シリアルとグラノーラでダイエット効果を飛躍的に上げる方法!

シリアルダイエットってなに?

シリアルダイエットとは、健康的なダイエット法の一つで、グラノーラなどの麦をはじめとした様々な穀物やドライフルーツをミックスさせたシリアルフーズに牛乳やヨーグルトをかけて食べるダイエット法です。

もともとは、アメリカの朝食にグラノーラ等がこのようにして食べられていたのですが、最近ではその認知度が高まり、日本でも健康食品、ダイエット法、おやつなど多方面で親しまれています。

このシリアルダイエットは、3食のうち1~2食ご飯をシリアルに変えるだけで良いので非常に簡単に実践でき、かつ、効果も期待できるためオススメなダイエット法です。そんな、シリアルダイエットの効果的な方法についてお話ししたいと思います。

sp1

シリアルダイエットの効果的な方法とは?

では、実際にシリアルダイエットを行うに当たりどのようなやり方をすれば効果を発揮できるのでしょうか?先ほどもお話ししたように、1日3食食べるのであれば、そのうち1~2食をシリアルにするだけです。

朝のトマトグラノーラがダイエットや美容健康に有効といわれるように、基本的には朝食べるか、その他もう1食シリアルに変えるかどちらかで大丈夫です。そこまで本格的にやらないのであれば、朝食だけで十分です。
ダイエット中に、甘いお菓子を食べるのは天敵ですよね。せっかく頑張って痩せようとしているのにそれを阻害することになります。そういう場合は間食にグラノーラやフルーツを食べると良いです。

フレークのように牛乳をかけて食べるのが一般的ですが、最近では少し甘みが施されていて、牛乳をかけなくてもそのまま食べても十分おいしくいただけるものもありますし、
牛乳の場合独特な香りが苦手というのであれは、豆乳にチェンジしてみるとか、ヨーグルトをかけてみるというのもオススメです。青汁+牛乳もしくは青汁+豆乳をかけると栄養価が一気に高まりますのでダイエットだけではなく美容健康にもオススメです。

もし、牛乳や豆乳をかけるのであれば、丁度良い割合として、シリアル30~40g:牛乳200mlぐらいが良いかと思います。

シリアルダイエットで失敗しないコツとは?

食事制限系のダイエットで失敗するケースというのはあまりにも無理な制限を行ってしまい、反動とともに暴食をしてしまうことが多いです。そうなると逆に体に悪いですし、ダイエットしたのも水の泡になります。

シリアルダイエットは一見すると健康に良さそうなので、関係ないとも思われますが、実際シリアルダイエットでリバウンドしてしまうケースもみられます。ですので、シリアルダイエットの仕組みをしっかりと理解した上で実践を行いましょう。そうしなければダイエットの意味がありません。

まず、シリアルダイエットで挫折する一つとしては味に飽きてしまうことです。グラノーラを食べたことがある人ならわかるかもしれませんが、確かに健康には良さそうですが、味気ないです。
そのため、同じものをずっと食べ続けるのは苦痛です。ではどうすればよいのか?色々な味のものを購入しておいて、毎回味を変えられるようにすれば味に飽きず続けることができます。

sp1

ただ、フレーク菓子系のシリアルはあまりお勧めできません。中にはチョコレートや砂糖でコーティングされているものもございます。確かにおいしいのですが、ダイエットとしては逆効果です。
また、食事制限を行っていることから、シリアルを大量に食べていては逆に太ります。胚芽入りの穀類が含まれているとはいえ、砂糖も入っているので、食べ過ぎには要注意です。そのためしっかりと一食当たりの摂取量を守りましょう。

砂糖やチョコレートでコーティングされていないもの、かつ、塩分も控えめのものを食べるようにします。その上で、1食当たり30g~40gという摂取量を守って行えば、美容健康にも効果的ですし、ダイエットにも効きます。
さらに、シリアルって結構固く、穀類でお腹に膨れるものなので満腹感が得られないということはないと思うのでが、お腹が膨れない原因としては、おそらくしっかりと噛んでいないためです。

口の中で固いシリアルを唾液と一緒に混ぜ合わせ、飲めるぐらい柔らかくなるまで噛むと満腹中枢が刺激されお腹も膨れますので実践する場合はよーく噛んで食べましょう。

最後に。グラノーラを習慣にしている方に朗報です。カルビーのフルグラが有名ですが、市販のグラノーラは炭水化物が多いなどの側面もあります。もっと効率的にダイエットに活かしたいのであれば、スーパーフード「キヌア」を使ったグラノーラもおすすめです。ロンドンのスーパーモデルも食べている話題のダイエット食品です。

カルビー フルグラ 1000g

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です