窪田正孝の熱愛彼女は多部未華子?身長は?演技力や性格は?

出典:Audition (オーディション) 2015年08月号

窪田正孝(くぼたまさたか)、1988年8月6日生まれ、血液型B型、身長175cm、神奈川県出身、スターダストプロモーション所属、となっております。もともと芸能界に興味があったわけではなく、男三人兄弟の末っ子でガソリンスタンドでアルバイトをしながら自動車整備士を目指しながら神奈川県立神奈川工業高等学校へ通います。

そんな中、たまたまお母さんが雑誌『De☆View』の中からスターダストプロモーションのオーディションの募集要項を見つけて応募し現在のスターダストプロダクションへ所属となります。高校時代の2006年4月にフジテレビ系深夜ドラマ『チェケラッチョ!! in TOKYO』で初主演を果たします。

sp1

ですから、結果的に自動車整備士にはならずに俳優さんになったわけです。これもお母さんが勧めてくれたおかげですよね。もし、お母さんのに勧められていなければ絶対に俳優にはなっていなかったことでしょう。それだけ息子がイケメンだと思っていたのか?ま、イケメンですが…何か可能性を感じたのでしょう。こういう家族の支えがあればとてもやりやすいですよね。

窪田正孝の熱愛彼女は多部未華子?

tabe
出典:1/25(イチガツニジュウゴニチ) (ダ・ヴィンチブックス)

さて、これだけイケメンの窪田さん、彼女ぐらいいても全く不思議ではありません。むしろ逆にいないほうが不思議ではないかというぐらいなのですが、そのお相手は一体誰なのか?噂されているのは女優の多部未華子さんなのです。2013年の『フライデー』で二人の熱愛報道がされています。

 

「窪田さんが多部さんの愛車を運転しながら、2人で多部さんのマンションに入っていき、多部さんは愛犬のトイプードルを抱えて周囲を気にしながら部屋に入っていき二人は一夜を過ごした。」と報じられているのです。しかも多部さん愛犬の抱きかかえ、フォルクスワーゲンの前にいるところを激写!高級マンションに住んでいることも発覚。多部さんは若いとはいえ売れっ子の女優さんですからそりゃギャラも跳ね上がるわけです。いつ結婚しても大丈夫そう。

なんでも、ドラマ『大奥』で共演したことからお二人は交際に至ったそうです。ドラマでも窪田さんと多部さんのラブシーンがありました。そんなとこからも二人の距離が縮まったというところでしょうかね。

そして、窪田さんが多部さんのマンションにとまった姿が激写されたりもしていますね。さらに、翌年3月にはコンビニの帰りに仲良く手をつないでいる姿が目撃されています。また、多部さんの家の近所のスーパーで二人がまるで夫婦のように一緒にお買い物をしている姿も目撃されているのです。どうやら真剣交際でそれが順調に続いているようですね。もうひとつは、二人がディズニーランドでデートしているというツイートです。

ハロウィンのパーティーですね。このツイートから派生して「窪田正孝と多部未華子ってつきあってたんだー」「多部未華子に生まれて窪田正孝くんとディズニー行きたかった。」などというツイートが見つかりました。けれども、写真とか一切ないので見間違いとか、というか本当にディズニーにいたのか怪しいですよね。つりの可能性も…

ちなみに、多部さんは「20代で結婚したい!」とコメントされています。現在26歳のお二人ですがこれだけの仲のよさをみると近いうちに結婚なんてこともあり得るかもしれません。それに、珍しいことにこの交際に関しては周囲も応援しているのですね。「この二人に合っていると思う」「批判されなそうなカップル」「爽やかだな~」「叩かれない二人だからゆっくりお付き合いできるんじゃない?」ということです。

sp1

ただ、その中で一つ問題となっているのがペットなんです。多部さんはドラマ『デカワンコ』に出演していたということもあり犬がとても大好きなのです。一方窪田さんは猫が大好き。ペットの好みが真逆ではありますが、窪田さんも犬はかわいがることはできるといいですよね。逆に多部さんも猫のよさをわかるときがくるでしょう。けれども、犬と猫って共存できるのか?その辺がちょっと難しいところかもしれませんね。

窪田正孝の性格や演技力について

窪田さんは一見するとなんだか草食系男子にみえますよね。だけど脱ぐと凄いをいうだけありまして細マッチョで筋肉が隆々としているのです。懸垂などの筋力トレーニングにも励んでいるとか。でないとあれだけの体を作ることは無理でしょう。ちなみに、「花子とアン」で共演した吉田由里子さんの話によれば「顔は小さくて中性的なイメージだったけど、普段は男らしくて肩の筋肉とかも凄くて驚いた」とコメントされています。

そして、家系はガテン系なんです。ガテン系の中に俳優さんが出たのは家族も驚いているかつ自慢の息子さんでしょう。お父さんは建築関係の仕事、長男は溶接関係なんですね。窪田さんもバイクが好きで自動車整備士を目指して工業高校に進学しましたからね。また、もともとかなりの人見知り。特にガテン系の人ってシャイでちょっとトークが苦手な人多いですよね。

親方さんもいつも怒鳴っているだけで説明がすっごいへたくそ。で、なにも言わないからどうすればいいかわからないとか。だからというわけではありませんが窪田さんもシャイでなかなかコミュニケーションが得意でなかったらしいのです。けれども、俳優という仕事を始めてできるだけ人とかかわるようにしたことでずいぶん克服できたとか。しかし、その半面あの筋肉を作り上げるのは努力なしでは不可能です。全くのど素人で高校生から俳優をスタートし現在まで数多くのドラマや映画に出演し、数多くの賞を受賞されています。

2012年度
第34回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞(『ふがいない僕は空を見た』『はさみ hasami』)
第27回高崎映画祭 最優秀助演男優賞(『ふがいない僕は空を見た』)
第1回ジャパンアクションアワード ベストアクション男優(『ガチバン』シリーズ)

2014年度
第83回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞(『Nのために』)
第24回TV LIFE 年間ドラマ大賞 助演男優賞、新人賞(『Nのために』『花子とアン』)

努力なしではできないことでしょう。また、これだけの賞を受賞しているということは演技力も低くはありません。むしろ高く評価されている結果です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です