アミノ酸シャンプーの効果や特徴について。

最近注目を集めているシャンプーとの一つにアミノ酸シャンプーというものがございます。育毛系のシャンプーや頭皮ケアのシャンプーとして話題になっていますが、通常のシャンプーとは何が違うのでしょう?

シャンプーの種類と特徴

薬局などに行きますと、色々なシャンプーが販売されていますよね。まずは、大まかに巷で販売されているシャンプーの種類や特徴について解説してみたいと思います。

石鹸シャンプー

sp1

最近、一般的になってきた弱酸性のシャンプーとは対照的に、アルカリ性で非常に洗浄力が高いといえます。また、洗浄力のポイントは、植物性の界面活性剤を使用している部分もあります。

ただ、やはり、界面活性剤を使用しているのと、アルカリ性ということでアトピーやお肌が弱い方にはあまりお勧めできません。基本的にはアルカリ中和能がございますので、数時間で弱酸性に戻りますが、

アトピーの方は通常の方よりも時間がかかりますし、お肌へのダメージが大きいです。もし、使用していて違和感を感じるのであれば使用を避けた方が良いかもしれません。

高級アルコール系シャンプー

原料が高級アルコールである界面活性剤をしようしています。界面活性剤ですので、非常に洗浄力が高く、皮脂や頭皮の汚れをしっかりとそぎ落としてくれる上に、

石鹸シャンプーのデメリットである、石鹸カスの残留、アルカリ性による皮膚へのダメージという部分は解消されている優れモノなので、最近の性能が高いシャンプーと言えば、高級アルコール系シャンプーです。

ただ、界面活性剤を使用している時点で、あまりにも洗浄力が高く、必要な皮脂まで落してしまったり、肌が弱い人は炎症を起こす危険性も考えられます。それは、石油系の合成界面活性剤ではなくても、植物由来の天然界面活性剤でも対象となるので肌が弱いと思うのであれば避けましょう。

アミノ酸系シャンプー

そして、最近話題になっているのがアミノ酸系シャンプーです。これは、上記の二種類のシャンプーと比較すると洗浄力は弱いですが、その代り、界面活性剤を使用せずに、低刺激で自然の力で洗浄するためお肌には優しい作りになっております。

ですから、肌荒れを起こしやすい肌の弱い方や、乾燥肌、アトピーの方にも使用していただける優れモノです。お肌が弱い赤ちゃんに使うベビーシャンプー、界面活性剤の中和剤としても使用さることがあります。

アミノ酸シャンプーの特徴

 

先ほどの説明からも、石鹸シャンプー、高アルコール系シャンプーは刺激が強いため、肌荒れや、乾燥肌、アトピー、薄毛の方など、特に肌を刺激から守りたい人にはあまりお勧めできません。

また、肌が強い人も、界面活性剤により、必要な角質までも落していては肌荒れなど起こす可能性もありますし、とにかく美容にはあまり良くありません。それを考えるとやはり、オススメするのはアミノ酸系のシャンプーです。

sp1

それに、髪の毛自体もアミノ酸が原料で、パーマやヘアカラーでぱさつきを起こした場合それを改善することもできます。実際、最近の美容院、床屋さんに関しても、シャンプーの種類をアミノ酸系に切り替えている店舗が増えています。それだけ皮膚のダメージを考えて作られているシャンプーなのです。そのアミノ酸シャンプーの特徴はこのようになっております。

刺激が少ないので髪の毛や肌へのダメージ少ない
保湿作用があるため乾燥しにくい
弱酸性のため髪の毛のぱさつきを防ぐ
泡立ちがよく経済的
丁度良い洗浄力なので不必要に皮脂や角質を落とさない

など、とにかく刺激が弱く、皮膚に優しいといった特徴がございます。

使用する上での注意点

アミノ酸系シャンプーを使用する上で注意していただきたいことが幾つかありますので説明させていただきます。例えば、メリットである低刺激は、逆に言えば、皮脂、角質を落としにくいという風にも考えられますし、特に脂性で皮脂の分泌が多い場合や、ワックスなどを使用する場合はある程度の工夫が必要です。

例えば、皮脂の分泌が多かったり、洗浄力を気にするのであれば、二回洗いましょう。それだけで、十分洗浄力を補うことができます。アミノ酸含有のため、保湿力が高いというのは、ワックスを使用すると重くなり、整えにくいというデメリットはありますが、ハードのワックスを使用するなどでその辺はカバーできるかと思います。

 

[amazon]10FRESH アミノ酸シャンプー 300ml ヘッドスパ専門店 『アミノ酸 アロマ コラーゲン ヒアルロン酸 ケラチン』( スカルプ 頭皮ケア ノンシリコン)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です