家事や日常生活でカロリーはいくら消費するのか調べちゃいました!

ダイエットの基本。摂ったエネルギーと消費したエネルギーがバランス良ければ、現状維持。多ければ肥満へ、少なければ痩せると言うことは、皆さん理解していると思います。

そのために、色々と努力するのですが、もっとシンプルな方法でカロリーを消費できないの?と思う瞬間があるのでは?

そんな方に朗報!もっとお金も時間にかけずに効率的にカロリーを消費する方法があります。それは、家事や日常生活で取り過ぎたエネルギーを消費するという方法です。これがわかれば家事にも精が出るというものです。家事などでどれだけカロリーが消費できるか調べてみました。

sp1

家事・日常生活での消費カロリー一覧!

  • 料理をする 30分/65kcal
  • 掃除機をかける 15分/35kcal
  • お皿を洗う 10分/20kcal
  • アイロンがけ 30分/60kcal
  • 買い物でカートを使わない 15分/32kcal
  • 睡眠をとる 8時間/350kcal
  • ペットと遊ぶ 20分/37kcal
  • 犬と散歩する 20分/47kcal
  • 本を読む  20分/19kcal
  • 電話をする 20分/17kcal
  • 笑う    10分/10kcal
  • トイレに行く  3分/2kcal
  • 化粧をする  15分/17kcal

生きている以上、寝ていてもエネルギーを消費します。案外消費出来そう!と思った方の多いのでは?

さらに一工夫して消費効率をアップ!

それではこれにまた一工夫をして効率を上げましょう。そのための方法を紹介します。

1)パッパとやる。

ウォーキングでもそうですよね。ダラダラ歩くのと、パッパと歩くのでは消費エネルギーが違います。ですから、掃除にしてもダラダラせずに掃除機を持って走れとは言いませんがパッパとやりましょう。

2)組合せを工夫

家事で一つのことを長々やると肩がこったり、中腰で腰を痛めたりしますから、いっぺんに1つのことをせず、何種類かの家事を組合せ無理をしないことです。

3)家事を計画的に

どんなことかというと家事の中でもエネルギー消費の大きいものは身体全体を動かすものです。ですから洗濯の場合も、洗濯機 から物干しへと移動(歩く)が多くなると消費エネルギーは増えます。どっさり洗濯をして一気に干すということなく、ちょこまかちょこまかと洗濯をしては干 し、取り入れてはまた干す。として方が運動量は増えて効果が出ます。

4)意外なやり方も?

変わった方法として紹介したいのは、家事に空手や太極拳を取り入れるというものです。「えっ家事に空手や太極拳」と思われるかもしれませんね。それにはこ うした武道には独特の身体の移動法、下半身の使い方があります。例えば電話でおしゃべりするにしても、空手でいえば騎馬立ち、太極拳では馬歩という立ち方 をして消費エネルギーと高める。物を取る場合も大きく歩幅を広げ、腕を伸ばし(前屈立ち追い突き)取る。狭い廊下を横蹴りでもするように真横に移動するな どすれば、エネルギー消費は一気に上昇します。

sp1


家事と消費エネルギーを記録して励みすると良いでしょう。そうすれば高いジムに払う費用もダイエットできるのでは。
そして肝心なのは休養。一生懸命やって疲れてしまってはいけません。健康の基本「栄養、運動、休養」を正しく管理し目的に向かって頑張りましょう。

 

[amazon]1日5分で家じゅうどこでもダイエット やせる掃除!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。