喧嘩の仲直り方法。彼氏彼女・夫婦・友達・家族の場合は?

ちょっとしたことで喧嘩をして、中々仲直り出来ないということはままありますよね。今回は、各パターンにての仲直り方法を取り挙げたいと思います。

喧嘩の仲直り方法~彼氏彼女の場合~

先ずは恋人同士で喧嘩をした場合の仲直り方法を考えてみます。口喧嘩などは日常茶飯事かなと思うのですが、感情的になると余計な一言をついつい言ってしまうことがありますよね。言わなくても良いようなことを言ってしまって、本当は後悔してる。でも謝りたくない。この繰り返しのことがあります。

いろいろと仲直り法を見ますと、「素直」になること。これが一番早く仲直りが出来る方法です。結局は素直になれなくて謝れなかったり、プンプンした態度を取り続けてしまうのです。頭に来てしまった心を鎮めて、彼氏の良いところ、思い出を思い浮かべて下さい。冷静になるとこんなことでどうして喧嘩したんだろうと思うものです。喧嘩するほど仲が良いと言いますが、これは?の理論です。やっぱり喧嘩はしないに越したことはありませんもの。

素直であることを常に心がけることで、自分がやっぱり悪かったと思えば謝ることもできます。メールでも言葉でも“おやすみなさい”などの挨拶をなるべく言うようにしましょう。仲直りのチャンスはあちこちに転がっていますよ。

喧嘩の仲直り方法~夫婦の場合~

恋人同士の時よりも、より深刻化するのが夫婦の喧嘩です。喧嘩をしても必ず家では常に一緒です。例えば子供のことで喧嘩をしたとしてもよくあるセリフとして、“おまえの子供へのしつけがなったないから”とか“あなたが全く面倒をみないから”とか夫婦間での喧嘩は相手のせいにする傾向にあるように思います。

どのタイプの夫婦間の喧嘩において共通しての方法は、よく話し合うことです。メールや手紙でも良いですよ。中々話す時間がなくて、すれ違ってしまって相手のことがわからない、自分ではなく相手のせいにしてしまう、悪循環に陥る訳です。なので、2人の時間を作って意思の疎通をはかることをおすすめします。

喧嘩の仲直り方法~友達~

友達だからと言っても喧嘩をすると中々元の状態に戻るのが難しいことがあります。、友達間と言えども知らない部分もありますし、自分とは合わない意見や考え方があるのも当然です。やっぱり自分が言い過ぎたと思ったらすぐに“謝る”ことですね。謝れないから喧嘩の期間が長くなってしまいます。それって自分もつらいですよね。

友達間でよくあるイヤな喧嘩パターンとして、無視するのがあります。個人的にありましたよ。10歳くらい上の女性友達、根は優しい良い人なのですが毒舌なところがある人でした。本当に頭も良くて普段には面白くて良かったのですが、ある時、その友達の逆鱗に触れることを私が言ってしまったらしいのです。自分ではそんなつもりは全くなかったのですが、そこから1週間、口をきかない、目も合わせないという日々。辛かったですね。それこそ1万回!?くらい謝ってやっと許してくれました。

友達の場合は、自分ではそんなつもりはなくても相手の気にしていることだったりして、そこからこじれることがあります。皆さま、くれぐれも気をつけて下さいね。

sp1

喧嘩の仲直り方法~家族~

家族の場合はその人数にもよりますが、兄弟姉妹間、親子間、そこに祖父母が・・・なんてことになるとちょっと悲惨な状態ですよね。あまりにも身近過ぎて余計に難しいのが家族間の喧嘩です。

熱が冷めるまでしばらく距離を置くと、家族のことをいろいろ考えると思います。当たり前のように存在する家族がいかに有り難い存在であるか、喧嘩をして気付くことってたくさんあると思いますよ。“ありがとう”の気持ちを沸き立たせましょう。

あとがき

それぞれのケースでのワンポイントのようにご紹介しました。いかがでしたでしょうか。日々の生活の中では人間関係においていろいろなことがあります。そのことも後になって思い起こせば思い出となります。良い思い出に変えたいですよね。素直に、いつも感謝の心、温かい心でステキな毎日を過ごしてまいりましょう。

妻や夫に、ため息をつかれる人へ。仕事と家庭を両立するコミュニケーション能力アップ術。性差を理解するコミュニケーション論。10分で読めるシリーズ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です