磯山さやかが57日のダイエットで体重-10kg痩せた方法について解説!

出典:磯山さやか デビュー15周年記念写真集 『 milimili 』

磯山さやかさんといえば、一時期はグラビアアイドルとして大活躍されていましたね。グラビア時代からそんなに引き締まった体型というよりかはどちらかというとグラマーで女性らしい体型をされていました。現在は、タレント、女優、スポーツライターとしても活動されています。

sp1

ちなみに、身長155cmに対してスリーサイズは88 – 60 – 86 cmです。体重は公表されていません。しかし、以前はものすごく太っていました。バラエティー番組『ロンドンハーツ』にて田村淳さんからはイソえもんなんてあだ名をつけられるほどいじられまくってました。

この名前の由来というのはぽっちゃりした体型だったからなのですが、現在は比較的ほどよく男性に受けの良い女性らしい体型を維持されていますが一番太っていた時期は60kgを超えていたという説もございます。ただ、さすがにそれは大げさでは?

と個人的には思います。なぜなら女性でしかも、身長155cmで体重60kgというと相当太ってますよ。確かに太っていた時期はありましたけどそこまで酷い状態にはなっていないような気がしますね。そんな、磯山さんですがわずか57日間のダイエットでウエスト-9cm、二の腕-3cm、太股-10cmまで落としているのです。

実際にどれだけ痩せたというのはわかりませんが、おそらく10kgぐらいはマイナスになっているのではないかという話です。もちろんこれは推測のレベルなのですが、一時的に磯山さんはほっそりとしたことがありました。コアリズムの会見ではウエストがものすごく細くなって激やせなんていわれていましたね。

ところが、それと比べ現在は少しふっくらしているためリバウンドをしてしまったのではないかといわれています。けれども、それは違いまして、磯山さんが男性受けがよいのは少しふっくらとしたボディーだからです。

引き締まり過ぎたボディーはウケが悪いみたいですね。ですので、激やせとはいいませんが、がっつりとダイエットに成功してから少し体型を戻されていまして、体脂肪率25%~30%と女性らしい体型をキープしながらトレーニングもしっかりと続けているのですね。

磯山さやかさんが取り組んだダイエット方法をまとめました!

決して痩せすぎてもいなく太り過ぎてもいない。男性からしてみればとても理想的な体型をされている磯山さやかさん。男性からモテるためのボディーといえるでしょう。そんな磯山さんですけれども実際のところどういったダイエットを実践されたのかとても気になりますね。たった57日間で成功したダイエット方法をまとめてみました。

鶏のささみダイエット

まず、磯山さんが短期間で劇的に変身を遂げたのは食事に秘密があります。糖質の1日当たりの摂取量を太らない程度に抑えその分鶏のささみなどを中心としたタンパク質を積極的に摂取する。そして、サラダなどの冷野菜は体を冷やしてしまうためできるだけ温野菜を食べることを意識していたそうです。

水分をたくさん摂る

いまさら水を飲まないでダイエットに取り組むというのは間違えていることは常識です。ダイエットをするならたくさんの水を飲みましょう。モデルさんも1日に4リットルとか水を飲みますよね。要するに水を飲むことで体の代謝を上げられますし、デトックス作用を促せるため脂肪が燃焼しやすくなるのです。ちなみに、磯山さんは最低でも1日1.5リットルの水を飲んでいたといいます。

半身浴で代謝アップ

お風呂に入るだけで痩せるといいますね。テレビで見たことがあるのですが韓国の男性が半身浴だけで20kgの減量に成功したというのです。本当に驚くことなのですが、要するに、入浴を行うことで体の内部から温め内臓機能を活性化させ体循環をスムーズにし毒素を体外へ排出するのです。これにより代謝も自然と高まり脂肪も燃焼できるという仕組みです。

sp1

コアリズムのエクササイズ

コアリズムのキャンペーンで磯山さんも登場しています。くわばたりえさんと一緒に取り組んだのですが、くわばたさりえさんはコアリズムを実践することでやればやるほどみるみる体型が変わっていき現在では引き締まったボディーを手にされています。

一方、磯山さんははじめっからはそんなに順調ではなくなかなか痩せることができなかったといいます。もし痩せることができなかったらというプレッシャーもありました。しかし、磯山さんも痩せたいのはもちろん、それを証明するためにコアリズムの基本プログラムの40分間を毎日必死で頑張って見事痩せることに成功したというのです。

ダンスをメインとしたエクササイズで楽しく取り組み痩せることができるというものです。日本では家庭用DVDの先駆けとなった『ビリーズブートキャンプ』に続き2008年春ごろから人気となります。ただ単に走るだけ、歩くだけだと退屈で続かないかもしれませんがこれなら楽しく実践できそうですね。

磯山さやかが実践したダイエットの見解。

まず、磯山さんがダイエットに成功した理由ですが、ダイエットの基本となる食事ができていたからだと思えます。食事の内容をみると高タンパクで低糖質です。これは太りにくい食事なのですが、コアリズムをやってもなかなか痩せなかったのはもしかするとその当時は糖質をオーバーしていたからかもしれません。

もちろん、制限を行っていても脂肪の燃焼効率が低ければ痩せにくいとはいえますが、ダイエットの基本となる土台を作らないと痩せるといわれる運動などを頑張ってもあんまり効果が期待できなかったりするのです。そう考えると磯山さんは効率的なダイエットに取り組んでいたといえるでしょう。

脂肪が燃焼されていくような食事を行いつつ、コアリズムなどの有酸素運動、水分補給、入浴…これらによる代謝のアップです。ただ、不足していると思えたのが、水分と栄養です。水分補給を意識されているようで最低でも1日あたり1.5リットルは摂取するとお話ししていました。

もちろん、摂取しないよりは全然良いのですが、成人であれば1日あたり2リットルは飲みたいところです。僕は比較的多めで、3リットル~4リットルぐらいは飲んでいます。人間の60%は水分なので細胞を死滅させたないためにも常に水は飲むということは重要になります。

そして、栄養なのですが高タンパク低糖質でしっかりと野菜も摂っているようにも思えますが温野菜ということです。体を冷やさないために温野菜を食べるという心がけは良いのですが冷野菜も食べないとダメです。基本的な考え方として生きたものから命をいただくということです。

加熱した野菜は死んでいる野菜なので栄養価は生の時よりも減っているものも多いわけです。もちろん、加熱することで増えるものもありますが、ビタミンCや酵素は熱にとても弱いので生野菜もやはり食べたほうが良いのです。あとは、マルチビタミンミネラルとプロテインを活用するとお肌も潤ってきます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です