白石加代子のプロフィール。結婚してる?若い頃はどうだった?性格や女優としての評判は?

出典:白石加代子「百物語」ベストセレクション2 [DVD]

長年活躍している白石加代子さんを色々な角度から掘り下げていきます。

sp1

プロフィール

  • 氏名 白石加代子
  • 生年月日 1941年12月9日
  • 出身地 東京都 港区
  • カテゴリー 女優
  • 所属事務所 (有)白石加代子事務所

プロフィール。結婚してる?若い頃はどうだった?性格や女優としての評判は?

父親は現在の総務省の役人、しかし白石加代子さんが幼い頃に亡くなり経済状況は厳しい状態だったようです。演劇との出会いは小学生の時に学校に来てくれた劇団の芝居を見て刺激を受けました。

しかし経済状況が厳しいという事から、一度地元の港区役所に就職し、弟さんの就職を待って退職し1967年に劇団早稲田小劇場(現在SCOT)に入団し、念願の女優としての活動を開始しました。

1970年に白石加代子さんが、『劇的なる物をⅡ』に主演狂気の女を演じて好評価を得ることが出来ました。それ以後早稲田小劇場に白石加代子ありといわれて看板女優と言われるようになりました。

劇団在籍時は日本に留まらず、世界各地で公演を行い良い評価を受けてきました。1989年に劇団を退団すると、1992年から鴨下信一さんの演出の百物語から2014年の『天守物語』まで22年間にわたって全話を演じきり、現在も舞台にテレビドラマにと枠に囚われない活躍を続けています。賞の受賞歴も素晴らしく、第一回観世寿夫記念法政大学能楽賞を皮切りに、2005年紫綬褒章、2012年に旭日小授賞、2014年に菊池寛賞を受賞する等内外共に認められた女優さんです。

さて、続いては結婚しているか?についてですが、白石加代子さんが46歳の時に深尾誼さんと結婚し現在は白石加代子さんのマネージャーを勤めています。2人は同じ劇団で芝居をしていましたが、白石加代子さんが劇団を退団したあと、10年にわたり2人は顔を合せない期間があり、再会し、結婚に至ったという経緯があります。

丁度この頃白石加代子さんの中で結婚願望がわき上がっており、良いタイミングで再会したので結婚できたようです。もしこれがタイミングを逃しているとお互いに出逢っても結婚にまで発展することはありませんでした。

運命というのは面白い物で、人を不幸にも幸せにも導いてくれる物だと感じてしまいますね。子供についてはいるかいないか解りませんでした。インターネット上では蒼井優や黒木華が娘では無いかと言われていますが、どれも噂レベルで真実ではありません。

また、白石加代子さんの若い頃は子供の頃からとても美形で、女優になるべくしてなるひとというイメージを持ちました。続いては白石加代子の性格について書いて行きます。調べてみると情に脆く、乗っているときとそうでないときの差が激しく、その反面稽古好きでプロ意識の高い人といわれています。

sp1

続いては女優としての評判をインターネット上から拾って見ました。(以下Twitterより引用)

尾崎 優人

@maezu0118

14時間14時間前

その他

いだてん。今日も面白かった。

来週は白石加代子出るぞぉ〜

まいせん

@TVcWXVozbT1UVCw

14時間14時間前

その他

来週のいだてんに白石加代子さんがでるの!嬉しい♪

だいこ

@dNlsnl3Ie1SPANE

14時間14時間前

その他

一瞬の白石加代子のインパクト

白石加代子さんの評判はすこぶる良いですね。今回いだてんにも出演していると言うことで今後演技を褒めるツイートが増えると思いますね。

まとめ

今回は白石加代子さんを掘り下げましたが、幼少期に父親を亡くしたところ以外は女優としても成功を収めており、ほぼ順風満帆では無いかと言う判断をしました。演技を続けられることだけでも凄いと思いますね。

舞台にテレビにと活躍の機会は高止まりですね。今後も色々な舞台ドラマで姿を確認することが出来るかもしれません。今後もその活躍を見る事が出来ることに感謝して白石加代子さんの演技をまぶたに焼き付けておきましょう。

身毒丸 ファイナル [Blu-ray]

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です