片岡鶴太郎のダイエット。痩せた食事や方法は?

出典:鶴太郎流 心で描く 絵だより入門―初めてでも大丈夫! (趣味入門)

最近では、俳優としてテレビドラマへの出演が目立っています。それもどちらかというと、重要な役どころでの出演が多く、演技のうまさを伺わせます。もともとは物まねをベースにしたコメディアンでした。そんな片岡鶴太郎を掘り下げます。

プロフィール

  • 氏名 片岡鶴太郎(本名 荻野繁雄)
  • 生年月日1954年12月21日
  • 血液型 O型
  • 出身地 東京都荒川区
  • カテゴリー コメディアン 俳優 ボクサー 画家
  • 所属事務所 太田プロダクション

ダイエット。痩せた食事や方法は?

片岡鶴太郎というと、割腹のいい感じというか、どちらかというとデブというイメージがありました。しかし、年齢を重ねていくと不思議なほどに痩せて行っています。若いころは最高で体重が65キロほどあり、且つ夜中にラーメンと焼き肉を食べて暴飲暴食を繰り返していたようです。

そのため、ストレスといろいろなことが積み重なってデブっていたのかもしれません。しかし、片岡鶴太郎さん自身もこのままではいけないと感じ、もう一つの思いが片岡鶴太郎さんの中に沸き上がったようです。

それは、本気で俳優業をやっていきたいという思いです。叶えるためには体と心をリセットしなければならないと、決意を固めたようです。しかし人間とは元来、楽なほうへと流されて行ってしまいがちです。

しかし、それに打ち勝ちダイエットに取り組んだようです。元々ボクシングが好きでWBA元スーパーフライ級のチャンピオンとなった鬼塚勝也さんのトレーナーとなるため、ライセンスを取得していました。

片岡鶴太郎さん自身が、ボクサーを目指していたのですが、年齢の壁がありリングに上がる事が出来なかったため、トレーナーの道を選択しました。その時の経験を自身のダイエットに生かしシェイプアップし8キロ体重を落としていきました。

その後、協栄ジムに通い直しトレーニングを続けその傍らでインドヨガの呼吸法を取り入れ、老化防止に役立てているとバラエティー番組で紹介しています。食事の回数にも気を配り、1日2回に変え夜は飲食をしない事を徹底しているようです。

やはり、最初の一か月間は辛いのですが、乗り越えると体が順応し、平気になってしまったようです。現在では、早朝4時に起床し呼吸法、ヨガ体操、瞑想と一連のルーティンをこなしてその後、イチゴ、ヨーグルト、豆乳、梅エキスなどを食べているようです。

では具体的にはどうやって痩せて行ったのか?ということです。もちろんボクシングは当然のことで食事をするときは、カロリーを意識して食材を選んで食べ、食事の回数に気を配り生活していくことでダイエットが出来るようです。

sp1

ダイエットしても痩せないという人は、知らず知らずのうちに間食をしてしまっており脂肪が燃焼しきれずに、結果的にはダイエットに失敗するという形になるのです。ダイエット成功には固い決意が必要ですね。

まとめ

片岡鶴太郎さんというと、どうしてもコメディアンのイメージが強く物まねをバラエティーでしているイメージが思い浮かんでしまいます。でも芸能人として生き残るために彼は俳優の道を選択しました。

ダイエットの成功で、渋みが増してかっこいいといわれるような俳優になれたのではないかと、思いました。またコメディアンの時からドラマに出演していることもあり演技がうまかったのでうまくシフトチェンジして行けたのではないかと思います。

また、片岡鶴太郎がコメディアンをしていた時には、先輩にビートたけしさんが居たのでこの人には敵わないと感じて自分の立ち位置を見つけることにうまく集中できたのではないかと思います。

今後は、コメディアンをベースとしながらもどんな職種へ枝を伸ばしていけるのかを見ていけたらいいなと感じてしまいました。しかし、コメディアンを完璧に捨てたわけではなく

バラエティー番組で振られれば物まねも披露する度量があります。

獄門島 [VHS]

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です