美人川柳作家やすみりえの本名。結婚してる?作品はどんな感じ?

出典:召しませ、川柳

沢山川柳を扱っている人は居ますが、間違いなく美人と言っても過言では無い一人やすみりえさん今回は、意外と知られていない部分を掘り下げていきます。

sp1

プロフィール

  • 氏名 やすみりえ
  • 生年月日1972年3月1日
  • 出身地 兵庫県 神戸市
  • 血液型 B型
  • カテゴリー 歌人
  • 所属事務所 オフィス北野

本名。結婚してる?作品はどんな感じ?

本名については、休理英子(やすみりえこ)という名前です。そして歌人として活動するときは芸名のやすみりえを使用して居るみたいです。非常に希少な姓で全国で24件しか無い物です。その中でも岡山県が7件と突出しています。(参照サイトURL: http://www2.nipponsoft.co.jp/bldoko/index.asp

やすみりえさんの出身地は兵庫県ですが、兵庫県には該当がありませんでした。元々電話帳をベースとして作られているので電話帳に掲載されていない世帯が居るのかもしれませんね。

さて次に興味が移るのは、やすみりえさんが結婚しているかどうかというところです。実は2009年に結婚し、仕事は一般の会社員で情報は一切ありませんでした。なんと年齢差が10才あると言いますからどちらから結婚へ持ち込んで行ったか等興味がありますね。

旦那さんとやすみりえさんが出逢ったのは、川柳がきっかけであると言われています。全国をワークショップする間に出逢ったのかもしれません。教えている間から惹かれる物はあったのでしょうか?

いずれにしても女性としての幸せをゲットした事には変わりはありませんね。また最近では年の差夫婦やカップルは増える傾向にありますので、時代を先取りした事になりますよね。

ではやすみりえさんがどの様にして川柳と出会ったのでしょうか?その前に簡単に学歴から書いていきます。まずは高校地元神戸市の啓明女学院高等学校偏差値は60と言う事なので頭が学生時代から良かった事が証明されましたね。

続いては大学大手前女子大学で因みに学部は文学部英米文学科を卒業し、英語を専攻していたようです。将来的には英語を生かした仕事をしたかったのではないかと思いますね。しかし、川柳とである事でやすみりえさんの運命が変わります。

大学卒業後、川柳に出逢い主に恋の句を詠んできました。今現在もそれを続けながらワークショップを重ね、全国を回っているようです。また多数の公募川柳大賞系の選考委員も務めています。

現在東京川柳人協会会員で全日本川柳協会会員でもあります。さて、今後どの様な作品が発表されるかが楽しみですね。

まとめ

やすみりえさんは容姿が綺麗なだけに、大学時代にも活躍されていたようです。自分がやすみりえさんを認識したのは笑っていいともの川柳コーナーでの事でした。正直に書くとそれまで川柳や俳句を扱う人たちは男性が多くあまり容姿が綺麗な人は少なかったのでテレビ出演されたときはやすみりえさんの容姿と川柳が上手くリンクしませんでした。

sp1

川柳というと、どうしても人を揶揄する物と考えがちなんですが恋の川柳がベースと言う事で少し驚きましたが結婚した今でもその感覚は変わらないかどうかというのは知りたいところではありますね

ここ最近ではバラエティーのオファーが減ってしまっているようで、あまり姿を見なくなりましたね。相変わらず奇麗な容姿はキープされている事だと思いますね。最近サラリーマン川柳などのブームなどがあり川柳には需要があります。

そのため今後、またバラエティー番組への出演が増える可能性があります。また、選考を担当するケースもあるため、そちらの方で忙しいのかもしれません。

また容姿を生かして川柳布教のために写真集をリリースするなどのプロモーション活動を検討すると良いかもしれませんね。事務所がオフィス北野ですから今後の展開が楽しみですよね。

料理評論家同様、お互いに進む道が違うので作風もかぶる事が無いので今後もリリースされる作品は恋関連の川柳が主になる可能性がありますね。

 

50歳からはじめる俳句・川柳・短歌の教科書

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です