栄養失調が太る原因だ!日本人に多い隠れ栄養失調の症状とは?

日本人の大半が栄養失調である真実!

栄養失調といえば、貧しい国の子供たちがやせ細っているのをみるとイメージがわきますが先進国であり、食べるものにそこまで困っていないこの日本に住む我々のほとんどが栄養失調とはどういうことなのでしょうか?

むしろ、食べ過ぎや飲み過ぎ、食生活の偏りによる肥満、メタボリックシンドロームが心配されています。ですから多くの方は、「ダイエットに!」「肥満解消に!」「美しいプロポーション作りに!」と食事の改善、エクササイズに励むのです。

カロリーの摂取量を減らしているぐらいなので栄養失調なんてことは考えられない気がします。そうですよね。確かに毎日の食事を食べられないということはありませんよね。ですから一見すると栄養が足りているように思えるのです。

sp1

ところが、実は足りていない…「隠れ栄養失調」といわれる状態に陥っているのです。つまり一見足りているように思えているから、皆さんはご自分が栄養失調になっていることに気が付いていないだけなのです。それも本当に恐ろしいことです…

そもそも栄養ってなんでしょう?


まず、ご自分が栄養失調でないと自信を持っていえる根拠は何でしょう?たぶん食事をとっているということではないでしょうか。ただ、その食事がどういったものかによって栄養が足りているか足りていないか大きく二手に分かれます。

まず、あなたがお昼の休憩時間に食べた物ってなんですか?カップ麺、コンビニのパン、コンビニの弁当、ラーメン、ハンバーガー、フライドポテト…と手軽に食べられるものが多いですよね。本当に便利な時代になりましたが残念ながらこれは栄養ではありません。

ジャンクフードとたとえられるだけありまして栄養価が全くないです。それこそ、脂質と糖質の塊です。こちらでも簡単に解説させていただきまた。

そうなんです。6大栄養素を整えることが栄養失調を防止する第一前提なのです。ただ、今の中学生、高校生、大学生、など若い世代をみても食べているものはこのようなジャンクフードが多いです。育ち盛りなときからそのような食生活ですと大人になってからが心配です。

全体的に日本人は、脂質と糖質はしっかりと足りているのですが、残りの、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維の4大栄養素が欠乏した状態です。タンパク質は皮膚、内臓、器官、筋肉、骨、血液、爪、皮膚、髪の毛を作る上で重要な役割を担っております。

しかし、それが足りていないので、若いうちから、貧血、骨粗鬆症、薄毛、といった病気に悩まされるのです。そして、ダイエットにおいていえば、脂質、糖質といったエネルギー源は満たされすぎているのに対し、タンパク質が欠乏しているから代謝も落ちるうえ燃やせません。燃やすための着火剤であるビタミン、ミネラル、食物繊維もないので点火もできません。

これでは、燃料だけみるみるたまっていきますのでそれは太るのは当然ですよね。結果的にメタボリックシンドロームなのにもかかわらず栄養失調。体型は正直失礼かもしれませんが、非常に見苦しく、お腹だけでているのに腕、脚は細く、胸はアバラが浮き出ている男性ってどう思いますか?あんまりかっこいいとは言えませんよね。でも、これが隠れ栄養失調になると実際に起こることなのです。

六大栄養素を整えるためにはどうすればいい?

脂質、糖質、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスの良い六角形もしくは円形に保つには当然ながらジャンクフードでは無理です。というよりも、まともな食事に切り替えただけでもおそらく難しいのではないでしょうか。

食事は基本であるのは間違えありません。現在の日本の野菜、果物、穀類をみると栄養価が非常に低いです。どうしてなのでしょう?答えは簡単で日本という狭い国土で何度も同じ土地で栽培、収穫を繰り返してきたためです。

当然のことながら、土地の栄養がみるみるなくなっていきます。ですから、日本の野菜は昔と比較してずいぶんと栄養価がなくなっています。結果的に1kgは食べないと満足に栄養を摂取することができないのです。

ですので、もはやサプリメントは必須になっています。ビタミンやミネラルは基礎を栄養の作る上で重要です。単体で摂取してもあまり効果を発揮できません。

そして、プロテインも飲みましょう。正直普段からわれわれの体は入れ替わっています。そこで良質なタンパク質を提供してやらないとそれこそ病気になりやすくなります。私たち人間の体の20%はタンパク質でできておりますので供給が必要になります。

ちなみに、1日に必要なタンパク質は体重の1/1000です。ただ、これは最低限で本当なら髪の毛や皮膚にも行き渡らせた方がつやつやなお肌、ふさふさな髪の毛を手に入れることができますので、理想は200gほどはほしいですね。

お肉で摂るとなると1~4kg、豆腐であれば13~20丁ぐらいは必要になります。そんにいっぱい食べられるわけがありませんし、逆に病気になりそうです。ですから、玄米で作ったロープロテインをお勧めします。

sp1

これで、まずは1日当たりのビタミン、ミネラル、タンパク質を最低限補うことができます。食物繊維もなかなか摂取できるものではありませんのでファイバーなどのサプリメントを活用すると効率よく摂取することができます。強いていうならば、乳酸菌のファイバーやオリゴ糖ファイバーも同時に摂取して腸内環境の改善に努めるとさらに良しですね!

このようにして、サプリメントを活用しつつ、普段の食事も整える必要があります。野菜、果物、玄米、大豆、魚をしっかりと摂取することです。白米や精製された炭水化物ですと血糖値が急上昇するのでいけないのです。

以上のことから、食事で摂取するのはほぼ不可能なことなので、必ずサプリメントやプロテインを活用する必要があります。そして、食事の意味は「おいしさを楽しむ」「毒を摂取しない」ということなのです。サプリメントでも質の良いものであればお腹がだいぶ膨れます。だけど楽しみはありません。

緒食など時間がない場合は、フルーツとプロテイン、サプリメントだけでも良いかと思いますが、普段は食を楽しみましょう。また、いくらプロテインやサプリメントで栄養を補っているからといってジャンクフードを毎日のように食べていては体を壊してしまいます。

実は油もかなり重要な栄養素です!

日本に暮らしていればとりあえず脂質と糖質で困ることはないでしょう。だけどこの二つも重要な栄養素で、ジャンクフードに入っているものはダメなものばかりなのです。たとえば、私たち人間の細胞膜は油でできております。

脳においては、その60%が油でできております。ところがジャンクフードに含まれている飽和脂肪酸やトランス脂肪酸ばかり摂取していては、細胞膜や脳がそれらで構成されていきます。そ他、酸化した油も摂取してはいけません。

本来人間の油は、n-3系不飽和脂肪酸:n-6系不飽和脂肪酸=1:4の比率で構成されています。それ以外の比率だったり、全く違う油で作られてしまったらどうなるか?脳や細胞膜がやられることになりますので、アルツハイマー、うつ病、精神疾患、脳卒中、心臓病、心筋梗塞、高血圧、がん、などの現代病になるわけです。

ですから、ジャンクフードを食べることによって、油を摂取したと思わないでください。それは確かに油なのは間違いないのですが人間が摂るべきでない油です。精製されていない植物の種子、木の実、魚から取れる質の高い油を摂取しましょう。

栄養失調ってどんな症状でしょうか?

栄養失調というのは、まずこれまでの説明の通り十分に栄養が足りていないために起こることです。脳は油が60%、残りの40%はタンパク質でできておりますので、これらの栄養素が足りないもしくは良質なものでなくなると、無気力、脱力、倦怠感、などの症状が見られます。悪化すると先ほどのように、うつ病などの精神疾患に悩まされます。

そして、脳以外の部位で考えればたとえば、タンパク質、ビタミン、ミネラルが欠乏するとエネルギーの代謝が急激に衰えますので、冷え症になったり、低体温症になったりします。そのほか、タンパク質が全身に供給できないことから、肌荒れ、抜け毛、貧血など…

この辺はまだかわいいもので、栄養が足りなくなると次第にこん睡状態に陥り、やがては死亡します。ですから、最近なんだかやる気がなかったり、昼間いように眠い場合はもしかしたら栄養が足りていないかもしれません。心配の場合はまず病院で診察してもらうと適切なアドバイスをもらえますのでカウンセリングを受けてみるというのも良い選択肢かと思います。

 

[amazon]食事でかかる新型栄養失調

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です