DAOKOのプロフィール。【本名・家族・出身高校・彼氏】など一挙に調べました。

出典:THANK YOU BLUE (初回限定盤)(CD DVD)


ある日突然出現してきたDAOKO、今回は色んな角度から掘り下げて行きます。

プロフィール

  • アーティスト名 DAOKO(本名 非公表)
  • 生年月日 1997年3月4日
  • 出身地 東京都
  • カテゴリー ラッパー
  • 所属レコード会社 トイズファクトリー
  • 所属事務所 レコード会社同一

プロフィール。本名・家族・出身高校・彼氏は?

本名には自信がないと言う事で、非公表を決めているようです。姓については吉田では無いかと言う話になっています。またアーティスト名のDAOKOはひらがな表記にすると、『だをこ』となるようです。

sp1

家族についても非公表となっており、あくまでもDAOKOと言うアーティストネームだけで勝負していくと言う事を考えているのかも知れませんね。続いては出身校についてです。

高校は芸能活動NGで顔出さずに活動を開始したようです。

東京都出身と言う事ですが、お嬢様学校出身という可能性がありますね。少し調べて見ましたが、どこの高校かは解りませんでした。続いては彼氏についてです。インターネット上調べて見ましたが解りませんでした。もっと売れてくると出てくるのかもしれません。

さて、どの様にしてアーティスト活動を開始したのでしょうか?DAOKOさんはニコ動を見ていて女性のラッパーが少ないと言う事に気づき、自分にも出来るんじゃ無いかそう考えてニコ動にラップをしている動画を投稿したのがスタートです。

その動画が注目されて、2012年にAlbum『HyperGirl』でデビューしました。その翌年からmflo等とコラボレーションしており、アーティストとしての活動の幅を広げていきました。

今年2017年だけでもニコ動画でボカロの曲を投稿する事で有名になった米津弦師と打上花火をリリースしました。個人的にこの曲でDAOKOを始めて認識しました。歌っているパートが少ないため、綺麗な声の人だと言う認識でした。

その仕事が終った後もベテランシンガーの岡村靖幸さんともコラボレーションする形で世の中にDAOKOと言う名前を広げ、今や知名度はかなり高くなっていると思われます。因みに成績は打上花火が10万ダウンロードを数え、CD売上げは3万枚程度でした。

岡村靖幸さんとデュエットした『ステップアップLove』は、売上げ枚数は発表されていませんが、インパクトはとても強い曲で、イントロのドラムの入り方がとても格好いい楽曲だった事を覚えています。

この曲はDAOKOさんも制作陣も岡村靖幸さんのファンと言う事で、いつしか一緒に音楽活動が出来たら良いなそんな感じで考えて居たようです。アニメのテーマソングを作るタイミングでコラボレーションをお願いすると岡村靖幸さんがOKしてくれたので、『ステップアップLove』が完成したようです。

岡村靖幸さんもDAOKOさんの存在を認識しており、なるべくしてなったコラボレーションと言えるのでしょう。DAOKOさんのイメージとしては、スマップのShakeやダイナマイトを意識した曲を作りたかったようです。

sp1

出来上がった曲を聞いてみて解りましたが、イメージ的にShakeやダイナマイトに確かに近いかもしれません。岡村靖幸さんというと、80年代に主に全盛期を迎えて現在もポップで格好いいサウンドを追求しています。

DAOKOさんは今後、色んなアーティストからコラボレーションの申し出があるかもしれませんね。中々自分のアーティスト活動が上手く進まないかもしれない位、良い声しているそんなイメージを持ちました。

まとめ

動画サイトがデビューのきっかけと言う事から考えても、自分の勇気と努力次第でレコード会社の力を借りなくても、デビューする道があります。アクセスを稼いでしまえばそれだけ注目を浴びる事になります。

動画サイトからデビューする際は、ある程度機材のレベルを上げないと、音の部分で負けてしまいますから、ある程度の先行投資をしないと、いけませんし失敗すると無駄金です。後は色々な方向性を鑑みて投稿を続けるうちに誰かが見てくれる可能性がありますね。

今後もそんな中からDAOKOさんのような人が出て来そうな気がします。

DAOKO

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です