますし、糖質が吸収されやすく太る原因にもなります。

そこで、まずは少しぬるめの水を飲みます。冷水ですと体を冷やしてしまいます。これを行うことにより腸の動きを活発化させ代謝を高めることができます。そうやって体を内蔵レベルから目覚めさせるのです。

食事に置いては、ビタミン、ミネラル、食物繊維、タンパク質が必要になります。そこで、水を飲んでから30分程度経過したら3種類の果物を摂取しましょう。ここで酵素、ビタミン、ミネラル、食物繊維を摂取することができます。

バナナ、キウイ、りんご、グレープフルーツ、オレンジ、であれば一年中手に入る果物ですので3種類組み合わせてみてください。その後30分経過しましたら次は朝食となります。

朝食に関しても気を使ってあげてください。キャベツ、レタス等の葉野菜、大根、玉ねぎ、きゅうり等の淡色野菜、トマト、ピーマン、ニンジン、ブロッコリー等の緑黄色野菜、これらをミックスしてバランスの良く栄養がとれるサラダを食べましょう。

朝なので糖質は多少多くても良いでしょう。ダイエットを意識するのであれば噛みごたえのあるご飯をオススメします。玄米が一番良いのですが、それもなかなか難しいと思いますので、雑穀米か白米をしっかりと良く噛んで食べます。

そうすることによって満腹中枢が高まりますので少ない糖質で満足できますので過食防止にもつながります。最後に、タンパク質は豆腐、魚、肉から摂取します。

このようにすれば、朝ごはんもバランスの良い栄養が摂取できると同時に低カロリーに抑えることができます。結局は、お菓子を我慢するのではなくお菓子を食べた分だけ食事のカロリーを抑えることがポイントになります。

ただ、カロリーを抑えるといっても必要な栄養が偏るのはいけないことですので、その辺を上手くコントロールしながら実践していくと良いです。

 

[amazon]腸からきれいにやせる! 罪なきレシピ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です