大仁田厚の現在。嫁やレスラーとしての評価など。年収のピークがすごいらしい。

出典:真実

大仁田厚というと、電流爆破デスマッチが有名ですがそれ以外ではあまり目立った話題を聞くことはありません。今回はそんな大仁田厚さんをいろんな角度から掘り下げていきます。

プロフィール

  • 氏名 大仁田厚
  • 生年月日 1957年10月25日
  • 血液型 ?
  • 出身地 長崎県
  • カテゴリー プロレスラー 元衆議院議員
  • 所属事務所 アルファ ジャパン プロモーション

現在。嫁やレスラーとしての評価など。年収のピークがすごいらしい。

大仁田厚さんの現在は、かつて野球場などの場所で興業を開き好評を得た電流爆破を再び解禁し、プロレスラーとして戦っています。興業タイトルも『超花火』と変え継続しているようです。

また、対戦相手として招聘しているのが高山善廣選手などプロレスファンなら納得のカードが組まれているようです。それでは集客力はどうなのかというと、大仁田厚というネームバリューで関東だけではなく地方興行も大成功しています。

リングに4つの起爆剤を設置すると数百万円はかかるといわれています。なぜ成功しているのかというと地方などの試合ではチケット代を2000円から3000円台に設定し小学生や家族連れの来場を促しているためのようです。

次に、大仁田厚さんの嫁について掘り下げていきます。過去に結婚されており1986年に長男をもうけておりましたが、2006年4月に離婚を選択しました。プロレスやタレントしての活動が忙しく別居状態が続いていたためのようです。

また、一説には大仁田厚さんの浮気も離婚に起因しているのでは?という話もあります。

その相手とは、富田リカさんこの名前どこかで聞いたことあるなと思う人もいると思いますが、俳優の萩原健一さんと現在同棲状態にあるモデルさんですね。

確かに、格闘技やプロレスが好きという女性がいることは間違いありませんし、悪いことではありませんが、命を賭け戦っているところに魅了されたのかもしれませんね。従って今現在彼女的存在はあるかもしれませんが再婚はしていないようです。

次に大仁田厚さんのプロレスラーとしての評判を見ていきます。元は全日本プロレスのジュニアヘビー級チャンピオンだったようです。しかし、初代のタイガーマスクと比べられ低い評価をつけられていたようです。

また、膝の皿を粉砕骨折してしまい、泣く泣く引退し辛い時間を過ごしたようです。その後FNWを立ち上げて金網デスマッチなどが評判となったため、邪道だと言われていますが苦労に苦労を重ねた結果です。

電流が流れるリングの中で血眼になる大仁田厚さんにファンは、熱いものを感じ一時はカリスマ的な人気を得て知らない人はいないほどでした。試合が終わると大けがをしておりそれがまたファンを惹きつけるきっかけとなっているようです。

sp1

次に、大仁田厚さんの最高年収について書いていきます。なんと最高年収は1億7000万円ほど稼いでいたようです。収入の大まかな内訳はプロレス興行が年間250試合を行っていたので自ずと収益を生んでいたようです。

今現在でも2000万円から3000万円の年間収入があるようです。家賃やプロレスグッズ、イベントや講演会などいろいろなオファーを丹念にこなすと大体これぐらいの収入が見込めるようです。

まとめ

大仁田厚さんの知名度に驚かされました。やはり言動が熱いから、その話を聞いてみたいという衝動が働いて、講演やテレビの仕事が殺到するのかもしれません。今後もプロレスやタレント活動を行っていくのかもしれません。

今後は、後輩などを育てるようなことを行うかもしれませんね。今現在でもプロレスを年間数十試合行っているため、大仁田厚が育てたプロレスラーというとかなりの話題となりそうですね。

他言はしていませんがすでに考えているのかもしれませんね。ある意味一つの男の生き様といえますね。国会議員にもなれたわけですからやはり人を動かす力は確かにあると思います。

LEGEND THE PRO-WRESTLING 2013 名勝負数え歌最終章 藤波辰爾vs長州力 猛虎vs邪道 初代タイガーマスクvs大仁田厚 [DVD]

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です