陳建太郎シェフのプロフィール。結婚してる?通販の料理・グッズ、お店の評判は?

出典:〔amazon〕赤坂 四川飯店 陳建太郎の我が家のレシピ ~陳家に代々伝わる秘密のワザ~

シェフの陳健太郎さんを色々な角度から掘り下げていきます。

プロフィール

  • 芸名 陳健太郎(本名 名前が東)
  • 生年月日 1979年
  • 出身地 東京都

プロフィール。結婚してる?通販の料理・グッズ、お店の評判は?

まず、出身の高校は玉川学園、大学については調べましたがはっきりとせず解りませんでした。玉川学園は大学まである学校ですがそのまま進学しなかった可能性がありますね。若しくはほかの大学へ進んだのかも知れません。

sp1

逆に頭が良くて、ほかの大学を受験しても勝負できると考えたのかもしれません。ちなみに大学名はなぜか明かしていません。2002年に大学を卒業した後に赤坂にある四川飯店に入社しました。

その後渋谷のセルリアンタワーにあるお店、szechwan restaurant(スーツァンレストラン)陳にて修行をしました。因みに陳健太郎さんの師匠は菰田欣也さんです。因みに父親である陳健一さんの弟子であった人です。

2005年、四川大学に留学しましたが、中国語が全く話せずに苦労を重ねたようです。留学の理由は日本にこのまま居たら、だめになるという思いがあって自ら進んで留学を選択しました。

肝心の語学の上達については、友達を作ることによって徐々に日常会話が出来るようになっていったようです。まあ語学を覚えるには彼女を作るのが一番手っ取り早いと言われていますが、陳健太郎さんについてはその辺はどうだったのでしょうか?

勿論料理人としての修行も忘れておらず、四川でもお店で修業をして研鑽を積んでいました。色々な経験を積んで今に至っているわけですね。さて結婚しているかどうかについてですが、まったくこの辺の情報が出てこなかったようです。まあ、陳健一の息子という事で世間では有名ですからね。

結婚などをすれば、報道してくれると思うのですが情報がないという事は独身なのかもしれないですね。続いては陳健太郎さんがやっている通販の料理・グッズ・お店の評判について触れていきます。

因みに、お店に足を運ばなくても家庭で料理が食べれるようにインターネット通販で販売しているようです。通販を行っている媒体は、楽天、ディノス、オムニ7等様々なルートで販売を行っています。

では、インターネット上の評判を拾ってみました(以下ディノスより引用)

手巻き餃子を買われたお客様の声です。

2018/10/22

とても美味しいです。

千葉県

2017/07/30

手軽なおつまみとして重宝しています。

以前、陳建太郎10種のセットを購入しその中でこれをリピしました。

エビマヨも好きなのでエビマヨ/棒餃子の2種セットだとうれしいです。

東京都

2016/10/02

少々お値段が気になりますがとても美味しいし調理も簡単で優れモノです。

東京都

基本的には、中華料理って家庭でやると、火力の問題でいまいち上手くいかないので、レトルト食品なら湯煎したり、レンジでチンすればおいしい味を簡単に味わうことが出来るのでかなり手軽ですね。

続いては陳健太郎のお店、赤坂四川飯店の評判を食べログから拾ってみました。(以下食べログより引用)

sp1

個室でいただく、贅沢な宴会コース

ディナータイムに、千代田区平河町の 赤坂 四川飯店 へ。

こちらは言わずと知れた、日本の四川料理の総本山。日本における四川料理の父、陳建民から、陳建一、陳建太郎と続く、由緒正しい四川料理の名店です。お店は通常利用の際は6階にありますが、今回は個室利用のため、5階へ直接向かいました。

コースは常連の幹事さんにおまかせで、個室宴会コースをいただきます。

まずは生ビールをチョイス。

ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム

六種前菜盛り合わせ

色とりどりの前菜を、店員さんが綺麗に取り分けてくれます。

お酒は続いて、こちらをチョイス。

永昌源 陳年紹興貴酒 8年

肉団子入りスープ

上品で旨みがたっぷりなスープです。

鮑炒め

さらに綺麗に盛り付けられた大きなアワビ。とろみのあるソースと共に楽しみます。

牛サーロインの赤唐辛子炒め

添えられた中国大根で作った鳥の美しさに魅了されます。

フカヒレの姿煮込み

一人1枚づつあるフカヒレは、巨大な器に一緒には行って登場。人数分のフカヒレを巨大なお皿に入れて持ってきてくれました。

陳建一の麻婆豆腐とご飯

今回は特別バージョンで、以前陳建一さんが料理の鉄人で披露された、白子入りのスペシャル麻婆豆腐。刺激的な辛さと、濃厚な白子の旨みが合わさって、他では味わったことのない絶品麻婆です。

食べログの予約状況を確認しましたが週末は予約が取れませんが、平日は食べることが出来そうです。それだけ人気があって知られたお店という事がわかります。今後どのような四川料理が出てくるか楽しみですね。

まとめ

陳健太郎さんの、周辺を調べて記事を書いてみましたが、まだ本人は修業の途中という感じのようで、他人から言われなくとも自身でスキルアップを行っていけそうな気がしますね。

今後が楽しみです。

👉【楽天市場】陳健一・健太郎 赤坂四川飯店監修 本格中華はこちら!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です