生大根ダイエットの効果的な方法と成功レシピを解説します!

生大根ダイエットが成功しやすい理由とは?

ダイエットと言えば、食事制限や無理な運動を行わなくてはいけないイメージが強いかと思います。その食事制限や無理な運動で挫折してしまう方々も多いのではないでしょうか?

もちろん、食事制限というか太りにくいように食事を工夫することは大事で、適度に筋力トレーニングや有酸素運動を行っていくこともポイントの一つではあります。

sp1

しかし、理屈的にはそれを続けていけば痩せるものでも、続けることができなければ絶対に痩せることはできません。ダイエットの一番のポイントはなんせ「継続」というものですから。

そこで、今回のお話しする「生大根ダイエット」というものは、太りにくい食事へと工夫するという点ではとても優れているのです。これを実践すれば無理な食事制限は必要ありません。そんな生大根ダイエットのあらゆる利点や注意点についてお話ししていきたいと思います。

生大根ダイエットの効果的な方法とは?

冒頭でもお話ししたように生大根ダイエットは特に食事制限で挫折しやすい人にオススメです。その理由は非常にシンプルで無理な食事宣言を行う必要がないからです。

生大根ダイエットの基本的な方法

はい、では説明します。「1日生の大根を輪切り6cm程度食べる」だけです。とても簡単ですよね。実はこれだけで、それ以外に何かを食べていけないということはなく、無理な食事制限が必要ないのです。素晴らしいですよね。

ですから、いますぐ、生大根ダイエットを実践するというのであれば、今の食生活にプラスアルファ1日6㎝程度の生大根を食べれば良いだけです。さらに、効果的に実践していきたいというのであればちょっとしたコツを教えます。

生大根ダイエットの効果的な方法

もちろん、今の食事にただ単に生の大根をプラスアルファ加えるだけでも十分に効果を得られるでしょう。しかし、もう一工夫すればさらに効果アップが期待できます。

それは、空腹時におやつ代わりに食べること、糖質を減らし一部置き換えすること、この二つのポイントを意識すると効果アップします!とくにカロリーが高く、糖質、脂質ともにものすごいスナック菓子を食べているのであれば、

それを辞めて、生の大根を食べるのです。それだけでどれだけカロリーを抑えることができるのでしょうか。さらに、元凶といえばなによりも糖質です。白米の量が多いのは太る原因です。

ですから、白米やパンの量を減らして、その一部を生の大根に置き換えるのです。これにより、糖質を大幅にカットすることができますよね。通常のやり方よりも少しハードで大根の量も多くなりますがオススメな方法です。

生大根がどうしてダイエットに効果的なの?

ただ、そのようにはいいましても、大根を食べるだけでそんなに痩せるものなのでしょうか?皮つきで100g/18kcalと極めて少ないカロリーなため、置き換えとして使えば痩せるのは理解できます。

しかし、大根自体にダイエット成分が含まれているのか?はい、しっかりと含まれています。まずは、アミラーゼという消化酵素です。これは直接ダイエットにつながるということはないのですが、

食物の消化を促し、便通の改善を行います。便通の改善ということは腸内環境を良くしてくれます。つまりは、代謝を上げるということです。逆にいえば、便秘が酷いと、代謝が低くなりいくらダイエットを行っても効果が得られにくいです。

sp1

そして、イソチオシアネートとよばれる辛み成分です。生の大根を食べるととても辛いですよね。この辛さが重要で、カプサイシンと同じように代謝を促し、発汗作用が期待できるのです。さらには、肥満の原因になる活性酸素を無毒化する効果もございます。

生大根ダイエットのオススメレシピ

冒頭でもお話ししたように基本的には、「1日生の大根を輪切り6cm程度食べる」というルールを守ればどんな食べ方をしてもかまいません。ただ生大根は辛いので上手い調理法が必要ですね。そこでオススメなのが大根スティックと大根おろしです。

特におやつで食べる時は、大根スティックに毎回味を変えて食べると飽きずにずっと続けることができるかと思います。そして、大根おろしに関しては食卓で焼き魚やハンバーグなどタンパク質を食べるときに一緒にすると非常に食べやすいです。

大根おろしに関しても毎回味を変えると良いです。例えば、醤油、ポン酢、シソポン酢、梅、塩コショウとバジル、このように食事ごとに変えていくと継続して食べることができます。

生大根ダイエット挑戦者にも「痩せない」という声が…

大根ダイエットを行っても痩せなかったという人たちも多くいらっしゃいます。しかし、それにはしっかりと理由があります。まずは継続期間です。ダイエットですからある程度の期間実践していただかないと効果は得られません。

もちろん、中には1週間、2週間で効果が出る方もいらっしゃいます。しかし、それは個人差という問題なので誰もが必ずしもそれだけの短期間で結果が出せるというものではないのです。

そのため、1~3カ月程度の実践期間を考慮しておくことが必要です。そして、もう一つは、やり方を間違えている可能性が高いです。まず、生大根ダイエットのポイントは「必ず生で食べること」です。

ところが、生は辛くて食べられないからといっておでんにしてみたり、お味噌汁にしてみたり、それでは意味がないです。辛み成分のイソチオシアネートや消化酵素のアミラーゼを有効活用しないと意味がありません。

ですから、もし、生大根ダイエットを実践するのであれば、必ず生の大根を食べるように心がけましょう!

 

[amazon]1日1cm食べて2週間! 生大根ダイエット 決定版 (コミックエッセイ)

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です