高橋瞳の現在の活動。結婚してる?「僕たちの行方」「青空のナミダ」「ウォーアイニー」の誕生秘話は?

出典:[amazon]sympathy (DVD付)

デビュー当時からアニソンを歌唱していたので、覚えているファンもたくさんいる高橋瞳さんを色々な角度から掘り下げていきます。

プロフィール

  • 氏名 高橋瞳
  • 生年月日 1989年4月8日
  • 出身地 宮城県 塩竈市
  • カテゴリー 作詞家、ボーカリスト
  • 活動開始 2005年

現在の活動。結婚してる?「僕たちの行方」「青空のナミダ」「ウォーアイニー」の誕生秘話は?

現在は、WUJA BIN BIN(ウジャビンビン)のボーカルとして活動。SNSも稼働しています。また、高橋瞳個人名義のツイッターも稼働しています。現時点での新曲リリースなどの情報はありません。

sp1

結婚については調べてみましたが、そういった記事はありませんでした。今後何処かでインタビューを受けるとプライベートな部分も明らかになりそうです。今後の展開を見ていくようにしましょう。

ここからは高橋瞳さんの楽曲「僕たちの行方」「青空のナミダ」「ウォーアイニー」について書いていきます。

「僕たちの行方」作詞 Yuta Nakano, shungo. 作曲 Yuta Nakano

オリコン週間一位、平成生まれのアーティストで週間一位を取ったのは初めてデビュー曲で首位を獲得したのは内田有紀の『TENKAを取ろう』以来3回目という異例尽くしの楽曲となりました。

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の第三期オープニングテーマソングとNHKの音楽番組ポップジャムのエンディングテーマソングとなっていました。シンフォニックなイントロから始まりますが、その雰囲気を打ち破るように高橋瞳さんのボーカルが入ってきます。

そこからはハードロックのテイストに楽曲の雰囲気は変化していきます。人生に迷っている青年の歌に仕上がっています。

「青空のナミダ」作詞、高橋瞳/渡辺なつみ 作曲、田中秀典

3枚目のシングルで、テレビアニメ『BLOOD+』第一期オープニングテーマソングでした。楽曲はハードロックテイストに仕上がっています。因みにデビュー曲以来のオリコントップテン入り最高位8位でした。

この楽曲では作詞に高橋瞳さん自身が参加しておりベテラン作詞家、渡辺なつみさんと共作という形になっています。心の葛藤を歌にしたものでそして涙をいつの日か笑顔に変えるという前向きな歌に仕上がっています。

「ウォーアイニー」作詞、タカハシヒトミ、 作曲、BEAT CRUSADERS

高橋瞳×BEAT CRUSADERS名義でリリースした楽曲です。「銀魂」14期エンディングテーマ。タイトルのウォーアイニーは中国語で愛しています。という意味です。私に愛を頂戴というように歌っているように解釈しました。

オリコン最高位14位、でした。ロックとポップスが同居している楽曲といえます。コラボレーションのきっかけはBEAT CRUSADERSのDVDのドラマに高橋瞳さんが出演したことがきっかけとなっています。

sp1

歌手活動は現在も続けています。デビュー当時はソニーレコードとスターダストプロモーションという大手事務所、大手レコード会社に在籍したため猛プッシュプロモーションされており活動することが出来たようです。

しかし、2011年に事務所とレコード会社との契約を終了した後は自身の音楽を追求する形へと変遷していっています。今後は独自の音楽活動に邁進していくものと考えていいでしょう。

どのような音楽ジャンルで再び世間の注目を浴びるか楽しみではありますし、活動状況を見ていきたいと思います。

まとめ

今回は高橋瞳さんを掘り下げてきましたが、現在もミュージシャン都市活動しています。デビュー当時はソロボーカリストでしたが、WUJA BIN BIN(ウジャビンビン)のボーカルとして活動しています。

また、結婚についても現時点ではしているという情報はありませんでした。現在自由に音楽活動が出来ているためする予定はないというところかもしれません。デビュー当時はかなりプッシュしてもらえていたので活動を覚えている人は沢山いたわけで現在何をしているのか気になっている人は多いはずです。

しかし、この記事を書くにあたり調べたところミュージシャンとして活動していることが判りました。今後のライブや楽曲リリースなど状況を見て追い続けることで伝説を目撃する可能性もあります。

👉[amazon]高橋瞳のCDはこちら。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。